Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

サントラシングルの復権!?「劇場版 天元突破グレンラガン 螺巖編」

 映画『劇場版 天元突破グレンラガン 螺巖編』のサントラがシングルCDで発売されました。

 サントラなのにシングル!? そう、収録されているのは劇中曲が3曲。岩崎琢さんが映画のために新たに書き下ろした新曲です。

 新曲・旧曲含め、劇場版フルサントラを1枚作るという選択肢もあったでしょうが、TV版サントラを持っている人には、これはこれでうれしい1枚。
 公式サイトでは岩崎さん自身による曲解説もアップされています(試聴もできます)。

 サントラがシングルCDで発売されることは珍しい。記憶に残る例では、日向大介によるTVドラマ『三姉妹探偵団』のサントラがシングルCDで発売されたことがあるくらい(主題歌アレンジBGMを収録した『仮面ライダーカブト』主題歌シングルのような例もありますが、あれは、あくまで主役は歌でした)。

 でも、考えてみれば50年代から70年代前半頃には、TVドラマ音楽や映画音楽の、歌ものでないインストゥルメンタルのシングル盤ってあたりまえにあったんですよ。「シングル盤で聴いて気に入ったからフルアルバムを買おう」ということも頻繁にありました。
 それだけ、「歌ものでない音楽(インスト=器楽曲)」の魅力とパワーがあったように思います。

 いまやサントラもネット配信で売られる時代。つまり、曲単体で買われる時代です。だから、この、「サントラをシングルで」というのは、新 しい可能性のある試みかもしれません。これなら、「サントラは出ているけれど、その後録音された追加音楽が発売されない」といった不満もうまく解消できる かもしれない。
 なんてことを思う1枚でした。
 もちろん、『グレンラガン』ファン、岩崎琢ファンは必ず買ってくださいね。


<収録曲リスト>

  1. そのまま黙って燃えてくれ~天におわす神
  2. お約束と言う事で、ひとつ
  3. 俺の×××は宇宙一

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 サウンドトラック・プラス

 : 劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 サウンドトラック・プラス

2009年5月22日 (金)

「ナースのお仕事」のスタッフ・キャストが送る「BABY BABY BABY!」

 5月23日(明日!)から公開される映画『BABY BABY BABY!』のサントラの仕事をしました。

 『BABY BABY BABY!』は、観月ありさ主演、両沢和幸監督の“出産エンタテインメント”映画。観月ありさ以外にも、松下由樹、伊藤かずえ、神田うの、吉行和子、藤木直人ら、『ナースのお仕事』の出演者が多数参加しています。
 個人的には斉藤由貴が出演しているのに注目。

 そして、音楽は鴨宮諒。
 元・ピチカートファイヴのメンバーで、『ナースのお仕事』シリーズすべての音楽を担当。マンシーニやバカラックをほうふつさせる、スキャットやフルート、ヴィブラフォンなどを使ったしゃれた音楽で評判を呼びましたね。

 しかし、今回の『BABY BABY BABY!』の音楽に同じようなおしゃれなテイストを期待すると拍子抜けするかもしれません。

 ピアノ、ギター、オルガン、マリンバなどを中心にした、シンプルな編成。ダバダバ・スキャットはなく、メロディアスであたたかい音楽になっています。
 でも、そのストイックともいえる音楽が、映画が必要以上に浮わついた印象になるのを抑えて、とてもいいのです。コメディではあるけれども、出産という人生の大切なイベントを扱ったこの映画には、笑いを守り立てる音楽よりも、ドラマに寄り添った音楽が必要だったのでしょう。
 なかでも、メインテーマとして使われるワルツ「Mama’s Waltz」が秀逸です。

 鴨宮さんの『ナースのお仕事』の音楽は、90年代のドラマ音楽に大きな影響を与えたと思うんです。そんな鴨宮さんの仕事を、ピチカート時代、マンナなどの音楽ユニット時代、『ナースのお仕事』時代、と振り返るよい機会でした。ピチカート・ファイヴといえば、『学校へ行こう!』サントラ、小西康陽による『シュガシュガルーン』サントラといった映像音楽の仕事の流れもあるので、いずれ検証してみるのも面白いかも(すでに誰かやっていそうです)。

 サントラ盤は公開に先駆けて、先週から発売中。映画をご覧になった方も、まだの方も、ぜひ手にとってみてください。

BABY BABY BABY! オリジナル・サウンドトラック

 : BABY BABY BABY! オリジナル・サウンドトラック

ナースのお仕事3+ ベスト・サウンドトラック
 これまでのシリーズの代表曲も網羅した2枚組ベスト盤。観月ありさ歌う主題歌も収録。

 : ナースのお仕事3+ ベスト・サウンドトラック

2009年5月18日 (月)

5月16日 「交響曲宇宙戦艦ヤマト」25年ぶりの再演!

