Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 3月4日 伊福部昭音楽祭 in サントリーホール | トップページ | 3月16日 やの雪「テルミンの世界」 in 東京文化会館 »

2007年3月14日 (水)

3月11日 宮川泰メモリアル・コンサート

 3月11日、NHKホールで開催された「宮川泰メモリアル・コンサート」に足を運びました。

 宮川先生が亡くなったのが、2006年の3月21日。一周忌を目前にしてのコンサートです。

 NHKホールは満席。入り口を入った正面で、奥様が訪れる観客に挨拶していらっしゃいました。年配の客が目立つのは、音楽活動で縁のあった方が多かったのでしょうか。ずらりと並んだ献花も、歌手、作曲家、プロダクション、レコードメーカー……、そうそうたる名前ばかり。

 開演時間になり、生前の宮川先生のピアノ演奏の音とともに、正面スクリーンに宮川先生の思い出の写真が投影されていきます。
 ピアノの音が消え、ブラスバンドが奏でる「ゲバゲバ90分のテーマ」が高らかに鳴りわたると、曲は元気で威勢がいいのに、ちょっと泣きそうになってしまいました。

 オーケストラは、この日のために集まった「宮川泰メモリアル・オーケストラ」。「名匠 宮川組」のメンバーである、上柴はじめ(ピアノ)、市原康(ドラムス)、萩谷清(ギター)、伊藤昌明(ベース)、平原まこと(サックス)、石山実穂(ラテン・パーカッション)に加え、トランペットの数原晋ら宮川先生を慕うミュージシャンが集結。弦が15人、金管が8人、木管5人、クラシックパーカッション、シンセ、コーラス6人(男声3、女声3)と、総勢40人ほどのオーケストラです。音楽監督・指揮はもちろん、宮川彬良氏。

 堺正章と井上順の軽妙な司会で、終始笑いをまじえた、楽しい音楽会となりました。ユーモアを好んだ宮川先生を偲ぶ会にふさわしい内容でしたね。


<演奏曲リスト>
 (演奏者に間違いがあるかもしれません。お気づきの方はお知らせください)

1.「ゲバゲバ90分」のテーマ (駒沢大学吹奏楽部&宮川泰メモリアル・オーケストラ)
2.「ザ・ピーナッツ」メドレー
  恋のバカンス (堺正章&井上順)
(以下、女性歌手陣が二人ずつペアを組んで歌唱)
  ウナ・セラ・ディ東京
  恋のオフェリア
  ジューン・ブライド
  ふりむかないで
  恋のバカンス (全員)
3.テーマ音楽メドレー
 (宮川泰メモリアル・オーケストラ)
  昼のプレゼント
  シャボン玉ホリデー
  ゲバゲバ90分
  二人のビッグショー
  てるてる家族
  ズームイン朝!
  午後は○○おもいっきりテレビ

<宮川アレンジの世界>
4.恋のフーガ (中尾ミエ&伊東ゆかり)
5.大阪ラプソディー (坂本冬美)
6.銀座カンカン娘 (川中美幸)
7.イエスタデイ (ジュディ・オング)
8.サウンド・オブ・サイレンス (田辺靖雄&九重佑三子)
9.勝手にしやがれ (梓みちよ)

10.海を見つめて (布施明)

(休憩)

11.組曲「宇宙戦艦ヤマト」より
 (宮川泰メモリアル・オーケストラ、スキャット:川島和子)
  序曲
  宇宙戦艦ヤマト (vo:ささきいさお)
  大いなる愛
12.真赤なスカーフ (ささきいさお)

13.何も云わないで (園まり)
14.淋しいから (中尾ミエ)
15.青空のゆくえ (伊東ゆかり)
16.逢いたくて逢いたくて (園まり)
17.君をのせて (田辺靖雄)
18.浮気なあいつ (ジュディ・オング&九重佑三子)
19.シビレ節 (黒沢裕一&コーラス)
20.涙のかわくまで (坂本冬美)
21.花と涙 (川中美幸)
22.愛のフィナーレ (布施明)

23.若いってすばらしい (全員)
24.銀色の道 (全員)


 ベテラン歌手勢ぞろいの、なんともぜいたくなコンサートでした。真っ赤な衣装で決めた梓みちよ、渾身の熱唱で客席をわかせた布施明、ポップな曲から演歌まで歌いこなす坂本冬美、いくつになっても愛らしい園まりとジュディ・オング、そして、30年前そのままの歌声のささきいさお。
 合間には、彬良氏や歌手たちが宮川先生への思い出を語るトークコーナーも設けられ、さらにゲストで服部克久、松本零士らが壇上に登って、宮川先生を偲びました。

 ラストは、客席もいっしょに「銀色の道」を歌ってフィナーレ。アンコールはなし。
 宮川先生の新しい曲と演奏がもう聴けないのはほんとうに残念ですが、暖かくて、切なくて、人間味あふれる宮川サウンドは不滅です。胸がいっぱいで、またまた涙。

 終演後も鳴り止まぬ拍手が、先生に届いたでしょうか。

 パンフレット

 会場売りのプログラム。1000円。詳細な年表と作品リストがついており、資料価値も高いみごとなもの。

 下は会場で先行発売された宮川先生の一代記(聞き書き)。楽しいエピソード満載です。

若いってすばらしい-夢は両手にいっぱい 宮川泰の音楽物語 (産経新聞出版)

 : 若いってすばらしい

ポップスの巨匠・宮川泰の世界 (テイチクエンタテインメント)
 この日演奏された曲の多くが収録されたメモリアル盤。

 : 宮川泰の世界

THE HIT PARADE Hiroshi Miyagawa (コロムビアミュージックエンタテインメント)
 テーマ音楽メドレーと宮川彬良編「組曲・宇宙戦艦ヤマト」はこちらで。

 : THE HIT PARADE

« 3月4日 伊福部昭音楽祭 in サントリーホール | トップページ | 3月16日 やの雪「テルミンの世界」 in 東京文化会館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日 宮川泰メモリアル・コンサート:

« 3月4日 伊福部昭音楽祭 in サントリーホール | トップページ | 3月16日 やの雪「テルミンの世界」 in 東京文化会館 »