Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

ドラマ音楽ファンも注目の企画!「フジテレビ開局50周年記念DVD」

 ドラマ好き、ドラマ音楽好きにはたまらない企画がスタートしましたよ。

 フジテレビ開局50周年記念DVD続々リリース!

 教科書にも載った佐藤勝先生の主題歌が懐かしい『若者たち』。
 『三匹が斬る!』の原型ともいえる『三匹の侍』。音楽は『鬼平犯科帳』『惑星大戦争』の津島利章!

 そして、菊池俊輔先生が音楽を担当した1977年のドラマ版『砂の器』。この作品は菊池先生ご自身も思い出深い作品として上げているものなのです。

 ドラマファン待望!と言えるのが、『6羽のかもめ』。倉本聰の代表作の1本(ただし、全話は書いてない)で、ユーモアと哀感の混じった味わい深い作品です。最終話「さらば、テレビジョン」は倉本聰のエッセイ集のタイトルにもなった名作でした。音楽は深町純。加藤登紀子による主題歌「かもめ挽歌」が絶品です。

 CSなどで再放送される作品もありますが、ファンとしては手元に置いておけるパッケージでの発売はなによりうれしいところ。1年かけて50タイトルをリリースするという企画だそうなので、第2弾、第3弾にも期待しましょう。

若者たち DVD-BOX
 元祖・悩める青春ドラマです。主演に田中邦衛。

 : 若者たち DVD-BOX

三匹の侍 (1966年版) DVD-BOX
 第4シリーズをパッケージ化。主演は平幹二朗、加藤剛、長門勇。監督に五社英雄!

 : 三匹の侍 (1966年版) DVD-BOX

砂の器 (1977年版) DVD-BOX
 仲代達矢、田村正和主演。

  : 砂の器 (1977年版) 年版 DVD-BOX

6羽のかもめ DVD-BOX
 小劇団が舞台のペーソスあふれるコメディ。淡島千景、高橋英樹、加東大介、栗田ひろみ、長門裕之、夏純子ら個性的なキャストの競演が楽しい。

  : 6羽のかもめ 年版 DVD-BOX

2008年11月21日 (金)

これが明日のリアル!「ケータイ捜査官7」

 発売から日が経ってしまいましたが、テレビ東京系で絶賛放送中の『ケータイ捜査官7』のオリジナル・サウンドトラックが10月29日に発売されました。私は取材・構成・解説を手がけています。

 音楽は池頼広さん。初の30分もの特撮番組です。
 犯罪サスペンスであり、SFであり、青春ものでもあるという多面的な作品。たとえばテクノっぽい音楽でもそれなりにマッチしたと思うのですが、池さんは生楽器中心のシリアスな音楽で正面からこの作品に挑みました。

 結果は大成功。『ケータイ捜査官7』というドラマの空気感を決定づけたといってもよい、みごとな作品に仕上がっています。ブックレットに掲載した三池監督のインタビューを読んでもらうと、この作品において池さんの音楽がいかに重要な役割を果たしているか理解していただけると思います。
 三池監督インタビューも私が担当したのですが、特撮誌などで語られていない貴重なお話がうかがえました。音楽とドラマとの深い関係がよくわかる、いい記事になりました。

 池さんが音楽にこめたテーマは、「少年とケータイの友情」。アクション曲やサスペンス曲もカッコいいですが、メインテーマが実にいいのです。毎回劇中で流れています。
 たんに印象に残るメロディだというだけでなく、作品のテーマを作曲家がきちんと咀嚼し、音楽で伝えるべきことは何か、と考えた結果生まれた曲なのです。そういうアプローチが貫かれているからこそ、音楽がみごとにドラマを支え、作品世界を膨らませている。

 サントラ盤では、このメインテーマのモチーフを柱にして、使用頻度の高い楽曲をストーリー性のある構成で並べてみました。
 聴きどころは、まず1曲目の「アンダーアンカー」。本編音楽録音前に、プロモーション用映像のために作曲された曲で、この1曲で『ケータイ捜査官7』のドラマと音楽の方向性が決まりました。続いて、第1話の滝本初登場シーンでの使用が忘れがたい「フォンブレイバー」。エージェントやフォンブレイバー出動シーンによく使われるアクション曲です。悲壮な決意を感じさせる「勇気ある者」も名場面での使用が多い。レクイエム風の「明日の未来」は、アルバムを構成している段階では劇中未使用だったのですが、21話「こころのひかり」の中で、なかなか泣ける場面に使用されました。
 中でも私が「これは絶対入れたい!」と収録にこだわったのが、「ふたりの秘密」。第14話「セブンの子守唄」の中で使用された挿入歌です。『ケータイ捜査官7』の世界の中では人気アニメの主題歌なんだそうで、その後も劇中で登場していますね。

