Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 11月15日 まほうの夜の音楽会「ディズニー・オン・クラシック」 | トップページ | ドラマ音楽ファンも注目の企画!「フジテレビ開局50周年記念DVD」 »

2008年11月21日 (金)

これが明日のリアル!「ケータイ捜査官7」

 発売から日が経ってしまいましたが、テレビ東京系で絶賛放送中の『ケータイ捜査官7』のオリジナル・サウンドトラックが10月29日に発売されました。私は取材・構成・解説を手がけています。

 音楽は池頼広さん。初の30分もの特撮番組です。
 犯罪サスペンスであり、SFであり、青春ものでもあるという多面的な作品。たとえばテクノっぽい音楽でもそれなりにマッチしたと思うのですが、池さんは生楽器中心のシリアスな音楽で正面からこの作品に挑みました。

 結果は大成功。『ケータイ捜査官7』というドラマの空気感を決定づけたといってもよい、みごとな作品に仕上がっています。ブックレットに掲載した三池監督のインタビューを読んでもらうと、この作品において池さんの音楽がいかに重要な役割を果たしているか理解していただけると思います。
 三池監督インタビューも私が担当したのですが、特撮誌などで語られていない貴重なお話がうかがえました。音楽とドラマとの深い関係がよくわかる、いい記事になりました。

 池さんが音楽にこめたテーマは、「少年とケータイの友情」。アクション曲やサスペンス曲もカッコいいですが、メインテーマが実にいいのです。毎回劇中で流れています。
 たんに印象に残るメロディだというだけでなく、作品のテーマを作曲家がきちんと咀嚼し、音楽で伝えるべきことは何か、と考えた結果生まれた曲なのです。そういうアプローチが貫かれているからこそ、音楽がみごとにドラマを支え、作品世界を膨らませている。

 サントラ盤では、このメインテーマのモチーフを柱にして、使用頻度の高い楽曲をストーリー性のある構成で並べてみました。
 聴きどころは、まず1曲目の「アンダーアンカー」。本編音楽録音前に、プロモーション用映像のために作曲された曲で、この1曲で『ケータイ捜査官7』のドラマと音楽の方向性が決まりました。続いて、第1話の滝本初登場シーンでの使用が忘れがたい「フォンブレイバー」。エージェントやフォンブレイバー出動シーンによく使われるアクション曲です。悲壮な決意を感じさせる「勇気ある者」も名場面での使用が多い。レクイエム風の「明日の未来」は、アルバムを構成している段階では劇中未使用だったのですが、21話「こころのひかり」の中で、なかなか泣ける場面に使用されました。
 中でも私が「これは絶対入れたい!」と収録にこだわったのが、「ふたりの秘密」。第14話「セブンの子守唄」の中で使用された挿入歌です。『ケータイ捜査官7』の世界の中では人気アニメの主題歌なんだそうで、その後も劇中で登場していますね。

 ただ、解説を書いた当時はもうちょっとシリアスな方向に進むのかと思っていたら、ほんわかした話が多くなって、ちょっとサントラの雰囲気と作品の雰囲気が合わなくなってしまったかなぁ・・・・・・。終盤に向けての盛り上がりに期待しましょう。

 押井守監督回で使われた曲など、まだ未収録曲も残っています。第2弾が発売できるよう、応援よろしくお願いします!

(追記)
 主題歌・副主題歌のTVサイズを収録する予定でしたが、諸事情によりかないませんでした。(2008/11/27)


<収録曲リスト>

  1. Under Anchor ~ アンダーアンカー [M01]
  2. Cyber Crime ~ サイバー犯罪 [M05]
  3. Phone Braver ~ フォンブレイバー [M11]
  4. Crooked Mind ~ 歪んだ思考 [M09]
  5. Computer Crash ~ 暴走 [M02]
  6. You are Braver ~ 勇気ある者 [M07]
  7. Don't Cry, Buddy ~ Don't Cry、バディ [M04 Sax]
  8. School Days ~ ケイタ学校に行く [School]
  9. Up to You ~ 気の向くまま - Upper Ver. - [Up to you Haya]
  10. Quest ~ 探索 [G02]
  11. Chase ~ 追跡 [G01]
  12. Urban Legend ~ 都市伝説 [Ag Horror]
  13. Touch of Devil ~ 黒いささやき [ME 01]
  14. Detective ~ 刑事のテーマ [Detective 1]
  15. Darkness of the Net ~ ネットの闇 [M03]
  16. To Underground ~ 潜入 [M101]
  17. Wandering Mind ~ たゆたう想い [M08]
  18. Tommorow Future ~ 明日の未来 [M10]
  19. Himitsu ~ ふたりの秘密/ケイコ [BRAVER Himitsu (Vocal)]
  20. A Curious Girl ~ キュリアス・ガール [Braver Love 01]
  21. Up to You ~ 気の向くまま - Downer Ver. - [Up to you-Banjo]
  22. Mission ~ アンダーアンカーの使命 [M103]
  23. Hacking ~ ハッキング [M104]
  24. Rescue Operations ~ 救援 [M106]
  25. My Buddy ~ バディ [M04 Pf Gui]
  26. Main Theme ~ 「ケータイ捜査官7」メインテーマ [M04]

音楽:池 頼広


ケータイ捜査官7 オリジナルサウンドトラック Sound Braver 01
  ブックレットにシリーズ監督・三池崇史インタビュー、音楽・池頼広インタビューを掲載!

 : ケータイ捜査官7 オリジナルサウンドトラック Sound Braver 01

↓池頼広ファンはこちらにも注目!

もっけ 其ノ玖
 『もっけ』セル用DVD最終巻。単独発売のなかったサウンドトラックCDが同梱されています!

 : もっけ 其ノ玖

« 11月15日 まほうの夜の音楽会「ディズニー・オン・クラシック」 | トップページ | ドラマ音楽ファンも注目の企画!「フジテレビ開局50周年記念DVD」 »

コメント

質問でーす!

収録曲一覧に正副主題歌テレビサイズの記載がありますが、実際は未収録です。
元々収録予定だったんでしょうか?

がーん
主題歌収録されてなかったですね。
失礼いたしました。
訂正しておきます。
そう、収録するつもりでいたのですが、諸事情により見送られたようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが明日のリアル!「ケータイ捜査官7」:

« 11月15日 まほうの夜の音楽会「ディズニー・オン・クラシック」 | トップページ | ドラマ音楽ファンも注目の企画!「フジテレビ開局50周年記念DVD」 »