Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« アニパの風 ~上松美香 アニメを弾く | トップページ | Reunion - GONZOコンピレーション(その3) »

2006年7月27日 (木)

きらめくパーカッション ~ minimums ライブ

 上松美香さんのステージでパーカッションを叩いている山下由紀子さん。ひそかにファンですと前回のブログに書いたんですが、その山下さんが参加しているユニットminimumsのライブが25日、<南青山MANDARA>でありました。
 minimumsは、国立音楽大学を卒業した女性3人のパーカッション奏者のユニットです。メンバは木次谷紀子、樋口 花、山下由紀子。1997年に結成されました。パーカッションだけという珍しいユニットで、ライブや演奏活動を行っています。
 ライブにはずーーっと行きたい!と思っていたのですが、3月に開催された六本木スイートベイジルのライブはチケット完売で行けず。涙をのみました。今回は早々とチケットを確保して望んだのですよー。やはり公演1週間前には完売になってました。

 ステージに登場した3人、みなさん小柄です。なんでも、平均身長153cmなので“minimums”とつけたらしいです。しかし、演奏は迫力満点。2台のマリンバとパーカッションが作り出す、パワフルで高揚感たっぷりの音空間に引き込まれました。
 「叩く」音って心臓の鼓動にも似ているし、森に住む鳥や動物たちがたてる音にも似ていますよね。原初的な音の記憶や、肉体の自然のリズムを呼び起こすような気がするんです。
 でも、minimumsの演奏はパワフルなだけではない。水の流れを思わせる砂の音や空気中にきらりと光が飛ぶような金属音など、さまざまな音を操って聴く人の心を解きほぐす繊細さを持っています。
 この夜はオリジナル曲から、チック・コリアの曲、THE BOOMの「島唄」など、バラエティに富んだ曲を演奏。主にパーカッションを担当する山下由紀子さんは、さまざまな楽器を自在に操り、まるで空間をパレットに絵を描いていくようです。かっこいいなー。パーカッションって、聴くだけでなく、観るのも楽しいんですよね。
 2時間余りがあっという間。実は同じテーブルに偶然、上松美香さんが同席していて、少しお話することができました。ここ<南青山MANDARA>で山下さんの演奏を聴いて、「ぜひ一緒に演奏したい」と思って声をかけたのだそうです。思い出の場所だったのですね。

 2006年3月に、minimumsのファーストアルバム『minimums』が発売されました。パーカッション好きにはたまりません。ぜひ聴いてみてください。
 「My Favorite Things」「African Christmas」「Black Bird」「Spain」「Amazing Grace」など7曲を収録。
 HMV、タワーレコードなどでも入手できます(DECD-0009:税込¥2,500)。

 : minimums

minimums オフィシャルサイト

« アニパの風 ~上松美香 アニメを弾く | トップページ | Reunion - GONZOコンピレーション(その3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きらめくパーカッション ~ minimums ライブ:

« アニパの風 ~上松美香 アニメを弾く | トップページ | Reunion - GONZOコンピレーション(その3) »