Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 冒険活劇音楽!「K-20 怪人二十面相・伝」 | トップページ | 村松崇継待望のソロ・アルバム「Piano Sings」 »

2009年2月17日 (火)

月刊「Newtype」連載終了

 2004年4月号から続いてきた月刊「Newtype」(角川書店)の連載コラム、今発売中の3月号をもって終了することになりました。

 最初は「空想音楽探偵団」のタイトルで、2006年1月号からは「作曲家名鑑」、2008年5月号からは「劇伴(劇盤)最前線」とタイトルと内容を変えて書かせていただきました。
 延べ連載回数は60回。まる5年間でした。

 ずっとサントラにこだわってきたコラムでしたが、サントラの人気がいまひとつのこの時代、出番は終わったというところでしょうか。

 「ガンダム」「マクロス」「エヴァ」といった売れ筋ではなく、あまり注目されてない作品や作家を積極的に取り上げて、サントラの面白さ、楽しみ方を読者に知ってもらえたらと思って書いていましたね。

 はっ、だから人気なかったのかも…(^_^;

 800字に満たないコラムのために作曲家に取材に行ったりして、個人的にも楽んだ仕事でした。

 最後の1年は、サントラを取り上げる「劇伴最前線」とドラマCDを取り上げる「劇盤最前線」と、1ヶ月おきに交代に連載という形式でした。

 サントラ冬の時代の象徴でしょうか。

 最終回で取り上げたのは、「Yes! プリキュア5 GoGo!」。
 私の仕事です…。
 これで最後とは思ってなかったんですけど、記念になりました。

 私のささやかな連載で、「おすすめのサントラを聴いてみた」「サントラに注目するようになった」という人が一人でもいてくれたらうれしいです。

 またどこかでお目にかかりましょう~

« 冒険活劇音楽!「K-20 怪人二十面相・伝」 | トップページ | 村松崇継待望のソロ・アルバム「Piano Sings」 »

コメント

お疲れ様でした。
ぜひとも書籍化を!

>RYO-3さん
ありがとうございます。
書籍化、したいですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊「Newtype」連載終了:

« 冒険活劇音楽!「K-20 怪人二十面相・伝」 | トップページ | 村松崇継待望のソロ・アルバム「Piano Sings」 »