 5月16日、東京芸術劇場で開催された、大友直人プロデュースによる東京芸術劇場シリーズ第100回コンサートに足を運びました。

 大友さんが1992年から続けているこのシリーズ、100回目となる節目のコンサートは、同時代の映像音楽ばかりを選んだ意欲的な内容でした。

 「今生きている音楽をいっしょに楽しんでいただこう」という趣旨で、あえて、クラシックの大曲ではなく、映像音楽を選んだとのこと。

 目玉は、羽田健太郎作「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」の25年ぶり、初演と同じ大友直人指揮による再演です。

 第1部は、
 ・坂本龍一『戦場のメリークリスマス』テーマ曲
 ・三枝茂彰『太平記』から「はかなくも美しく燃え」、『優駿 ORACION』から“誕生”
 ・服部隆之『華麗なる一族』メインテーマ
 と小品中心の内容。

 三枝さんの作品はCDで聴いているとあまりわからないのですが、演奏会を見ると、なかなか難しい作品。シンプルな曲に思えて、ヴァイオリンの譜面は真っ黒でした。
 『太平記』からの曲は、オリジナルでは胡弓のソロが入りますが、今回は、ヴァイオリン(大谷康子)ソロで胡弓風に演奏。
 『優駿 ORACION』“誕生”と『華麗なる一族』メインテーマは合唱付きでの演奏でした。

 休憩をはさんで第2部が羽田健太郎作曲の「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」です。

 羽田先生がヤマトのモチーフをもとに書きあげた4楽章の交響曲。1984年にNHK交響楽団の演奏で初演され、レコード/CDと映像ソフト(ビデオ、LD、のちにDVD)になりました(演出は実相寺昭雄監督)。

 以来、一度も再演されてないのですね。

 そもそも、羽田先生が「楽譜はぜんぶチリ紙交換に出した」と言っていたので、この曲の譜面も残っているかどうか心配だったのですよ。
 さすがに演奏用作品なので、どこかに残っていたのでしょう。
 今回が25年ぶり、2度目の演奏ということになります。

 席が前のほうだったのでステージの譜面が見えたのですが、表紙には、

 「ヤマト交響曲
  KENTARO HANEDA」

とデカデカと書かれていました。
 これが羽田先生が作曲時につけていたタイトルだったようです。

 初演時は、川島和子(ヴォーカリーズ)さんと徳永二男さん(ヴァイオリン)、羽田先生自身(ピアノ)がソリストを務めましたが、今回は、ソプラノ:安井陽子さん、ヴァイオリン:大谷康子さん、ピアノ:若林 顕さんの3人がソロを担当しています。

 クラシックコンサートにはめずらしく、大友直人さんがマイクを持って羽田先生とこの交響曲のことを語っていたのが印象的。
 羽田先生、宮川先生と大友さんが、いっしょに音楽を作り上げていたそうなのですね。
当時、ものすごく苦労して書きあげたという話を、私も羽田先生から直接うかがったことがあります。
 第100回という節目にこの曲を取り上げた思いが伝わりました。

 初演当時20代だった大友さんも、すでに50歳。25年を経て、初演よりもよく練られた、奥行のある力の入った演奏になったと思います。ことにヴァイオリンとピアノのドッペルコンチェルトの形式で演奏される最終楽章「明日への希望」は2人のソリストとオーケストラ渾身の迫力ある演奏でした。

 アンコールは冨田勲の『新日本紀行』のテーマ。
 これも大友直人指揮、東京交響楽団の演奏でCD化されている作品です。
 ぜいたくな余韻に包まれたコンサートでした。

 それにしても、この「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」、今手に入る映像・音楽ソフトがないのが、なんとも残念。

 紙ジャケット、りマスタリングで復刻された「宇宙戦艦ヤマト」生誕30周年記念CD-BOX(10枚組)もすでに入手困難。2005年に再発されたDVD版も同じです。
 再発が困難なら、今回のような貴重な再演の機会にレコーディングしてリリースしてくれたら…。


