Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 【告知】SF大会「空想音楽大作戦2006」 | トップページ | 佐藤直紀氏の新作は恐竜! »

2006年7月11日 (火)

天使の歌声で ~ 飯島真理 Live

7月10日。渋谷クラブクアトロの飯島真理ライブに行ってきましたよー。

この秋発売予定のアルバムからの新曲2曲でスタート。大人びた雰囲気でほのかにセクシー。「飯島真理ってこんなだっけ!?」とちょっととまどいました。
しかし、ピアノ弾き語りの3曲目からは聴き覚えている飯島真理の歌! ハイトーンのエンジェルヴォイスも健在です。それにしても、真理ちゃんは私と年がそう変わらないのだが、相変わらずキュート。ひとまわりは若く見える。でもしっかりと年を重ねた自信と落ち着きがあるのですね。こんな人がいたら、若い子はコロリとだまされるかも…。

さておき、今回のライブは特別な意味があるのです。というのは、今年、アメリカで『超時空要塞マクロス』を全話英語で吹替えして放送するという企画があり、リン・ミンメイ役を24年ぶりに飯島真理が演じているのですよ。『マクロス』とミンメイについては複雑な思いがあることを語ったりしていた真理ちゃんですが、昨年、心境の変化もあってこの役を引き受けた、とステージで気持ちを話してくれました。全36話の吹替えを無事やりとげて、今夜のライブとなったわけです。はじめは思うようにいかなかった吹替えも、最終話ではミンメイになりきって演じることができたとか。この夜は、ふだんほとんど歌わないという『マクロス』からの2曲を披露。「私の彼はパイロット」と「愛・おぼえていますか」です。まさか聴けるとは思ってなかったので(いや、ほんとはちょっと期待していたので)これには大感動。

実は私は飯島真理の熱烈なファンというわけではないのです。もちろん『マクロス』は観ていたが、特にミンメイファンではなかったし、飯島真理のオリジナルアルバムも、「ROSE」「blanche」「Midori」を発売当時聴いた記憶があるくらい。それから20年余り、ほとんど聴きかえす機会はありませんでした。
ところが、ステージで真理ちゃんがこれらのアルバムに収録されていた初期の歌を歌い始めたら、「あ、この歌知ってる」「これも覚えてる」と、次々と思い出してしまったのですよ。自分でも驚きました。斉藤由貴もそうだけど、青春の一時期に聴いた曲って意識してなくてもしっかり覚えているのだなぁ。もちろん、飯島真理のソングライターとしての才能の故、ということもあるのだけれど。そして、あらためて聴いてみて、「こんな切ない歌だったんだ」と、はじめて気がついてみたり。アニメファンとして聴いていた当時はわからなかった詩の想いが、今になってわかるわけです。

NYに移り住み、今でもNYでスターになる夢をあきらめていないという真理ちゃん。「夢をあきらめない強さ」が、歌を聴く人の胸に勇気を与えてくれるような気がします。少々わがままでも夢を貫きたいというまっすぐな思いが、劇場版のミンメイの姿に重なるのだなぁ。この思いがアメリカの音楽ファンにも届いてほしい。そんなふうに思ったステージでした。

MARI IIJIMA sings LYNN MINMAY
 2002年発売。『マクロス』放映20周年を記念して制作されたセルフカバーアルバム。飯島真理がミンメイの歌を新録音することで話題になりました。「私の彼はパイロット」「愛は流れる」「天使の絵の具」「愛・おぼえていますか」など6曲に、飯島真理書き下ろしの新曲1曲を収録。プロデュースとアレンジも飯島真理の手によるもので、彼女の現在の音楽性が強く出たアルバムです。10日のライブで歌った「私の彼はパイロット」と「愛・おぼえていますか」は本アルバムのアレンジヴァージョン。

 : MARI IIJIMA sings LYNN MINMAY

Mari’s Picks“The Ultimate Collection”(1983-1985)
 デビューアルバム「ROSE」から始まるビクター時代の曲を中心に飯島真理自身が選んだベスト盤。この場合の「デビュー」にはTV版のミンメイの歌は含まれてないわけです。

 : Mari’s Picks“The Ultimate Collection”(1983-1985)

マクロス・ザ・コンプリート
 『超時空要塞マクロス』の1stTVシリーズと劇場版『愛・おぼえていますか』から主題歌・挿入歌とBGMを網羅した完全版。初商品化曲やカラオケも収録。初々しいミンメイ=飯島真理の歌と絶好調の羽田健太郎の音楽がたっぷり楽しめるお買い得盤です。

 : マクロス・ザ・コンプリート

飯島真理オフィシャル・サイト

« 【告知】SF大会「空想音楽大作戦2006」 | トップページ | 佐藤直紀氏の新作は恐竜! »

コメント

「ROSE」はいいアルバムでした。PROPHET-5の音も印象的。
個人的には「まりン」が好きでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天使の歌声で ~ 飯島真理 Live:

« 【告知】SF大会「空想音楽大作戦2006」 | トップページ | 佐藤直紀氏の新作は恐竜! »