Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« おかえり小枝…弓原七海「Seventh Sea」 | トップページ | アニメソングナイト決定! »

2009年3月30日 (月)

川井憲次、楳図かずおに挑む…「おろち」

 楳図かずおのマンガを原作にした映画『おろち』。『ケータイ捜査官7』にも参加した鶴田法男監督による映像化です。

 木村佳乃と中越典子の女の戦いが見もので、原作の「いちばん怖いのは人間の情念」というところがとてもよく生かされている。セットや空気感に楳図マンガの雰囲気がみごとに再現されていて、昔からの楳図ファンである私にも納得できる映像化でした。
 特に、キャスティングが発表されたとき、誰もが「?」となったと思う、谷村美月のおろち。意外にも違和感がない。真赤なコートで登場すると、どきりとさせられる存在感がある。ワンピース、ブーツ、右手首には包帯というおろちルックがハマってます。いいですよ。

 音楽は川井憲次。
 ホラータッチは控え目で、湿度のある音楽を提供しています。メインテーマとなる「おろちのテーマ」が出色。ミステリアスで哀感がある、川井憲次節と川井サウンドにしびれます。
 劇中歌われる童謡「またあした」と、昭和流行歌「新宿烏」の作曲も川井憲次。こういう歌を書かせるとふしぎに器用なのが川井さんなのです。

 しかし、「またあした」はサントラに収録されていますが、谷村美月歌う「新宿烏」は未収録。『おろち』DVDの初回特典CDでのみ聴けるのです。ええ、DVDも買いましたよ。

 川井憲次の音楽とともに映画の印象と余韻を深めているのが、エンディングロールにながれる主題歌「愛をする人」。シンガーソングライターの柴田淳が作詞・作曲し歌っています。この主題歌は、タイアップではなく、この映画のために書き下ろされた曲。もともと楳図ファンだという柴田さんはデモを5曲も作ってきたそうで、作品への入れ込みぶりがうかがえます。それだけの想いを感じさせる歌になっている。
 サウンドトラックには、その「愛をする人」もフルコーラスで収録。音楽と歌で濃厚な『おろち』の世界にひたれます。

おろち オリジナル・サウンドトラック

 : おろち オリジナル・サウンドトラック

おろち DVD [初回限定特典つき]

 : おろち オリジナル・サウンドトラック

« おかえり小枝…弓原七海「Seventh Sea」 | トップページ | アニメソングナイト決定! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川井憲次、楳図かずおに挑む…「おろち」:

« おかえり小枝…弓原七海「Seventh Sea」 | トップページ | アニメソングナイト決定! »