Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 墓場へようこそ!「墓場鬼太郎」 | トップページ | おかしなおかしな胃の頭町「栞と紙魚子の怪奇事件簿」 »

2008年3月28日 (金)

「さよなら絶望先生」と長谷川智樹のディープな世界

 『さよなら絶望先生』の音楽が長谷川智樹さん、と聞いて、なんとも意外に思ったわけです。

 長谷川さんといえば、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(91年版、いわゆる「海モモ」)、『熱血最強ゴウザウラー』、そして『NANA』。ストレートで情感系の作品のイメージが強い。

 『絶望先生』みたいなシュールな作品は、増田俊郎さんなんかが得意そうな感じです。

 でも、実は長谷川さん、『DearS』とか『くじびきアンバランス』みたいな作品もやってるんですね。

 できあがったサントラは、これまでの長谷川さんのイメージを裏切る、刺激的なものになりました。
 たとえば、レトロで風変わりな感じを出すために生のミュージックソーを使っている。いまどき、シンセを使うのがふつうなんですが、わざわざミュージックソーの演奏家を呼んだそうです。
 ストーカーのテーマは、60年代から70年代のグルーヴを感じさせるオルガンサウンド。
 一方で、昭和の懐かしさを感じさせる美しいストリングスの曲もある。
 長谷川さんが影響を受けたという、ジョージ・マーティン風なポップな味わいもまぶされていて、「長谷川智樹見本市」といったおもむき。

 さらに昨秋は『魔人探偵脳噛ネウロ』なんてヘンな作品までやってしまっている。これも聴き応えのある快作です。

 年が明けて、『俗・さよなら絶望先生』の放映が開始されました。音楽も追加録音されています。エンディング曲「マリオネット」はローリー寺西さんと長谷川さんの共作で、サビの部分を長谷川さんが作曲。ギターも長谷川さんの演奏です。

 『NANA』の、感情の幕を一枚一枚はがしていくような繊細なサウンドにも感嘆しましたが、『絶望先生』の長谷川さん、さらに一皮むけたって気がしますね。

さよなら絶望先生 オリジナル・サウンドトラック 「絶望劇伴撰集」

 : さよなら絶望先生 オリジナル・サウンドトラック

さよなら絶望先生 序 ~絶望少女撰集~ [DVD]
 特別編DVD。サントラ盤未収録BGM26曲を収録したCDを同梱。

 : さよなら絶望先生 序 ~絶望少女撰集~

俗・さよなら絶望先生 オリジナル・サウンドトラック 「俗・絶望劇伴撰集」

 : 俗・さよなら絶望先生 オリジナル・サウンドトラック

マリオネット (ROLLYと絶望少女達)

 : マリオネット

魔人探偵脳噛ネウロ オリジナル・サウンドトラック
 こちらはゴブリンなどのイタリアンホラー音楽を思わせる、妖しく華麗なつくり。

 : 魔人探偵脳噛ネウロ オリジナル・サウンドトラック

« 墓場へようこそ!「墓場鬼太郎」 | トップページ | おかしなおかしな胃の頭町「栞と紙魚子の怪奇事件簿」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら絶望先生」と長谷川智樹のディープな世界:

« 墓場へようこそ!「墓場鬼太郎」 | トップページ | おかしなおかしな胃の頭町「栞と紙魚子の怪奇事件簿」 »