Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 夏コミ初日(15日)にサークル参加 | トップページ | コミケ出店終了 »

2008年8月13日 (水)

平野義久が作り出す音の「秘密」

 日テレ系で火曜深夜に放送中のアニメ『秘密(トップシークレット) ~The Revelation~』が怖い~。

 死者の脳に残された視覚記憶をMRIを用いて映像化する技術が実用化された近未来。科学警察研究所 法医第九研究室(通称“第九”)では、その技術を用いた「MRI捜査」が行なわれていた。犯罪に巻き込まれて死んだ人間(被害者・加害者)の脳から記憶を再生し、事件の謎を解明するのだ。それは死者の「秘密」をあばくことでもあった――。

 SF的ガジェットを使っているが、つくりは『羊たちの沈黙』を思わせるサイコサスペンス。猟奇的な犯罪と被害者、悲劇的な過去や病んだ心を持った犯罪者たちが次々登場して、「うわー、たまらんなぁ」と思うことたびたび。

 そんな『怪奇大作戦』ばりのドラマをこの上もなく盛り上げているのが、平野義久の音楽なのです。

 平野さんの作品は、このブログでも『栞と紙魚子の怪奇事件簿』を取り上げました。『栞と紙魚子』はホラーテイストとはいえ、どちらかというとコメディ。『秘密』はホンキで怖い。

 その怖さの秘密は、現代音楽の手法を駆使したサウンド。シンセなどの電子楽器の使用を抑え、古典的なオーケストラを使った現代音楽の書法で書かれています。不協和音がぎしぎしうなり、落ち着かない音の泡立ちが心をざわめかせる。映画『猿の惑星』のゴールドスミスの音楽や、『2001年宇宙の旅』で使われたリゲッティの音楽を思わせる。

 平野さんに話をうかがったら、実際「50~60年代の現代音楽」を意識したのだそうです。それが、懐かしくも新しい。ほかにも、音を一つ一つの粒ではなく塊として使う“トーンクラスター”という手法を用いたり、あえてデジタルな音楽とは対極的な手法を追及したのだとか。

 サントラの冒頭に置かれた「The Number Nines」は「第九のテーマ」。ほかの曲とはちょっと趣が違い、海外ドラマのテーマ曲のようなカッコいい曲。
 しかし、「Chaos」「Darkness」などでは、現代音楽の手法を用いたホラー/サスペンス・サウンド全開。いかにも『秘密』の作品世界にふさわしい不安な曲調が背中をぞくぞくさせる。
 「What He Saw」や「In the Realm of the Memories」には、ジョン・ゾーンの作品をほうふつさせるミュージック・コンクレートの手法が使われている(ジョン・ゾーンは平野さんが少年時代に影響を受けた作曲家のひとり)。
 「Himitsu」は民族音楽的な旋律とラテンっぽいリズムが融合した曲で、不気味だけれど人間くさい、ふしぎな曲になっている。

 全体に、ただ怖いだけでなく、人間のふしぎさ、多面性を表現したような味わい深いアルバムになっています。

 本作に限らず、平野さんの作品は「劇伴」の枠をはみ出したものが多い。幼少時はバロック音楽、少年時代はジャズに傾倒した平野さんは、高校卒業後、単身渡米。イーストマン音楽大学作曲科に入学して現代音楽を学びます。帰国後、仕事を探していたときに今の事務所のマネージャに出会って、2001年にアニメ『爆転シュート ベイブレード』の音楽で本格デビュー。以後、『桜蘭高校ホスト部』『鋼鉄神ジーグ』『DEATH NOTE』など、数は多くないものの、映像音楽作家として着実に実績を重ねている。その作風には平野さんの音楽歴がにじみ出しています。たとえば音大の映画音楽コースで映像音楽を学んだ作家の音楽とは、明らかに違うのです。

 緻密なオーケストレーションに支えられた音楽は、さらっと聴いただけだと親しみにくい。打ち込み全盛の最近の映像音楽を聴きなれた耳には、耳障りに聞えるかもしれない。でも、じっくり聴けば面白さがわかるはず。「燃える曲が好き」「美しい曲が好 き」という人にも、食わず嫌いにならずぜひ試していただきたいサウンドです。映像音楽というジャンルの持つ奥深さが、凝縮されていると思うのです。

秘密(トップシークレット) ~The Revelation~ オリジナル・サウンドトラック

 : 秘密 ~The Revelation~ オリジナル・サウンドトラック

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
 東京では『秘密』と同じチャンネル&連続する時間帯で放送中。『秘密』と同じく脳内世界を扱った作品だが、『秘密』とは対照的に、ヒューマンで明るい音楽をめざしたそうです。

 : RD潜脳調査室  オリジナル・サウンドトラック

DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラック
 アニメ版サントラ。映画『オーメン』の“Ave Satani”を思わせるコーラス曲やダイナミックなプログレッシブ・ロック。実写映画版の川井憲次とはまた違う『DEATH NOTE』の世界です。タニウチヒデキと共作。

 : DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラック

鋼鉄神ジーグ オリジナル・サウンドトラック
 ワーグナーを思わせるパワフルなスコア。平野さんは「ロボットものの王道」のつもりで書かれたそうですが、とても斬新です。

 : 鋼鉄神ジーグ オリジナル・サウンドトラック

桜蘭高校ホスト部 サントラ&キャラソン集 前編
 バッハ風、モーツァルト風など、さまざまな音楽スタイルを使ったパロディックな作品。平野さん自身気に入っている作品のひとつ。「後編」も発売中。

 : 桜蘭高校ホスト部 サントラ&キャラソン集 前編

« 夏コミ初日(15日)にサークル参加 | トップページ | コミケ出店終了 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平野義久が作り出す音の「秘密」:

« 夏コミ初日(15日)にサークル参加 | トップページ | コミケ出店終了 »