Soundtrack Pub

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

【イベント情報】

この記事はTOPに表示されるように設定しています。


6月8日(土)

Soundtrack Pub【Mission#39】を開催します

Soundtrack Pub【Mission#39】「非オリジナル・サウンドトラック」の世界

■日時:2019年6月8日(土)
 15:00~20:00

■会場:蒲田 studio80
 http://studio80.org/

■出演:腹巻猫、不破了三、小久保剛、伊藤敦輝、佐七

■特集:「非オリジナル・サウンドトラック」の世界

詳細はこちら⇒http://www.soundtrackpub.com/event/2019/06/20190608.html

 

2019年4月15日 (月)

「サントラさんの帰還」終了しました!

 Nhk_jackets

 4月12日(金)に楽器カフェで開催された「サントラさんの帰還」終了しました。

 たくさんのご来場、応援ありがとうございました!

  私は第1部では『ふたりはプリキュア Max Heart』のサウンドトラック盤を、第2部では「昭和の朝ドラ」のレコードを紹介しました。

 お楽しみいただけたら幸いです。

 朝ドラ、すべて紹介するには時間が足りませんでしたね…。機会があれば紹介できなかった作品・曲も紹介したいと思います。

↓告知文(記録として残しています)

» 続きを読む

2019年4月 3日 (水)

4月12日「サントラさんの帰還」開催!

 20190412

 4月12日(金)神保町・楽器カフェで開催されるサントラトークイベント「サントラさんの帰還」に出演します。

 Webラジオ「みゅーらぼ」(「帝都電影ラヂヲ局」内)の出張イベントです。
 今回が3回目!

 出演:貴日ワタリ、早川優、腹巻猫
 アシスタント:那瀬ひとみ、桃井絵理香
 ゲスト:不破了三

 出演者とゲストがお気に入りのサントラ、作曲家などについて、曲を流しながらゆるく熱く語ります。

 詳細・予約は下記よりどうぞ!

https://gakki-cafe.com/event/20190412/

(予約ページが表示されないときは前ページに戻ってから再表示してみてください)

「ヤマケット13」終了しました!

 3月31日に開催された宇宙戦艦ヤマトオンリー同人誌即売会「ヤマケット13」、無事終了しました。

 たくさんのご来場、応援、ありがとうございました!

「THE MUSIC OF YAMATO 1974」
「THE MUSIC OF YAMATO 1977」

はまだ在庫がありますので、次は5月4日開催「資料性博覧会DX」にて頒布する予定です。

↓告知文(記録として残しています)

» 続きを読む

2019年3月25日 (月)

Soundtrack Pub【Mission#38】終了しました

3月23日に蒲田studio80で開催した「Soundtrack Pub【Mission#38】2018年劇伴大賞&メモリアル」無事終了しました。
たくさんのご来場、応援ありがとうございました!

「2018年劇伴大賞」は新作あり、リマスター復刻あり、発掘作品あり、と国内・国外・新旧とりまぜてのバラエティに富んだ内容でした。
参加者のみなさんのアンテナ感度の高さと個性的な曲紹介に私自身楽しみ、勉強になりました。
知らない音楽や作家との出会いがあるっていいですね。

特集「2018年メモリアル」では、2018年以降に亡くなった映像音楽関連の作曲家・歌手の方を追悼しました。

木下忠司さん、東海林修さん、井上堯之さん、森岡賢一郎さん、小田裕一郎さん、前田憲男さん、海外の作曲家ではチプリアーニ、フランシス・レイ、ミシェル・ルグラン、歌手では成田賢さん、藤田淑子さん…。

藤田淑子さんはコーナーを設けて、歌や声優の仕事をたっぷり紹介しました。

今年1月に亡くなった天地総子さんは、またあらためて時間を設けたいと思います。

20190323-145919s

↓告知文(記録として遺しています)

» 続きを読む

2019年2月 7日 (木)

ミシェル・ルグランの「ベルサイユのばら」

 S

 ミシェル・ルグランが1月26日に亡くなりました。

 昨年11月のフランシス・レイの訃報に続く、悲しいニュースです。

 ルグランといえば、やはり、『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『ロバと王女』などのジャック・ドゥミ作品。それに、『華麗なる賭け』『思い出の夏』、番外的007映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』…。私もサントラファンとして愛聴してきました。

 サウンドトラックをジャズにアレンジしたアルバムも素敵で、オリジナル・サントラにこだわる映画音楽ファンでも、ルグランのジャズ・アレンジは別格という雰囲気があります。

 : アルバム・ジャケット

 実は日本のマンガ、アニメとも縁があり、日仏合作アニメ『イルカと少年』『宇宙パトロールPJ』のフランス版の音楽を手がけています。また、市川崑監督の映画『火の鳥』のテーマを書いたことも有名。『火の鳥』のサントラは最近復刻されました。

 : アルバム・ジャケット

 私が印象深いのは、1979年公開の映画『ベルサイユのばら』です。ジャック・ドゥミが監督した実写版『ベルサイユのばら』の音楽がルグランでした。
 この映画、スタッフもキャストも外国人で固められていますが、れっきとした日本映画。キティフィルムが作った作品です。
 原作とはキャラクターやストーリーが少し異なり、違和感を覚えるファンも多いようですが、本物のパリの街やベルサイユ宮殿で撮影されているのは見逃せません。「リアルな『ベルばら』の世界ってこんな風なんだろうなぁ」と思えるのです。
 ルグランの音楽はすばらしい。クラシカルで気品があり、『ベルばら』に描かれた情熱と愛と悲劇性をみごとに表現しています。「メインテーマ」のピアノが絶品です。

 映画『ベルサイユのばら』のサントラ盤はキティレコードから発売されました。のちに作られたアニメ版のサントラもキティレコード。実は映画版とアニメ版のどちらもキティフィルム(とキティレコード)が関わってるという点でつながりがあるのです。映画版があったからアニメ版ができたとも言えるかもしれません。

 残念ながら、映画『ベルサイユのばら』のサントラ盤はオリジナルのままの形ではCD化されていません。ジャック・ドゥミ×ミシェル・ルグランの作品を集めた11枚組CD-BOXの1枚(Disc 7)で聴くことができますが、構成は異なります。やはりオリジナルのジャケット、ライナー、構成を復刻した(+ボーナストラック)の単独盤がほしい。追悼企画として、ぜひ、お願いしたいです。

 : アルバム・ジャケット

 Ladyoscar

«「サントラさんの逆襲」終了しました