Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 曽我町子さん | トップページ | 【告知】宇宙サウンドの夕べ<SPACE SNSTV PARTY Vol.3> »

2006年5月12日 (金)

控えめな実力派・松尾早人

いま発売中の『Newtype』2006年6月号の「作曲家名鑑」で松尾早人さんを取り上げています。
松尾早人と聞いて『魔法騎士レイアース』『怪盗セイントテール』…とすぐに担当作が浮かぶ人はよほどの劇伴マニアか松尾ファンで、多くの人は、「えと、なにやった人だっけ…?」と思ってしまうのではないでしょうか。
といって、けして松尾さんの音楽に魅力がないわけではなく、なんとなく担当作品が地味だとか、ヒット作から少しはずれていて記憶に残らない、ということだと思うのです。アレンジやオーケストレーションの仕事も多いことから、「表舞台に立つことは少ない縁の下の力持ち」的なイメージがあります。そこのところでちょっと損をしている気がしますが、見方を変えれば、ご本人の謙虚な人柄と合っているとも言えますね。

『Newtype』の記事を補完する意味で、松尾さんの仕事を紹介してみます。

◎魔法騎士レイアース(1994)
 本格的な劇伴デビュー作。放映当時、「ゴージャスな音楽だなぁ」と思ったのを覚えてます。少女マンガで異世界ファンタジー。原作は『カードキャプターさくら』『ツバサ・クロニクル』のCLAMP。キース・エマーソンやELPが好きという松尾さんの好みがよく出ている。サントラが6枚も発売されるヒットとなりました。

 魔法騎士レイアース ベスト

◎怪盗セイントテール(1995)
 『レイアース』に続く少女ものですが、こちらはもっと日常寄り。繊細な音楽です。

 : 怪盗セイントテール怪盗セイントテール

◎黄金勇者ゴルドラン(1995)
 勇者シリーズもやっていたのですねぇ。勇者シリーズ第6作。宝探しをめぐる冒険ものです。初のロボットものということで印象深いお仕事だとか。

 : 黄金勇者ゴルドラン黄金勇者ゴルドラン

◎サイボーグ009(2001)
 3度目のアニメ化。番組のクレジット上は音楽:小室哲哉となってますが、サントラ盤には、多田彰文、松尾早人の名があります。いろいろ難しい事情はありますが、実質的には劇伴は多田&松尾作品と考えて差し支えない。ここでも、縁の下の力持ちです…。

 : サイボーグ009 - CYBER MUSIC WORLDサイボーグ009 - CYBER MUSIC WORLD

◎仮面ライダー555(2003)
 平成ライダー・シリーズにも登板。3本のベルトをめぐって敵味方が入り乱れる虚虚実実の物語。単なるヒーローものでないところを意識したそうです。サントラは劇場版ですが、TVシリーズの楽曲も収録されています。

  : 仮面ライダーファイズ劇場版オリジナルサウンドトラック(CCCD)
仮面ライダーファイズ劇場版オリジナルサウンドトラック(CCCD)

◎超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説  (2003)
 ロボットもの2作目。男の子たちに人気のトランスフォーマー・シリーズです。主題歌はサイキック・ラバーのメジャー・デビュー曲。

 : 超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 SOUND OF EVOLUTION Vol.1超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 SOUND OF EVOLUTION Vol.1

◎強殖装甲ガイバー(2005)
 過去にも実写映画、OVAがありましたが、これは2005年にWOWOWで放映されたアニメシリーズ。仮面ライダーと同じ雰囲気があります。そもそも『ガイバー』の物語が『仮面ライダー』を下敷きにしているんですね。

 : 強殖装甲ガイバー2005 オリジナル・サウンドトラック強殖装甲ガイバー2005 オリジナル・サウンドトラック

◎よみがえる空 -RESCUE WINGS-(2005)
 実在する小松救難隊をモデルに描いたリアルな救難もの。レスキュー隊員の日常や悩みも丁寧に描かれている。SFやファンタジーものが多い松尾さんには珍しい作品。あえて派手な音にせず、控えめな編成でドラマ寄りに書かれています。派手に鳴らすよりも、薄い編成で印象的な曲を書くほうが難しいのですよ。ぜひ聴いてほしい1枚。

 TVアニメ「よみがえる空-RESCUE WINGS-」オリジナルサウンドトラック

◎Hellsing(2006)
 GONZO製作のテレビ版もありましたが、こらは新作OVA版。未来を舞台にしたヴァンパイア・ハンターもの。「なんでもありの世界」が楽しかったそうです。サントラは未発売。

« 曽我町子さん | トップページ | 【告知】宇宙サウンドの夕べ<SPACE SNSTV PARTY Vol.3> »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 控えめな実力派・松尾早人:

« 曽我町子さん | トップページ | 【告知】宇宙サウンドの夕べ<SPACE SNSTV PARTY Vol.3> »