Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 図書館に自由はあるか!?「図書館戦争」 | トップページ | 1200人のオケが「ナウシカ」を奏でる~久石譲 宮崎アニメコンサート in 武道館 »

2008年8月 5日 (火)

エスパー少女隊出動!「絶対可憐チルドレン」

 日本一硬派な劇伴を書く男・中川幸太郎。『きこちゃんすまいる』とか『ふしぎ星の☆ふたご姫』とか、女の子が主人公のアニメも何本か手がけていますが、やはり、『ガン×ソード』や『百獣戦隊ガオレンジャー』『コードギアス 反逆のルルーシュ』のような作品が似合う。

 なので、『絶対可憐チルドレン』は中川幸太郎っぽくない作品と思ってたのですよ。超能力を持った10歳の少女たちが活躍するSFアクション・コメディ、ときたら、『パワーパフガールズ』みたいなノリで、軽めの音楽のほうが似合いそうではないですか。

 ところが、やっぱり中川幸太郎ですよ。剛速球できました。ブラスが鳴り渡るビッグバンド・サウンドです。「往年のスパイムービーのような音楽」を意識したのだとか。ジョン・バリーやルーリー・ジョンソンなどの音楽を思わせる、パンチの効いた音楽。これはやられた~。

 1曲目の「かいきん!!」から、2曲目「いっけぇー!」、3曲目「まっかせなさーい」まで、一気に聴かせます。ダバダバコーラスをフィーチャーした出動曲「しゅつどう!」ににやり。曲名はこんな調子で、ほとんどひらがなで表記されてますが、それで甘く見ちゃうととんでもない。内容は、分厚いホーンが豪快に鳴り渡る、中川さんらしい男臭いサウンドです。

 中盤、アイキャッチ曲「Aパートここまでよ」と「Bパートはじまるよ」にはさまれたパートは、みゅお~んとしたシンセの曲が並ぶ。「ザ・チルドレン~たんじょう」「同~めばえ」「同~めぐりあい」「同~せいちょう」「同~であい」と、チルドレンの過去をテーマにしたパートになっています。この構成はうまい。

 後半はふたたびブラスサウンドが炸裂。しかし、単に昔ながらのビッグバンド・サウンドを再現したのではなく、バックに現代的な打ち込みのリズムを重ねるなど、「今の音」にする工夫がちゃんとこらせている。中川さんて、もともと芸大で現代音楽を学んだ人なので、なかなか一筋縄ではいかないのです。ただ燃える音楽ではない。そこが「硬派」たる所以なのですね。

 中川さんの実弟・英二郎氏(トロンボーン)と実父の喜弘氏(トランペット)も録音に参加。いつもながらいい音聴かせてくれます。歌は入ってませんが、サントラファンにはおいしい1枚です。

絶対可憐チルドレン オリジナル・サウンドトラック1

 : 絶対可憐チルドレン オリジナル・サウンドトラック1

« 図書館に自由はあるか!?「図書館戦争」 | トップページ | 1200人のオケが「ナウシカ」を奏でる~久石譲 宮崎アニメコンサート in 武道館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エスパー少女隊出動!「絶対可憐チルドレン」:

« 図書館に自由はあるか!?「図書館戦争」 | トップページ | 1200人のオケが「ナウシカ」を奏でる~久石譲 宮崎アニメコンサート in 武道館 »