 ただ、解説を書いた当時はもうちょっとシリアスな方向に進むのかと思っていたら、ほんわかした話が多くなって、ちょっとサントラの雰囲気と作品の雰囲気が合わなくなってしまったかなぁ・・・・・・。終盤に向けての盛り上がりに期待しましょう。

 押井守監督回で使われた曲など、まだ未収録曲も残っています。第2弾が発売できるよう、応援よろしくお願いします!

(追記)
 主題歌・副主題歌のTVサイズを収録する予定でしたが、諸事情によりかないませんでした。(2008/11/27)


<収録曲リスト>

  1. Under Anchor ~ アンダーアンカー [M01]
  2. Cyber Crime ~ サイバー犯罪 [M05]
  3. Phone Braver ~ フォンブレイバー [M11]
  4. Crooked Mind ~ 歪んだ思考 [M09]
  5. Computer Crash ~ 暴走 [M02]
  6. You are Braver ~ 勇気ある者 [M07]
  7. Don't Cry, Buddy ~ Don't Cry、バディ [M04 Sax]
  8. School Days ~ ケイタ学校に行く [School]
  9. Up to You ~ 気の向くまま - Upper Ver. - [Up to you Haya]
  10. Quest ~ 探索 [G02]
  11. Chase ~ 追跡 [G01]
  12. Urban Legend ~ 都市伝説 [Ag Horror]
  13. Touch of Devil ~ 黒いささやき [ME 01]
  14. Detective ~ 刑事のテーマ [Detective 1]
  15. Darkness of the Net ~ ネットの闇 [M03]
  16. To Underground ~ 潜入 [M101]
  17. Wandering Mind ~ たゆたう想い [M08]
  18. Tommorow Future ~ 明日の未来 [M10]
  19. Himitsu ~ ふたりの秘密/ケイコ [BRAVER Himitsu (Vocal)]
  20. A Curious Girl ~ キュリアス・ガール [Braver Love 01]
  21. Up to You ~ 気の向くまま - Downer Ver. - [Up to you-Banjo]
  22. Mission ~ アンダーアンカーの使命 [M103]
  23. Hacking ~ ハッキング [M104]
  24. Rescue Operations ~ 救援 [M106]
  25. My Buddy ~ バディ [M04 Pf Gui]
  26. Main Theme ~ 「ケータイ捜査官7」メインテーマ [M04]

音楽:池 頼広


ケータイ捜査官7 オリジナルサウンドトラック Sound Braver 01
  ブックレットにシリーズ監督・三池崇史インタビュー、音楽・池頼広インタビューを掲載!

 : ケータイ捜査官7 オリジナルサウンドトラック Sound Braver 01

↓池頼広ファンはこちらにも注目!

もっけ 其ノ玖
 『もっけ』セル用DVD最終巻。単独発売のなかったサウンドトラックCDが同梱されています!

 : もっけ 其ノ玖

2008年11月16日 (日)

11月15日 まほうの夜の音楽会「ディズニー・オン・クラシック」

 11月15日。東京国際フォーラム ホールAで開催された「ディズニー・オン・クラシック まほうの夜の音楽会2008」に足を運びました。

 ディズニー映画の熱心なファンとはいえない私ですが、それでも今回の音楽会に足を運んだのは、プログラムにアラン・メンケン特集が織り込まれていると知ったから。

 アラン・メンケンは『リトル・マーメイド』(1989)以来、多くのディズニー作品の音楽を担当している作家で、宮崎アニメにおける久石譲のような人なのです。今年公開された『魔法にかけられて』の音楽がアラン・メンケンでした。

 ステージにはスモークがたかれ、「Disney On CLASSIC A Magical Night」のロゴがライトアップされてます。この舞台装置が象徴するように、全編がショーのように演出された華麗なコンサートでした。

 第1部が東京ディズニーリゾート25周年記念特集、第2部がアラン・メンケン特集という構成。第2部では『リトル・マーメイド』『ヘラクレス』『ポカホンタス』『ノートルダムの鐘』などから、主題歌と音楽を演奏。歌だけでなくサウンドトラックも演奏してくれたのは映画音楽ファンにはうれしいプログラムでした。

