Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 特撮サントラ!?「鹿男あをによし」 | トップページ | 墓場へようこそ!「墓場鬼太郎」 »

2008年3月18日 (火)

第2回 伊福部昭音楽祭

 3月16日。杉並公会堂で開催された「第2回 伊福部昭音楽祭」に足を運びました。

 第1回の会場はサントリーホール。今回は会場と趣向を変え、映画上映やシンポジウム、サロンコンサートなどをまじえた構成になりました。

 午後のサロンコンサートから参加。
 伊福部先生のギター作品のコンサートです。伊福部先生に直接ギター曲を師事した哘崎孝宏氏の演奏。小さいホールなので、指使いまではっきり見えました。私はギターを弾きませんが、かなりの難曲? コードを押さえる左手の動きがいかにも大変そう。
 途中で、「プログラムにはないですが」、とバレエ『サロメ』から「宮女の踊り」のギターアレンジ版を挿入するサプライズもあり。
 演奏の合間に伊福部先生の思い出を語られていたのが印象的でした。

 続いて、メインコンサートへ。
 1階2列目で鑑賞しました。音楽の響きを聴くには前過ぎる気がしますが、オーケストラの動きがよく見えて、これはこれでいい体験。

 オリジナル編成版の『ゴジラ』組曲が予想以上によかった。チューバが入ってないので厳密には違うんですが、映画用サントラ録音とほぼ同じ編成による再演です。8型(86442)の弦と1管編成のオケ。サントラと比べると「音がよすぎ」という人もいたようですが、私は出だしから「おおーっ、映画の音だよ!!」と感動でした。コンサートでよく演奏される「SF交響ファンタジー」版ではなく、この音こそが耳なれたサントラの音なんですよ。
 弦が少ないぶん、低音楽器やパーカッションがよく響く。弦があると響きは豊かになるんですが、印象が柔らかくなるんですね。編成が少ないのは予算の都合であることが多いのですが、それをハンデにせず、楽器の音を最大限に生かしたアレンジにして聴かせていたのが、往年の映画音楽作曲家だったわけです。その技を目の当たりにした気分でした。
 特に、「ゴジラの恐怖」の主題では、オーケストラの向かって左側、ヴァイオリンが全員休んでいるのですよ。チェロとコントラバスの低音域がずしりと響く。「こういうことか…」と感嘆しました。

 「聖なる泉」と「コタンの口笛」もよかったなあ。「聖なる泉」はモスラとインファント島の主題をコンサート用に編曲し、藍川由美さんが歌唱。ザ・ピーナッツやコスモスの歌唱とは一味違う、魂をふるわせるような歌唱です。「コタンの口笛」は、1978年に東宝レコードから発売された伝説のアルバム『伊福部昭の世界』ではじめて聴いて以来、印象に残っていた曲。あの口笛(指笛)が生演奏で再現されたことに涙。藍川由美さんのヴォーカルが入り、北の大地が目に浮かんでくるようでした。

 アンコールは、オーケストラ全員による「土俗的三連画」第1曲。終わって指揮の堀氏がそでに消えたあと、指揮者なしで「宇宙大戦争マーチ」が始まる。劇的な演出で驚きました。うしろでグランカッサを叩いていた藤田崇文氏がコントロールしていたんでしょう。

 興奮のうちに閉幕。
 終演後、パーティに参加し、司会をつとめた和田薫さんにごあいさつ。ほか、知り合いの方とお話したりして楽しく余韻にひたることができました。舞台を降りた演奏家の方たちもはればれした表情でしたね。


<set list>
サロンコンサート

  1. ギターのためのトッカータ
  2. 古代日本旋法による踏歌
  3. バレエ『サロメ』より「宮女の踊り」
  4. サンタマリア
  5. 交響譚詩

 アンコール
  ・子守歌

メインコンサート
【第1部】室内楽

  1. ピアノ組曲 (1933)
     (ピアノ:木村かをり)
  2. ヨカナーンの首級を得て、乱れるサロメ ~バレエ『サロメ』より(2004)
     (二十五絃箏:野坂操壽/低音二十五絃箏:小宮瑞代)
  3. ヴァイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲(第一楽章) 《音楽祭特別版》(1971/2008)
     (ヴァイオリン:萩原淑子、ピアノ:木村かをり、編曲&打楽器:藤田崇文)

【第2部】管弦楽

  1. 室内オーケストラのための「土俗的三連画」(1937)
  2. 松村禎三 「Hommage to Akira Ifukube」(1988)
    ―伊福部昭映画音楽より―
  3. 交響詩「聖なる泉」(『ゴジラvsモスラ』(1992)より)
  4. 管弦楽の為の「コタンの口笛」(『コタンの口笛』(1959)より)
     (ソプラノ:藍川由美/指笛:中村倫二(4)/指揮&オーケストラアレンジ:藤田崇文(3,4))
  5. 『ゴジラ』(1954)より 《オリジナル版》
  6. 『大坂城物語』(1961)より
     (オーケストラアレンジ:和田薫)

 アンコール
  ・土俗的三連画 第1曲
  ・宇宙大戦争マーチ

演奏:伊福部昭記念オーケストラ/指揮:堀 俊輔

司会:和田薫


大阪城物語 オリジナルサウンドトラック
 この音楽祭にあわせて東宝ミュージックから発売されたサントラ。ボーナストラックつき。
 東宝ミュージックのサイトで買うことができます。

 大阪城物語 オリジナルサウンドトラック

伊福部昭の世界
 ポリスターから出た再発版。思い出深い1枚です。

 : 伊福部昭の世界

« 特撮サントラ!?「鹿男あをによし」 | トップページ | 墓場へようこそ!「墓場鬼太郎」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 伊福部昭音楽祭:

« 特撮サントラ!?「鹿男あをによし」 | トップページ | 墓場へようこそ!「墓場鬼太郎」 »