Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 聖夜の奇跡 菅野祐悟クリスマスコンサート | トップページ | 10年目の劇伴倶楽部 »

2007年12月26日 (水)

光宗信吉が挑むミュージカル「DEAR BOYS」

 新宿スペース・ゼロで公演中のミュージカル『DEAR BOYS』を観ました。
音楽を担当しているのが『ナースエンジェルりりかSOS』『少女革命ウテナ』の光宗信吉さん。光宗さんに取材した折に、ご招待いただいたのです。

 バスケットボールを題材にした少年コミックのミュージカル化ですが、カテゴリとしては、ミュージカル『テニスの王子様』と同じ系統です。女性向けの…、美少年ミュージカルとでもいうのかな…。

 なので、ちょっと緊張して観にいったのでした。

 客席は99%女性。
 でも、みなさん、わりと静かに観覧してます。視線は熱いけど。もっと黄色い声援が飛んでるのかと思ってました…。

 舞台は、なかなか面白い。びっくりするのは、本物のボールを使ってステージ上でバスケットボールを実演してることです。『テニプリ』はテニスシーンでも本物のボールは使わず、光が舞ってるだけですが(観たことないので伝聞です)、さすがにバスケットだとボールを使わないわけにはいかなかったのだとか。

 そのため、役者陣は歌や芝居・ダンスのみならず、バスケットボールの特訓も受けたそうです。ステージ上でドリブルしたり、パスを回したり、シュートを打ったりしてるのを見てると、「客席にボールが飛んでこないか」とハラハラ。そんな場面が一度もなかったのに感心しました。

 物語は、部員が足りなくてろくに活動できてないバスケットボール部に転校生が入部し、少年たちがふたたびバスケットへの情熱を取り戻していく…という正統派青春スポーツものです。ライバル校のコーチ・下條薫がエキセントリックな役どころで、実にいい味出してます。
 女性キャストは、美人コーチと美少女マネージャの2人だけ。でも、恋愛もようは一切なし(笑)。ひたすら男の子がかっこいいステージなのです。

 ミュージカルは久しぶりという光宗さんの音楽は、すばらしい出来です。壮大な序曲。ゲームのシーンではビートを効かせた高揚感いっぱいの音楽。少年たちの友情を表す感動の曲。そして、歌の数々。ドリブルの音を模したサウンドでリズムを表現する工夫も面白い。

 少女ものが多い印象の光宗さんですが、『遊戯王』のようなアクション系の作品もあるんです。光宗さんらしい流麗な旋律に激しいリズムが加わって、さわやかで躍動感にあふれたサウンドを聴かせてくれます。

  「そういえば光宗さんにスポーツものってなかったなぁ。意外とハマってる!」

 そんなことを思いながら2時間余りを楽しみました。

 この路線、ぜひアニメでもやってほしい。

 そして、『テニプリ』に続いて、ミュージカル『DEAR BOYS』も第2弾、3弾と続いていくことを祈ってますよ。


<2008/1/17追記>
Live CD出るそうです!

ミュージカル「DEAR BOYS」 (LiveCD)

« 聖夜の奇跡 菅野祐悟クリスマスコンサート | トップページ | 10年目の劇伴倶楽部 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光宗信吉が挑むミュージカル「DEAR BOYS」:

« 聖夜の奇跡 菅野祐悟クリスマスコンサート | トップページ | 10年目の劇伴倶楽部 »