Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« ヒーロー物語 ~未来に向って~ 第2話 | トップページ | 【お知らせ】山本正之ライブと前川陽子コンサート »

2006年10月 5日 (木)

【終了しました】「アーバン系音楽とBGMの夕べ」

 10月1日(日)のDJイベント「アーバン系音楽とBGMの夕べ」に来ていただいたみなさま、ありがとうございます。雨の中、わざわざ足を運んでいただき、感激・感謝!です。

 しかし、慣れない機種のミキサーだったので、曲の頭出しがうまくいかなかったり、もたもたして次の曲がかかっちゃったりという失敗が何回か。まぁ、これも経験ですから…。大目に見てね。

 当日かけた曲を紹介します。

 この日のテーマは「アーバン系音楽とBGM」とのことなので、前半は都市を舞台にした映画のサントラで回しました。「アーバン系音楽」じゃないじゃん!と言ってるそこの人。いいの! 「BGMの夕べ」なんだから。


<セットリスト>

・ジョルジュ・ドルリュー「日曜日が待ち遠しい!」メインタイトル
 フランソワ・トリュフォーの遺作であり、パリを舞台にしたおしゃれなサスペンス・ミステリー。日曜日のイベントですから、最初はこの曲でしょう。主演の女優・ファニー・アルダンの魅力満載の映画でした。

・ジョルジュ・ドルリュー「リトル・ロマンス」より「Sketch of Paris」
 大好きなドルリューからもう1曲。小さな恋人たちを主人公にした愛すべき映画「リトル・ロマンス」からパリのシークエンスのしゃれたジャズ・ピアノ。物語は、パリ、ヴェローナ、ヴェネチアと、ヨーロッパの都市をめぐります。今ではすっかり大人の女優になったダイアン・レイン14歳の映画デビュー作。

・ジョン・ウィリアムズ「おしゃれ泥棒」メインタイトル
 ウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘップバーン主演のロマンティックなミステリー。これも舞台はパリ。『ジョーズ』以前のジョン・ウィリアムズは、こんなしゃれたジャズ・タッチの曲を書く作曲家として知られていました。DVDには池田昌子(ヘップバーン)と中村正(ピーター・オトゥール)による吹き替えを収録。たまりません。

・ヘンリー・マンシーニ「シャレード」メインタイトル
 パリを舞台にしたヘップバーン主演ミステリーと言えば『シャレード』でしょう。エキゾチックなムード満点のマンシーニの音楽は、ミステリアスでありながらロマンティックな、不思議な曲。マンシーニの音楽はどれもシンプルでさらっと書いたように聴こえるけれど、何度も繰り返し聴きたくなる。すごいです。

・アニメ「名探偵ホームズ」より「空からこぼれたストーリー」(歌:ダ・カーポ)
 都市のミステリーときたらロンドンの名探偵シャーロック・ホームズははずせない。犬のホームズが活躍するアニメ版『名探偵ホームズ』から、ダ・カーポ歌う主題歌。エレガントなメロディラインとアレンジが素敵な名曲です。

・エンニオ・モリコーネ「アンタッチャブル」メインタイトル
 一転雰囲気が変わって、モリコーネのドスの効いた『アンタッチャブル』のテーマ曲。禁酒法時代のシカゴを舞台に、アル・カポネとエリオット・ネスの死闘を描く、ブライアン・デ・パルマ監督作品。『ニュー・シネマ・パラダイス』以来、美しい曲を書く作家というイメージが定着したモリコーネですが、こういう危険な香りのモリコーネ、もっと聴きたいぞ。

・ラロ・シフリン「ダーティ・ハリー」メインテーマ
 舞台はサンフランシスコ。イーストウッド演じるはみ出し刑事ハリー・キャラハンの活躍を彩るのは、『ブリット』や『燃えよ!ドラゴン』のラロ・シフリンの音楽! イーストウッドの声はやはり山田康雄で覚えている。DVDには吹き替え音声が入ってないんですよ。入れてくれたら買うんだけどなぁ。

・菊池俊輔「アイフル大作戦」メインテーマ
 舞台は日本に代わり、『キイハンター』のあと番組『アイフル大作戦』のテーマ。小川真由美歌う主題歌「VIVA!アイフル」はこの曲にあとから詞をつけたもの。そして、この曲から丹波哲郎追悼特集に突入です。

