Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ANIMEX1200ファイナル! | トップページ | 4月8日放送!「宮川泰メモリアル・コンサート」 »

2007年4月 3日 (火)

2007年冬期のドラマと音楽

 はや4月。 最終回を迎えた冬期ドラマの音楽をふり返ってみます。

花より男子2(リターンズ)
 第1作を超えるのが難しいと言われるPart2ものながら、一時は『華麗なる一族』を抜く視聴率で善戦。サントラは出ないのかと思ったら、なんとなんとー、インディペンデント・レーベルで発売されましたよ。一般のCDショップでは売っていませんが、タワーレコード、Amazonなどで購入できます。音楽は第1作から担当している山下康介氏。

 : 花より男子2

 主題歌は未収録。毎回クライマックスで流れていた歌は、宇多田ヒカルの「Flavor of Life」であります。

 : Flavor of Life

華麗なる一族
 硬派なドラマとして話題を呼んだ作品。実はあまり観てなかったのです。でも、音楽は「むむ、さすが服部さん、おみごと」と思って聴いてました。服部隆之さんの渾身の作。サントラ盤も大ヒットしました。メインテーマは演奏時間10分にも及ぶ大作です。
 ちなみに以前ドラマ化されたときは、大好きな坂田晃一先生が音楽を担当していました。この音楽も好き。サントラ熱望してます。

 : 華麗なる一族

 ちなみに上はジャケット写真ではありません。ジャケット写真は……、Webに載せるとまずいらしい(^^;
 また、劇中では、EAGLESの名曲「Desperado(ならず者)」が印象的に使われています。

 : Desperado

ハゲタカ
 同じく硬派なドラマ。こちらは毎回楽しみに観ました。NHK土曜ドラマです。なんたって『男たちの旅路』の枠ですよー。
 本当は昨年9月の放送が予定されていたのですが、出演者のトラブル等で制作が遅れ、今年の放送に延期になった作品。企業買収ビジネスをめぐる男たちの物語です。女性ジャーナリスト役の栗山千明が紅一点。「ゴーゴー夕張」の栗山千明なだけに、なにかしでかしそうでドキドキ(もちろん何もしない)。
 音楽は『三丁目の夕日』「プリキュア・シリーズ」の佐藤直紀さんです。ぐっと渋めのサウンドで緊張感を盛り上げてました。残念ながらサントラ発売はなし。もったいないですよ、NHKさん。

拝啓、父上様
 今期、いちばん楽しんで観ていたドラマがこれ。倉本聰のホンの魅力をあらためて感じました。主人公のモノローグが随所に挿入されるのは、『前略、おふくろ様』と同じ趣向ですが、変わりゆく神楽坂、携帯電話で孫と会話する大おかみ(八千草薫)など、現代的な要素が取り入れられている。人間描写の巧みさは、さすが倉本聰と感嘆。
 ナオミ役の黒木メイサも、エリ役の福田沙紀もよかったよー。
 最終回は、「もう終わり…!?」という感想。まだまだ続けられますよ。続けるつもりないのかな? 続けてほしい。
 音楽は、森山良子と島健の連名。森山良子が作曲した主題歌のメロディが全編にわたって使われています。アレンジが島健。この歌がいいんですよ。「パピエ」、そして「手」。どちらも歌入りがエンディングで使用されました。「手」のインスト版はメインテーマとして使用。BGMでは、森山良子がスキャットで歌う「LaLaLaヴァージョン」も聴けます。心に残るメロディです。
 サントラ発売されないのではと心配してましたが、発売されてよかった!
 でも、サントラには「手」が収録されていないので、シングル盤をあわせて買わねばなりますまい。

 : 拝啓、父上様 : パピエ

生物彗星WoO
 厳密には、冬期のドラマではないし、BS-hiでの初回放映は1年前だったりするわけですが、NHK総合での放映を機に待望のサントラ盤が発売されたので紹介しておきます。
 特撮ファンならご承知の通り、円谷プロが『ウルトラQ』以前に実現を考えていた企画をリニューアルして復活させた作品です。巨大ヒーローが登場してしまうのはちょっと興ざめでしたが、「円谷プロはウルトラだけじゃない!」というスタッフの意気込みを感じる意欲作でした。成功・失敗は別にして、『マイティジャック』や『怪奇大作戦』、『猿の軍団』、『スターウルフ』といった意欲的な作品を生んだ円谷魂を感じましたね。
 音楽はゲイリー芦屋さん。『料理少年Kタロー』の人です。『CURE』『ニンゲン合格』『カリスマ』など、黒沢清監督作品を多く担当。特撮ファンのツボをついた音楽づくりに感涙です。主題歌「Guardian Angel」もよかった(Splash Candy「たまごとにわとり」のc/wとして発売)。

 : 生物彗星WoO : Guardian Angel

 さて、4月はどんな音楽が聴けるのか。新番組が始まるのを楽しみにしています。

« ANIMEX1200ファイナル! | トップページ | 4月8日放送!「宮川泰メモリアル・コンサート」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年冬期のドラマと音楽:

« ANIMEX1200ファイナル! | トップページ | 4月8日放送!「宮川泰メモリアル・コンサート」 »