Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« minimums 映像音楽に進出!! | トップページ | まさにOriginal Soundtrack! 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 »

2008年5月15日 (木)

戸田恵子 CASUAL LIVE at STB139

 いやぁ、1曲目から「キャッツ・アイ」とは、やられました。

 5月10日に六本木スイートベイジルで開催された戸田恵子さんのライブ。その名も、「戸田恵子 CASUAL LIVE at STB139」。堪能しました。

 前日のminimumsはがっつり「音楽」を体験させてくれるライブでしたが、こちらは歌あり芝居ありのエンターテインメント・ステージ。ドラマに舞台に声優に歌手と幅広く活躍する戸田さんらしいライブでした。


5月10日 夜の部

<set list>

  1. キャッツ・アイ
  2. 甘い罠 (オリジナルLP『Soft Drinks』より)
  3. 男なんていい気なもの (ガーシュイン)
  4. 昆虫ニンジャ (NHK みんなのうたより)
  5. V.I.P (with 植木豪) (『アクトレス』より)
  6. ママ・アイ・ラブ・ユー ナラタージュ
  7. ノッコのわがままブギ (『アクトレス』より)
  8. 花 (2番替え歌で)
    ゲスト・三谷幸喜氏 登場
  9. ラブ草紙 (with 三谷幸喜)
  10. 強がり (『アクトレス』より)

アンコール

  • ささやかなジュゲーム (『アクトレス』より)
  • STAY 私らしく私のままで (オリジナルLP『Tenderly』より)

 休憩なしの1ステージ。1曲目から「キャッツ・アイ」でコーフンさせます。
 が、そのあとはまったりムード。六本木のライブハウスでまさか!?の「昆虫ニンジャ」がとびだしたり、PaniCrewの植木豪をいじりたおすやりとりや、三谷幸喜を迎えてのショートコント風デュエット「ラブ草子」など、終始笑いが絶えない楽しいステージでした。

 声がよく出ているなぁ。役者だから当たり前とはいえ、昨年10月のアルバム発売記念イベントのときより、格段に安定してます。「歌手」として十分いけますよ。

 うれしかったのは、80年代の声優ブーム時にキングレコードから発売されたオリジナルアルバムから選曲してくれたこと。埋もれさせておくには惜しいですよ。キングさん、ぜひ、「戸田恵子ベスト」を!

 なお、10月にもスイートベイジルでライブが予定されてます。ファンの方は忘れずにチェックしましょう!!


アクトレス (戸田恵子)

 : アクトレス

昆虫ニンジャ (戸田恵子)

 : 昆虫ニンジャ

いまはおやすみ/永遠にアムロ (戸田恵子)
 シングルレコードのカラオケつき復刻盤。これもライブで歌ってほしい。

 : いまはおやすみ

« minimums 映像音楽に進出!! | トップページ | まさにOriginal Soundtrack! 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸田恵子 CASUAL LIVE at STB139:

« minimums 映像音楽に進出!! | トップページ | まさにOriginal Soundtrack! 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 »