・佐藤勝「日本沈没」よりBGM+山本総理(丹波哲郎)のセリフMIX
 この'74年版『日本沈没』の主役は山本総理なんじゃないかと思うくらい。官邸で「東京の人口はキミィ!」というセリフ、強烈に覚えてるんですよ。セリフはDVDから音声をCD-Rに焼いてきて、回しながらMIXしました。

・「Gメン'75」より「レクイエム」(歌:ささきいさお)
 菊池俊輔作曲のメインテーマに歌詞をつけたバラード。ささきいさおが男っぽく歌い上げます。「君よ眠れ…」。丹波哲郎を送るのにこれ以上の曲は思いつきませんでした。合掌…。

・高井達男「タイムトラベラー」テーマ曲
 『時をかける少女』を原作にNHKで放映された少年向けドラマ『タイムトラベラー』。なんと34年の時を経てサントラが発売されたのですよ! それを記念して、「時かけ」ミニ特集。このテーマ曲ははじめてマスターテープからCD化されたもの。

・アニメーション映画「時をかける少女」より「ガーネット」(歌:奥華子)
 この夏のベスト!の呼び声も高い2006年アニメ版「時をかける少女」の主題歌。

・映画「時をかける少女」より「時をかける少女」(歌:原田知世)
 で、やはりわれわれの世代には知世版となるわけです。大林宣彦監督のこの映画は、尾道をめぐる「町」の映画としても秀逸ですね。坂道の情景が忘れられません。


 で、ほかのDJの方の選曲を聴いていたら、やっぱりオレのはアーバンじゃないよなぁ。

 あと、前半では『地下鉄のザジ』、丹波哲郎追悼では『鬼平犯科帳』(山下毅雄作曲/ボブ佐久間アレンジ版)をかけようと思ってたんですが、盤を忘れてきちゃった。もっとも時間はいっぱいいっぱいで、持ってきてても結局省略したかも。

 まあそんな夕べでしたが、楽しんで回せました。共演いただいた追川さん、EBIさん、SHUUさん、不破了三さん、クドウハルヲさん、そして、聴きに来ていただいたみなさま。あらためて、ありがとうございました。

NHK少年ドラマ・シリーズ「タイム・トラベラー」オリジナル・サウンドトラック

 : 「タイム・トラベラー」オリジナル・サウンドトラック

時をかける少女(アニメ版) オリジナル・サウンドトラック

 : 時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック

時をかける少女(大林版) オリジナル・サウンドトラック

 : 時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック

« ヒーロー物語 ~未来に向って~ 第2話 | トップページ | 【お知らせ】山本正之ライブと前川陽子コンサート »

コメント

先日はお疲れ様でした!
貴重なサントラの数々、ご馳走様でした!
「時をかける少女」のメドレーも見事でしたね。
ぜひまたご一緒させてくださいまし。

今後ともよろしくお願いします!

(あと、トラックバックもさせていただきました。)

>Roland Star EBIさん
ありがとうございました。お疲れさまでした。
こちらからもトラバさせていただきました~。
また機会があればご一緒しましょう!

挨拶遅くなりましたが、お疲れさまです。
カフェバーに響くタンバの声、、聞き入り
ました。

また、同様の企画をころあいを見て
やるかもしれません。タイトル
ちょこっと変えて、
URBAN&BGM NIGIT(笑)。


>追川さん
お疲れさまでした。ありがとうございました。
へなちょこDJですが、声をかけていただいて光栄です。またよろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【終了しました】「アーバン系音楽とBGMの夕べ」:

» ありがとうございました! [DJ EBIのミュージック・ブログ・ジョッキー]
昨日は雨の中、イベントにご来場頂いたお客様、誠にありがとうございました。 お店の従業員の皆さん、お世話になりました。 (紛失中の45回転アダプターを、他から調達、助かりました!ありがとうございます。) そしてDJの皆さん、お疲れ様でした。 また....... [続きを読む]

« ヒーロー物語 ~未来に向って~ 第2話 | トップページ | 【お知らせ】山本正之ライブと前川陽子コンサート »