Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2月11日 五條真由美ライブ まいおた2007 | トップページ | 【告知】日本のアニメとゲーム 夢のシンフォニー »

2007年2月22日 (木)

2月19日 minimums Live! in STB139

 2月19日(月)。
 六本木スイートベイジル STB139で、minimumsのライブを聴きました。

 Minimums Live

 以前も紹介した、女性だけのパーカッション3人組です。今年で結成10周年。バンドの活動のかたわら、それぞれがパーカッショニストとしてステージ・サポートやコンサートなどで活躍してきました。でも、やっぱり「3人そろってminimums!」なんですね。この夜も楽しいライブでした。

 今回の選曲はクラシックの名曲などメジャーな曲中心。2台のマリンバとパーカッションを駆使した、独自のアレンジで聴かせてくれます。

<1st set>
1. サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
2. カノン(パッフェルベル)
3. アルマンド's ルンバ
4. 枯葉
5. オレオ(マイルス・デイヴィス)

<2nd set>
6. サンタフェ・トレイル(村松崇継)
7. ピアノ協奏曲第21番(モーツアルト)
8. 誕生(樋口花)
9. カッチーニのアヴェ・マリア
10. 紙について思う僕のいくつかの事(村松崇継)

<アンコール>
11. なだそうそう
12. 紹介がなかったけど、たぶん…American Wake(Bill Whelan)かな

 minimumsは進化するバンド。過去に演奏した曲やアルバムに入っている曲も、演奏を重ねるうちにどんどんアレンジが変わってくる。何度もリハーサルを重ねて、サウンドを完成させるのだとか。このライブを聴いてから1stアルバム「minimums」を聴きなおしてみたけれど、ライブのほうが圧倒的に音に勢いがあり、パワフルなんですよ。
 いつも中央でパーカッションを操っている山下由紀子さん(ユキちゃん)の動きにしびれます。カッコいいなぁ。
 あと、MCで「minimumsでストリートライブをやりたい」と言ってたけど、ぜひ実現してほしいですよ! マリンバを運ぶのは大変でしょうけど…(^^;

 次回は4月21日。南青山MANDARAでライブです!

minimums

 : minimums

« 2月11日 五條真由美ライブ まいおた2007 | トップページ | 【告知】日本のアニメとゲーム 夢のシンフォニー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月19日 minimums Live! in STB139:

« 2月11日 五條真由美ライブ まいおた2007 | トップページ | 【告知】日本のアニメとゲーム 夢のシンフォニー »