 しかし、実は今回いちばん感動したのは、第1部のパークミュージックメドレーの中で演奏された、「東京ディズニーシー アクアスフィアのテーマ」です。そう、冨田勲先生の曲ですよ。プログラム全体の中でもこの曲だけがあきらかにカラーが違う。ホールに響き渡る冨田サウンドに思わず陶然としてしまいました。


<set list>

第1部

  1. ドリーム・ゴーズ・オン ~東京ディズニー・リゾート25thアニバーサリー・テーマソング~
  2. 東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ
  3. ディズニー・ファンティリュージョン!~フェアリー・ガーデン
  4. パークミュージックメドレー
  5. ブラヴィッシーモ! ~火は水に恋をした~

第2部

    ディズニー ラブ&バラード アコースティック・セレクション

  1. 『ビアンカの大冒険』より 「誰かが待っている」
  2. 『わんわん物語』より 「ララルー」~「ベラ・ノッテ」
  3. 『白雪姫』より 「いつか王子様が」
    アラン・メンケン・スペシャル
  4. 『ヘラクレス』より 「悠久の昔」~「ゴー・ザ・ディスタンス」
  5. 『ポカホンタス』より 「嵐の航海」~「カラー・オブ・ザ・ウィンド」
  6. 『魔法にかけられて』より 「魔法の王国アンダルシア」~「歌ってお仕事」~「真実の愛のキス」
  7. 『リトル・マーメイド』より 「メインタイトル」~「パート・オブ・ユア・ワールド」~「パート・オブ・ユア・ワールド(リプライズ)」
  8. 『アラジン』より 「アラビアンナイト」~「ホール・ニュー・ワールド」
  9. 『ノートルダムの鐘』より 「ゴッド・ヘルプ」~「輝きの中へ」

アンコール
 ・『美女と野獣』より 「ひとりぼっちの晩餐会」
 ・『ピノキオ』より 「星に願いを」
 ・『美女と野獣』より 「奇蹟の変身」

 編曲・指揮:ブラッド・ケリー
 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 ネバーランド・オーケストラ


 アンコールの「星に願いを」では会場もいっしょに合唱。
 オーケストラのメンバーも楽しそうで、ディズニー作品の音楽の力をひしひしと感じた一夜でした。

Disney's Magical Melody ~The Best of Alan Menken~
 アラン・メンケンの作品集。デモ・ヴァージョンなども収録したコレクターズアイテム。

 : Disney's Magical Melody

東京ディズニーシー アクアスフィア・テーマミュージック
 冨田勲によるアクアスフィア・テーマ曲。「昼の音楽」「夜の音楽」を収録。3つのオーケストラが奏でる立体音響!

 : アクアスフィア・テーマミュージック

↓冨田勲ファンはこれも注目!

響 KYO  藤原道山×冨田勲
 尺八奏者の藤原道山と冨田勲のコラボレーション。「新日本紀行 」「文五捕物絵図」「たそがれ清兵衛 」「源氏物語」などを収録。11月19日発売。

 : 響 KYO

2008年11月 8日 (土)

11月7日 阿佐ヶ谷ロフトA「特歌祭4」

11月7日。
阿佐ヶ谷ロフトAで開催された「特歌祭4」へ足を運びました。
特撮マニアの読売新聞記者として知られる鈴木美潮さん主催の特撮ソング・イベントです。

「4」というから1~3もあったのですが、参加するのはこれがはじめて。
今回は五條真由美さん、Sister MAYOさん、サイキックラバーと旧知の人たちが出演ということで応援に行ったわけです。

頭から出演者たちが飲みながら歌を披露するという、ほかでは見られないイベントにびっくり。
ライブともちょっと違う。まさに歌祭りですね。

あの狭い舞台上にイスを並べ、マイクスタンドを立てて演奏を聞かせるという、かなり離れわざ的なスタイル。
しかし、トークから歌に、歌からトークにと、継ぎ目なく進んでいくのが心地よい。
それぞれの持ち歌、戦隊挿入歌などに加え、歌謡曲や洋楽をまじえた構成がよかった。

そして、歌もよかったけれど、お酒の入った出演者たちのトークがめちゃめちゃ楽しかった。

特にほどよく酔っ払ったMAYOさんが面白い!