<set list>

第1部

  1. 坂本龍一 映画『戦場のメリークリスマス』テーマ曲
  2. 三枝茂彰 NHK大河ドラマ『太平記』から「はかなくも美しく燃え」(藤夜叉のテーマ」
  3. 三枝茂彰 映画『優駿 ORACION』より“誕生”
  4. 服部隆之 テレビドラマ『華麗なる一族』からメインテーマ(原典版)

第2部

 羽田健太郎(テーマ・モチーフ:宮川 泰)
 交響曲「宇宙戦艦ヤマト」
 Grand Symphony Yamato

  第1楽章「誕生」
  第2楽章「闘い」
  第3楽章「祈り」
  第4楽章「明日への希望」

アンコール

  • 冨田 勲 『新日本紀行』テーマ曲

 指揮:大友直人
 東京交響楽団

 ヴォカリーズ:安井陽子(ソプラノ)
 ヴァイオリン:大谷康子
 ピアノ:若林 顕
 混声合唱:東響コーラス


新日本紀行/冨田勲の音楽
 大友直人指揮、東京交響楽団の演奏で「新日本紀行」を収録。

 : 新日本紀行/冨田勲の音楽

華麗なる一族 オリジナル・サウンドトラック
 服部隆之指揮、ロンドンフィルハーモニア管弦楽団の演奏。

 : 華麗なる一族 オリジナル・サウンドトラック

2009年5月17日 (日)

5月9日 鮎川麻弥 Acoustic Live!! ~spring~ @赤坂GRAFFITI

 鮎川麻弥さん、今年初のソロ・ライブは、2回目となる“Accoustic Live”。5月9日、赤坂GRAFITTIで開催されました。

 前回のライブが好評だったので、今回もバックはキーボードとギターだけのシンプルな編成。Mami's Voiceがたっぷりと楽しめるライブです。

 1部は白いドレスでキュートに、2部はオレンジのTシャツにベスト、黒いパンツというアクティブなスタイルで登場。20曲をたっぷり聴かせてくれました。

 今年はデビュー25周年となる鮎川さん。25年間、病欠が1回もないのが自慢だそうです。

 「3歳から歌い始めているけれど、歌っても歌っても、歌は奥が深い」

と歌への思いを語っていました。

 今回歌った曲では、1秒差で勝敗が分かれるレースの世界を題材にしたという「1 Second」、美しいヴォーカリーズが印象的だった「G線上のアリア」、生で歌うのは放映当時以来という「傷ついたジェラシー」(『重戦機エルガイム』挿入歌)などが心に残りました。
 アンコールはおなじみ「L-O-V-E」と「おやすみの微笑み」で。心地よい余韻の残るライブでした。

 今年は25周年記念ライブも予定しているそうなので、ファンは目が離せませんよ。


<set list>

1st set

  1. ここから
  2. 土曜日の恋、日曜日の朝
  3. Approach
  4. Good-bye to love
  5. LONG DISTANCE #813
  6. 宵やみはスローに…
  7. 1 Second
  8. STAR DUST BLUE
  9. 愛しいあなたはここにいる

2nd set

  1. G線上のアリア
  2. Change The World(エリック・クラプトン)
  3. やさしく歌って(ロバータ・フラック)
  4. 傷ついたジェラシー
  5. イリュージョンをさがして
  6. 星空のBelieve
  7. 風のノー・リプライ
  8. 夢見る頃を過ぎても
  9. Jump Up
  10. I LOVE YOU

アンコール

  • L-O-V-E
  • 「おやすみ」の頬笑み

鮎川麻弥公式ブログの鮎川さんコメントつきセットリスト


愛しいあなたはここにいる  [Maxi]
 「愛しいあなたはここにいる」「「おやすみ」の頬笑み」を収録。

 : 愛しいあなたはここにいる

ビューティ・パワー・スーパー・セレクション / 鮎川麻弥べスト
 「傷ついたジェラシー」「イリュージョンをさがして」「星空のBelieve」「風のノー・リプライ」を収録。

 : ビューティ・パワー・スーパー・セレクション / 鮎川麻弥べスト

2009年5月 4日 (月)

アニソンナイト収録終了!

