Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ヒロインは大忙し!「美少女戦麗舞パンシャーヌ」 | トップページ | 遥かなるナユグ「精霊の守り人」 »

2007年6月27日 (水)

斉藤由貴ふたたび!「風の向こう」

 昨年(2006年)TBS系で放映された『吾輩は主婦である』は、年間ベストドラマと言いたい大快作でしたが、もう一つ大きな意義を持った作品でもありました。それは、「斉藤由貴を歌手に復帰させた」ってことですよーー!!

 そしてなんとなんと、今年1月から放映されている世界名作劇場の最新作『レ・ミゼラブル 少女コゼット』の主題歌を斉藤由貴が歌っているのです。

 世界名作劇場の主題歌をアイドル(またはアイドル出身)歌手が歌うのは、シリーズ中期に見られたことでした。たとえば、

 『愛少女ポリアンナ物語』(工藤夕貴)
 『愛の若草物語』(新田恵利)
 『小公子セディ』(西田ひかる)
 『ピーターパンの冒険』(ゆうゆ)

などが記憶にあります。正直、歌唱力という点ではうーん、という作品もあるのですが、独特の味わい、フレッシュさが魅力でもありました。

 では、今回の『レ・ミゼラブル 少女コゼット』の主題歌はどうか?
 最近は女優業に専念して歌の仕事をほとんどしていなかった斉藤由貴の歌手ぶりはというと…

 ……いい!

 斉藤由貴ヴォイス復活だ!

 もともと私は斉藤由貴のファンで、アルバムはアナログ、CDで全部持ってるし、2003年に限定発売された「斉藤由貴CD-BOX」1&2もしっかり買ってます。彼女の歌は、いわゆる、「うまい歌」ではないかもしれないが、独特の雰囲気がある。表現力・イメージ力と、持って生まれた声質のなせるものでしょう。落ち着いた中音域と澄んだ高音の対比も魅力でした。

 年を取るとアイドル当時のような歌い方では通用せず、「大人のシンガー」に脱皮しようとする“元”アイドルもいますが、斉藤由貴の場合は、ほとんど昔のまま。昔から、アイドルっぽい歌手ではなかったんですね。彼女の歌では、「卒業」「情熱」といったヒット曲よりも、「土曜日のタマネギ」「予感」「MAY」みたいな歌が好きでした。「風の向こう」は穏やかに歌い上げていく歌で、私の好みにぴったり。

 シングル盤は斉藤由貴7年ぶり(!)のシングル。カップリングとなった番組のエンディング曲「ma maman(私のお母さん)」もいい曲です。こちらは斉藤由貴が作詞も手がけてます。

 これを機に、コンサートとか開いてくれないかなー。
 万難を排して行くのになー。

風の向こう/ma maman(私のお母さん) (斉藤由貴)

 : 風の向こう

斉藤由貴 SINGLESコンプリート
 シングルAB面、全曲収録の2枚組ベスト。
 ポニーキャニオンより7/18発売予定!

 斉藤由貴 SINGLESコンプリート

 <収録曲

« ヒロインは大忙し!「美少女戦麗舞パンシャーヌ」 | トップページ | 遥かなるナユグ「精霊の守り人」 »

コメント

じゃあ,次のパセラの機会には,ぜひ「悲しみよこんにちは」を:-)

久しぶりです。
祝・歌手復活ですね!尾崎豊の同志になった時には失望を感じましたが、それでもCDが出るたびに買ってたのも懐かしいです。
自分の斉藤由貴のこの1曲!はファースト・アルバム『AXIA』の中の「フィナーレの風」ですね。1985年の夏は『AXIA』をカセットにコピーして海辺のラジカセで聞いてました(笑)今聞いても胸がきしむ歌です。
CD-BOX発売時に「ぼくらのベスト」のサイトにアップされた細かなミックス違いやバージョン違い、ボックスに収録した理由、収録しない理由などの文面は参考資料としてコピペしました。アイドルポップも音源に関して探究し出すと奥深いものがありますね。ほかの歌手では有名なシングル曲がプレスされた時期によって、ミックスが違うものに差し替えられていた曲もあるんですよ。

>Royさん
> じゃあ,次のパセラの機会には,ぜひ「悲しみよこんにちは」を:-)
いや、それはかんべんして…(^^;

>たかぼんさん
「フィナーレの風」、思い出の曲のようですね。痛そう。
音源探求はたしかに奥深いですね。アニメソングやBGMの世界も同じです…。

斉藤由貴さん本格活動の時期なんでしょうかネ。
演技も歌唱力もある方だと私は思っているのでこれから活躍が広がると良いなと思います。
先日、NHK総合の氷川きよしが出ている番組…番組名は失念しましたがゲスト出演されて、昔の映像も見れました…。『夢の中へ』を歌っていらしたのですがホント、変わらずの歌声で!
私の顔面もほころんでいました~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤由貴ふたたび!「風の向こう」:

« ヒロインは大忙し!「美少女戦麗舞パンシャーヌ」 | トップページ | 遥かなるナユグ「精霊の守り人」 »