そういえば、私はここ数年「Sister MAYO ベスト」を出しましょうとコロムビアさんに言い続けているのですが、いまだに実現しません。ほしい人いると思うんだけどなぁ。
「それはほしい!」という人は、ぜひコロムビアさんにリクエストを送ってください。

2008年11月 5日 (水)

11月3日 minimumsライブ@STB139 スイートベイジル

 これも日付が前後しますが…

 11月3日。六本木STB139スイートベイジルで開催されたminimumsのライブに足を運びました。
 DVD発売記念ライブです。

 minimumsは女性3人のパーカッションユニット。彼女たちのライブには可能な限り行っている私ですが、今回はこれまでにない楽しみがありました。
 それは、NHKでこの夏放送されたドラマ『監査法人』の音楽にminimumsが演奏で参加していたから。
 その音楽を演奏してくれるに違いないと思ったわけですよ。

 期待どおり、「監査法人メインテーマ」が選曲に含まれていて、大満足でした。

 この日は、スペシャルゲストとして、ブルースハープ/Vocalの今出宏(ぴろし)、EBassの小泉P克人が参加。これまでと一味違う、ズシっと低音の効いた男性的なサウンドを聴かせてくれました。山下由紀子さんのパーカッションもドラムセットが大活躍。「進化するminimums」を感じましたね。

 DVDはminimumsのBLOGから連絡すれば購入できます。どんな演奏か見てみたい聴いてみたいという方は、ぜひどうぞ。1枚2500円です。

 Minimums081103


<set list>

1st set

  1. 紙について思う僕のいくつかのこと (村松崇継)
  2. Garden (minimums)
  3. ダニー・ボーイ(アイルランド民謡)
  4. エリーゼのために (ベートーヴェン)
  5. 監査法人のテーマ (村松崇継)
  6. LA FIESTA (チック・コリア) with 今出宏&小泉P克人

2nd set  with 今出宏&小泉P克人

  1. TAKE5 (ポール・デスモンド)
  2. サンタフェ・トレイル (村松崇継)
  3. フォーカス27 (今出宏)
  4. FIRST CIRCLE (パット・メセニー)

アンコール
 ・アフリカン・クリスマス (TATOPANI)


監査法人 オリジナル・サウンドトラック
 minimumsが演奏に参加した、ドラマ『監査法人』のサントラ発売中!

 : 監査法人 オリジナル・サウンドトラック

2008年11月 4日 (火)

10月30日 あにまーとないと2008@赤坂グラフィティ

 日付は前後しますが・・・

 10月30日。赤坂グラフィティで開催された<あにまーとないと2008>に足を運びました。

 これが3回目となる<あにまーとないと>。プリキュアの音楽制作にもかかわっている<あにまーと>主催のイベントです。

 出演者は、うちやえゆかさん、大森真理子さん宮本佳那子さん、杉原由規奈さんの4人。うちやえさんは『ふたりはプリキュア SplashStar』の主題歌で、宮本さんは『Yes!プリキュア5』『Yes! プリキュア5 GoGo!』のエンディング主題歌でおなじみ。大森さんと杉原(YUKINA)さんは、11月22日からキッズステーションで放送されるアニメ『お茶犬~緑(リョク)っとものがたり~』の主題歌を歌うそうですよ!

 『お茶犬~緑(リョク)っとものがたり~
  11月22日(土)~ 毎週土曜日 10:54~11:00

 トップバッターの杉原由規奈(YUKINA)さんはなんと高校3年生。ステージではダンスも披露してくれました。続いて、先日のプリキュアコンサートでも元気な姿を見せてくれた宮本佳那子ちゃん(なぜかちゃんづけ(^_^;)。プリキュアの2曲とカヴァーでフィンガー5の「学園天国」とユーミンの「やさしさに包まれたなら」という渋い選曲。伝統の東映アカデミー生らしい活躍をしてほしい。<あにまーとないと>常連の大森真理子さんはオリジナル曲を4曲。いつものほんわかトークと笑顔がステキでした。そして、トリのうちやえさんはピアノ弾き語りをまじえて初披露の新曲3曲ほかをキュートに歌唱。ラストは、4人でキャンディーズの「書中お見舞い申し上げます」でした。<あにまーとないとVol.1>のラストもキャンディーズだったので、これは恒例化?

