Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ザ・サード~蒼い瞳の少女~ | トップページ | アニパの風 ~上松美香 アニメを弾く »

2006年7月21日 (金)

Reunion - GONZOコンピレーション(その2)

間が空いてしまいましたが、7月5日に発売されたGONZOコンピレーション紹介のつづきです。

●聴きどころと音楽あれこれ(DISC2)

・『戦闘妖精雪風』
 SF作家・神林長平の原作をアニメ化した意欲作。正体不明の異星生命体と人間との戦いを描くハードな作品です。第1巻発売から3年かけて全5話が完結しました。
 音楽担当は三柴理と塩野道玄のユニット“ザ・蟹”。オリジナルサウンドトラック盤はVol.1が出たきりVol.2が出ないなぁと思っていたら、DVD第5巻「戦闘妖精雪風 OPERATION5」の初回限定特典という形でリリース。CD単独では買えませんでした。そのVol.2からメインテーマ「Engage」を収録しています。BGMももっと収録したかった。エンディングはムッシュかまやつの「RTB」。歌は軽快な青春フォークという感じで悪くないんですが、作品には合ってない感じ…。

戦闘妖精雪風 オリジナルサウンドトラック Vol.1

 : 戦闘妖精雪風 オリジナルサウンドトラック Vol.1

・『超重神グラヴィオン』
 オリジナル原作によるSFロボットアニメ。オープニング「嘆きのロザリオ」は影山ヒロノブが作曲、影山率いるユニット:JAM Project(featuring 遠藤正明)が歌ってます。本編音楽は『鉄甲機ミカヅキ』『ギャラクシーエンジェル』の七瀬光が担当。王道ロボットアニメ路線の燃える音楽です。

超重神グラヴィオン オリジナルサウンドトラック

 : 超重神グラヴィオン オリジナルサウンドトラック

・『最終兵器彼女』
 これは切ない原作なんですねー。当時17歳だったシンガー・ソングライター谷戸由李亜(やとゆりあ)のオリジナル曲「サヨナラ」が、作品イメージにぴったりということからエンディング主題歌に採用されました。オープニング「恋スル気持チ」は谷戸由李亜が本作のために書き下ろした曲です。劇中音楽は『アイドル防衛隊 ハミングバード』の見良津健雄(みらつたけお)が担当。

最終兵器彼女 Original Soundtrack Image Album SHE, THE ULTIMATE WEAPON

 : 最終兵器彼女 Original Soundtrack Image Album SHE, THE ULTIMATE WEAPON

・『カレイドスター』

 佐藤順一原案・監督による少女向けアニメ。GONZO作品の中でも、もっとも多くの人に愛された作品ではないでしょうか。「カレイドステージ」というサーカスとミュージカルが合体したようなエンタテインメントショーのスターを夢見てがんばる、少女そらの物語。華やかなショーの世界を舞台に、恋や友情やスターの座をめぐってのあれやこれやが描かれます。
 今回収録した主題歌「TAKE IT SHAKE IT」「real identity」の2曲は、本アルバムの目玉ともいえる楽曲です。というのも、この2曲が収録されたミニアルバムは発売後まもなく廃盤になり、長らく手に入らなくなっていたのです。韓国の4人組ヴォーカルグループ“Sugar”が日本正式デビュー前に歌った曲です。この2曲が収録できたのは快挙でした。
 劇中音楽は窪田ミナが担当。本作のサントラ盤もDVD-BOXの特典という罪なリリース形態でした(一部のBGMはミニアルバムに収録)。ですので、当初は、代表的なBGM数曲を収録する構成を考えていました。

カレイドスター ~2枚目の すごい ミニアルバム~

 : カレイドスター ~2枚目の すごい ミニアルバム~

カレイドスター キャラクターヴォーカルアルバム ~みんなのすごいキャラソン~

 : カレイドスター キャラクターヴォーカルアルバム ~みんなのすごいキャラソン~

・『LAST EXILE ラストエグザイル』

 産業革命時代のヨーロッパを思わせる世界を舞台にレトロ感あふれるデザインの飛行艇や空中戦艦が活躍する、GONZO設立10周年記念作品。雰囲気は『天空の城ラピュタ』+『キャプテンハーロック』という感じ。CGを生かした雲や飛行描写が秀逸です。
 沖野俊太郎が手がけたオープニング「Cloud Age Symphony」は凝ったサウンドメイクで本作のイメージを伝えるすばらしい曲。聴いていると空に浮かんでいるような心地よい感覚にひたれます。本編音楽は、エンディングテーマの作詞・作曲・歌を担当した黒石ひとみと、藤原麻紀、山本由紀の3人で構成された音楽家ユニット“Dolce Triade”が担当。本作だけの活動だったようです。いにしえのヨーロッパ音楽を思わせるサウンドで、繊細な情感曲からダイナミックな戦闘曲まで、丹精を凝らした音楽。当初は、O.S.T 2に収録された「Fleet of Littleships」という曲を収録したいと思っていました。

LAST EXILE O.S.T.

 : LAST EXILE O.S.T.

LAST EXILE O.S.T. 2

 : LAST EXILE O.S.T. 2

・『GADGUARD ガドガード』

 一風変わったSFロボットもの。鉄鋼人と呼ばれる人型ロボットを操る少年少女たちの群像劇です。鉄鋼人は、マシンや兵器というより、主人から呼び出される魔神みたいな雰囲気。
 本作の劇中音楽は主に田中公平が担当していますが、オープニング、エンディングは、“PE'Z”というジャム・バンドの曲が使われました。「Boomerang Boogie~南風堂の叔父さん~」「Song For My Buffalo」の2曲です。シングル発売もサントラ盤への収録もなく、PE'Zのアルバム(それもOP・EDそれぞれ別のアルバム)に収録という形でのリリースだったため、アニメ主題歌を集めている音源ファンにはちょっと負担でしたね。今回のGONZOコンピには、その2曲を収録できました。これも目玉の1つです。

ガドガード オリジナル・サウンドトラック

 : ガドガード オリジナル・サウンドトラック

 

« ザ・サード~蒼い瞳の少女~ | トップページ | アニパの風 ~上松美香 アニメを弾く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Reunion - GONZOコンピレーション(その2):

« ザ・サード~蒼い瞳の少女~ | トップページ | アニパの風 ~上松美香 アニメを弾く »