Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 今年も快進撃つづく佐藤直紀の注目作 | トップページ | コンサート「蒔田尚晃と冬木透の宇宙」! »

2007年8月 2日 (木)

帰ってきた牧史郎「怪奇大作戦 セカンドファイル」

 亡くなった実相寺昭雄監督も関わった『怪奇大作戦 セカンドファイル』の音楽集、待望の発売です。
 1968年に放映された『怪奇大作戦』のリメイク。キャラクターの名前もそのまま引き継がれています。リメイクといっても、同じ話しをやるのではなく、SRIのメンバーが新たな事件に挑む物語。時代は異なれど、続編の位置づけですね。

 その音楽を冬木透が担当するというので、サントラファンの間では大きな話題になりました。

 『怪奇大作戦』といえば玉木宏樹の音楽が印象深い。ジャジーで、現代に巣くう狂気を描写するような繊細なタッチの音楽は、番組のイメージを決定づける大きな役割を果たしていました。

 今回、冬木透が書き下ろしたメインテーマは、『ミラーマン』の「SGMのテーマ」をほうふつさせるクールなナンバーです。サスペンス音楽風のストリングスに男声コーラスがかぶり、ホルンがメインのメロディを奏でる。まさに「ヒーローのいない特撮ドラマ」のイメージ。
 やはり冬木先生が最近手がけた実相寺監督の遺作となった『シルバー假面』の音楽とも相通じるものがあります。共通するのは「科学」と「光と影」のイメージでしょうか。

 『S.R.I』はわずか3作のシリーズ。サントラ発売はないのでは…?と思われていましたが、出たよ!出ましたよ!!

 まずは冬木透による新テーマ曲と主題歌「リアル」を収録したMAXIが発売中。

怪奇大作戦 セカンドファイル ~主題歌「リアル」&テーマシングル~ [Maxi]
 「リアル」は、玉木宏樹作曲の『怪奇大作戦』タイトル曲をフィーチャーしたアレンジ。「恐怖の街」の新アレンジBGMなども併録。

 : 怪奇大作戦 セカンドファイル

 そして待望のサントラ盤は8月22日発売。しかも、オリジナルの『怪奇大作戦』サントラとのカップリング2枚組です!

怪奇大作戦 コンプリートサウンドトラック
 1996年発売の「怪奇大作戦 ミュージックファイル」の復刻盤と「怪奇大作戦 セカンドファイル オリジナル・サウンドトラック」の2枚組。

 : 怪奇大作戦 コンプリートサウンドトラック

 『セカンドファイル』の音楽は冬木透と紹介しましたが、音楽担当は音楽ユニットTAK-MIとの連名です。劇中音楽はほとんどTAK-MIが担当しているようなんですね。

 TAK-MIは円谷ミュージックに在籍する作曲家ユニットで、『ミラーマン REFLEX』の音楽を担当しています。メンバーは斉藤高広と仁見哲の二人。斉藤氏のブログ<Writer's Diary>では、新作『ウルトラセブンX』の音楽もTAK-MIが担当することが公表されました。

ミラーマン REFLEX o.s.t
 TAK-MIによる新生「ミラーマン」の音楽。

 : ミラーマン REFLEX o.s.t

 サントラ発売が楽しみな『セカンドファイル』ですが、DVD-BOXの仕様を見て、「むむー!?」。「オリジナル・サウンドトラック スペシャルCDつき」ですとーっ!!
 これは「コンプリートサウンドトラック」とは別物ってことなんですかね? そうなんでしょうね。『ウルトラQ ~dark fantasy~』もサントラ2枚目がDVDと同梱でのリリースだったし、またDVDも買わないとダメか…。

怪奇大作戦 セカンドファイル DVD豪華版
 オリジナル・サウンドトラック スペシャルCD付き!

 : 怪奇大作戦 セカンドファイル 豪華版

ウルトラQ ~dark fantasy~final edition~
 「ウルトラQ マニアトラックス」に未収録のBGMを収録したスペシャルサントラCDつき。

 : ウルトラQ ~dark fantasy~final edition~

« 今年も快進撃つづく佐藤直紀の注目作 | トップページ | コンサート「蒔田尚晃と冬木透の宇宙」! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた牧史郎「怪奇大作戦 セカンドファイル」:

« 今年も快進撃つづく佐藤直紀の注目作 | トップページ | コンサート「蒔田尚晃と冬木透の宇宙」! »