 いやぁ、楽しいライブでした。この日は、うちやえさんが司会役でも活躍。ライブ全体がうちやえワールドに染まって、まるで「うちやえ一座公演」のよう。こんなに笑ったライブも珍しい。

 でも、「プリキュア」で活躍する姉と妹が新たにメジャーデビューする姉妹を応援するような雰囲気も伝わってきて、心が温かくなるライブでした。そう、4人はまるで「若草物語」の四姉妹。それぞれの個性を伸ばして、高く羽ばたいてほしいと願わずにいられません。

お茶犬~緑っとものがたり~ 主題歌 ミニアルバム
 2008年12月17日発売。
 1.オープニング・テーマ 地球でダンス 歌/YUKINA
 2.エンディング・テーマ 明日天気になぁれ 歌/大森真理子
 3.お茶犬☆ロック 歌/堀江美都子
 4.お茶犬絵かき歌 歌/森の木児童合唱団
 5.「ホッ」としよ 歌/遠藤みずき

 

2008年11月 3日 (月)

満員御礼!<ヒーローソング熱中昼話>

 11月2日、阿佐ヶ谷ロフトAのトークイベント<ヒーローソング熱中昼話(ひるばなし)>、無事終了しました!
 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!
 おかげさまで立ち見も出る盛況でした。

 田中公平先生、唐沢俊一さんと3人で、60年代アニメ・特撮ソング、そしてお気に入りの作曲家(渡辺岳夫、越部信義、筒井広志、三沢郷)について語る3時間半。お楽しみただけたなら幸いです。

 NHKでの第2弾は未定ですが、関係者一同、実現できればと思ってますので、応援したい!という方は、NHK<BS熱中夜話>に投書してくださいね(^_^;

 なお、東京MXテレビで当日イベント終了後に収録したインタビューが放送されます。
 11月14日(金)27時30分~「大進撃放送BONZO」内で3分程度の紹介とのこと。

 次のイベントは12月6日の<G-Session Live 3rd!>。

 そして、昨日のイベント中でも告知しましたが、12月20日に<Soundtrack Pub>の開催が決まりました。

 お時間ある方、ぜひどうぞ!

 

2008年11月 1日 (土)

【告知】11月2日 阿佐ヶ谷ロフト <ヒーローソング熱中昼話(ひるばなし)>

イベント終了までこの記事はTOPに出るようにしておきます。

 「BS熱中夜話」で大好評いただいた<ヒーローソングナイト>が自主企画で帰ってきます!

 田中公平先生、唐沢俊一さん、腹巻猫の3人がふたたびそろい、阿佐ヶ谷ロフトで開催決定!

----------------------------------------------
ヒーローソング熱中昼話(ひるばなし)

「アニソンは僕らの心をつなぐ。
 アニソンは僕らの魂をゆさぶる。
 アニソンは僕らの夢を広げる。
 なぜ、どうしてアニソンはこんなに特別な歌なのだろう。
 なぜ、どうしてアニソンにここまでこだわってしまうのだろう。
 こんなに身近にありながら、実は不思議な存在、それがアニメソング。
 その謎に迫り、その魅力にどっぷりつかり、
 そして大声で歌おう、マイ・フェイバリット・アニソンを!」

 大好評だった『BS熱中夜話ヒーローソングナイト』で語りきれなかったことを、3人が思う存分語ります!!

【出演】田中公平、唐沢俊一、腹巻猫
【日時】平成20年11月2日(日) Open昼12:00/Start昼12:30
【料金】前売 ¥1,800 / 当日 ¥2,200(ともに飲食代別)
【場所】阿佐ヶ谷Loft A  杉並区阿佐谷南1-36-16ーB1
 JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
 丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩7分
【TEL】 03-5929-3445

※前売券は10/15(水)17:00~Asagaya/Loft A店頭・電話予約・web予約にて発売開始
 電話予約:03-5929-3445
 web予約:http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/

----------------------------------------------

 NIGHT TIMEではなく、DAY TIMEの開催ですのでご注意ください。

 「BS熱中夜話」は45分2本の番組でしたが、収録はたっぷり4時間もあったのです。つまり、放送されなかった話がたっぷり残っているわけ。当日は、そんな放送できない話なども飛び出すかもしれません。
 もちろん、田中公平先生の「あのコーナー」も登場予定!

 三連休のど真ん中ですが、ご都合付く方はお気軽にどうぞ!

 告知ページできました!
 http://www3.airnet.ne.jp/haramaki/gekiban/news/herosong.html

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »