Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 12月6日 G-Session Live 3rd! セットリスト | トップページ | 川井憲次のリリシズムが香る「櫻の園」「七瀬ふたたび」 »

2008年12月 9日 (火)

12月8日 鮎川麻弥 Accoustic Live ~Winter~

 12月8日。赤坂グラフィティで開催された鮎川麻弥さんのライブに足を運びました。

 「Acoustic Live 〜winter〜」と題された今回のライブ。タイトルのとおり、編成に大きな特色があります。なんと、キーボード1台とギター1本だけ。ギターはアコースティックギターとエレキギターの持ち替えです。鍵盤も生ピアノではなくてキーボードですから厳密には「アコースティック」ではないんですが、バックを二人だけに絞ったストイックな編成での挑戦に「Accoustic」と名づけたということでしょう。

 これまでのライブでは、キーボード、ギター、ベース、ドラムス、という標準的なバンドをバックに歌っていたので、今回の試みは驚きでした。
 けれど、鮎川さんが歌い始めると、すぐにその意図が納得できました。鮎川さんの歌声がとてもよく響く。ヴォーカルの微妙なニュアンスや息遣いが感じ取れます。
 そして、ステージと客席との間に堺がなく、つながっている感じがするのですね。

 選曲は大半が鮎川さんのオリジナル。アニメソングは「イリュージョンをさがして」「星空のBelieve」「風のノー・リプライ」の3曲。「これをキーボードとギターだけでやるのか!?」と驚きますが、予想に反してまったく違和感なく楽しめました。会場の手拍子がパーカッション代わりというのも、この編成のライブならでは。客席も演奏に参加しているような高揚感があります。

 たぶん鮎川さんは、この空気感を手に入れたくて今回の会場と編成を選んだのでしょう。ステージと客席が一体に感じられるライブ。成功だったと思います。

 そして、2nd Stageの終わりには、豪華賞品があたるクイズ&抽選会が。ざんねんながら筆者には当たりませんでしたが、鮎川さんの飾らない人柄が感じられる楽しいひとときでした。


<セットリスト>

1st set

  1. 愛しいあなたはここにいる
  2. My ア・ラ・カルト
  3. STAR DUST BLUES
  4. Smoky Townをさまよって
  5. エピローグ -DRESS UP THE NIGHT-
  6. 土曜日の恋、日曜日の朝
  7. 何処で逢っても泣かない
  8. ここから

2nd set

  1. A SONG FOR YOU
  2. Merry X'mas,Sorry X'mas
  3. The Cristmas Song (洋楽カヴァー)
  4. Happy X'mas (War Is Over) (洋楽カヴァー)
  5. イリュージョンをさがして (from『機甲戦記ドラグナー』)
  6. 星空のBelieve (from『機動戦士Zガンダム』)
  7. 風のノー・リプライ (from『重戦機エルガイム』)
  8. Jump Up

アンコール

  1. L・O・V・E
  2. 「おやすみ」の頬笑み

« 12月6日 G-Session Live 3rd! セットリスト | トップページ | 川井憲次のリリシズムが香る「櫻の園」「七瀬ふたたび」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日 鮎川麻弥 Accoustic Live ~Winter~:

« 12月6日 G-Session Live 3rd! セットリスト | トップページ | 川井憲次のリリシズムが香る「櫻の園」「七瀬ふたたび」 »