 5月3日、NHKふれあいホールにて「BS熱中夜話」<アニソンナイト>の収録が行われました。

 来場いただいたみなさん、ありがとうございます。

 私は田中公平さん、唐沢俊一さんとともに、第1部(第1夜)に出演しました。
 第1部は水木一郎、堀江美都子のお二人をゲストに送る、カリスマシンガーナイト。

 司会は、びびる大木、田丸麻紀のお二人。ほかに喜屋武ちあきさんが1部・2部通しで出演しています。

 冒頭の自己紹介で「アニメソングが青春の歌だった」と話しましたが、これは掛け値なしで、ほんとに、高校生のころって、同級生がロックやニューミュージックを聴くようになっても、アニメソングやサントラばかり聴いてたんですよ。
 だから、今回の収録はとても幸せな2時間でした。

 歌もたっぷり聴けたし。

 収録の中ではじめて聞く裏話もありました。

 あと、80年代生まれの喜屋武ちあきさんが70年代のアニソンに詳しいのにびっくり。

 どんな曲が取り上げられたかは… 放送をお楽しみに!

 そして第2部(第2夜)は客席で観覧させていただきました。

 田中公平さん、神前暁さんの2人がメインで、新しいアニメの作曲家を語る<新世代作曲家ナイト>。
 菅野よう子、田中公平、神前暁の3人を分析する1夜です。

 これは、そうとうマニアックな内容ですよ。
 すばらしく面白かった。

 作曲家が作曲家を語るという、かつてない趣向。
 公平先生の菅野よう子分析なんて、ほかでは聞けません。

 神前暁さんが、自身の曲の構造を音源を示しながら解説するコーナーも、音楽づくりに関わっている人にはたまらなく興味深いのではないでしょうか。

 第1部も面白かったんですが、それでも予想の範囲内の面白さなんですよ。
 第2部は予想不可能の面白さでした。

 NHKおそるべし。

 May'n、福山芳樹の二人の生歌もすばらしかった。

 視聴者がついてこれるのか…、それだけが心配です…(笑)

 出演者・スタッフのみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。

 放送は、

 NHK BS2
  第1部 5月22日(金) 20:00~20:44
  第2部 5月29日(金) 20:00~20:44

 NHK BS hi
  第1部 5月25日(月)17:00~17:44
  第2部 6月 1日(月)17:00~17:44

見られる方はお見逃しなく!

☆出演者のブログ

堀江美都子公式ブログ Micchi's Hoihoi Days

喜屋武ちあきオフィシャルブログ きゃんちまいんち

2009年5月 2日 (土)

不意打ちの感動「涼宮ハルヒの弦奏」

 4月29日に厚生年金ホールで開催されたコンサート「涼宮ハルヒの弦奏」に足を運びました。

 アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の音楽をオーケストラで演奏するという企画です。
 いったいどんな…?と開演までクエスチョンマークが頭を離れません。
 『ハルヒ』らしい悪ノリなのか、大まじめなのか。 始まってみるまで中身が読めないコンサートははじめて。

 ところが、

 これが、意外にもすばらしかった。

 その実態は、『ハルヒ』の歌曲とBGMをオーケストラ・アレンジで聴かせるコンサートでした。

 まず、ステージに並んだオーケストラの人数に圧倒されます。
 弦だけで14,12,10,8,6の50人。ぜんぶで80人以上の編成です。
 金管が3管、木管が2管ずつ。ホルンが4人。パーカッションが5人。 これにピアノとハープが加わります。最大規模のときには、木管も3管、ホルンが8本に増員。
 リズム隊(E.ベース、ギター、ドラムス)を置かない、本格的なクラシックの編成ですよ。

 1曲目「恋のミクル伝説」の演奏が始まると、精緻できらびやかなアレンジに衝撃を受けました。
 不意打ちの感動です。
 「これは本気だ…」とテンションが上がってくるのがわかる。

 この日演奏されたのは全15曲。そのうち、ヴォーカルが入った曲は、平野綾が歌う「冒険でしょでしょ?」「Lost my music」「God knows...」と茅原実里が歌う「雪、無音、窓辺にて。 」の4曲のみ。
 あとは、オーケストラによる演奏でした。
 アニメ・コンサートにありがちの、スクリーンに映像を映す演出はいっさいなし。
 音楽重視の、ストイックな、聴き応えのあるコンサートでした。

 1800人入る会場の厚生年金ホールは満席。開場早々、売店のグッズは売り切れが続出。相変わらずの『ハルヒ』人気を実感させられます。
 しかし、演奏中は騒ぐ人もなく、みなさん礼儀正しく聴いていました。やはり、クラシック編成のコンサートとなると雰囲気が違うのでしょうか。

 曲の合間に『ハルヒ』の劇中音楽を担当した作曲家・神前暁(こうさき・さとる)さんがステージに登場して、演奏曲を解説してくれる趣向でした。これがなかなかよかった。『ハルヒ』は単体でサントラ盤が発売されていないので、この解説がないと、曲名やどんなシチュエーションで使われた曲かわからないところでした。

 それにしても、あるときはジャジーに、あるときはポップに聴かせるアレンジのみごとなこと。いったい誰が??? よほどオーケストラの鳴らし方を知ってる人です。
 最初は神前さんがアレンジもやっているのかと思っていたのですが、どうもMCを聞いているとそうではないらしい。
 これだけ鳴らせるのは、山下康介さんか大島ミチルさんか…。

 などと思っていたのですが、終演後、神前さんに話をうかがって氷解。
 「イマジンの作家チームがアレンジしてくれた」とのこと。
 イマジンは、田中公平先生が所属する事務所。そのイマジンの、浜口史郎さん(『ファイナル・ファンタジー』『ブルードラゴン』)、松尾早人さん(『黄金勇者ゴルドラン』『よみがえる空』)ら、ピンで活躍するそうそうたる作家陣がアレンジを担当したのだそうです。

 なんとぜいたくな。

 「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」の『ハルヒ』版とでも言うべきでしょうか。

 オリジナルとは違うけれど、鑑賞用にグレードアップし、新たな魅力を付加した演奏会ヴァージョンというわけです。でも、アニメファンにクラシカルなオーケストラのすばらしさを知ってもらうという意味でも、こういう企画は「あり」と思います。
 『ハルヒ』ファンならずとも、純粋に音楽コンサートとして楽しめるイベントでした。

 6月24日にランティスからライブ盤が出るようです。
 単体サントラが発売されていない「ハルヒ」としては、初の音楽集アルバムということになります。
 作曲の神前さんは、『ハルヒ』以外にも『らきすた』『かんなぎ』などの人気作品の音楽を担当しているのですが、いずれも、単体のサントラCDが発売されていない。そういう意味でも、今回のライブ盤が発売される意義は大きいでしょう。

 今回は取材で行ったので、バックステージで指揮者、ソリスト、声優さんらの談話を聞きました。
 近々、Webニュータイプにレポートを掲載する予定なので、詳しい曲紹介などはそちらをお楽しみに。


<Set List>

第1部

  1. 恋のミクル伝説
  2. いつもの風景~激烈で華麗なる日々
  3. 最強パレパレード(作曲:田代智一)
  4. 悲劇のヒロイン~非日常への誘い~ビーチバカンス
  5. 好調好調~みくるのこころ~小さくても素敵な幸せ~おいおい~コミカルハッスル
  6. 冒険でしょでしょ?(ヴォーカル:平野綾/作詞:畑亜貴/作曲:冨田暁子)
  7. ショスタコーヴィッチ「交響曲第7番 レニングラード」第1楽章より

第1部

  1. 素直な気持ち~ある雨の日~ハルヒの想い
  2. ザ・ミステリアス~朝倉涼子の真実~冬の足音
  3. Lost my music(ヴォーカル:平野綾/作詞:畑亜貴/作曲:神前暁)
  4. SOS団始動~何かがおかしい
  5. 雪、無音、窓辺にて。(ヴォーカル:茅原実里/作詞:畑亜貴/作曲:田代智一)
  6. のどかな商店街~ユキ登場~ピンチっぽい!~ミクル変身!そして戦闘!~大円団
  7. ハレ晴レユカイ(作曲:田代智一)

アンコール

・ God knows...(ヴォーカル:平野綾/作詞:畑亜貴/作曲:神前暁)

 音楽:神前 暁(特記を除く)

 指揮:Philip Chu/東京フィルハーモニー交響楽団


涼宮ハルヒの弦奏
 ライブ録音盤。6月24日発売。

2009年5月 1日 (金)

珍しく洋画のお仕事「永遠の映画音楽大全集」

 これは2007年にした仕事なのですが、ようやく商品が発売されたので紹介します。

◎『永遠の映画音楽大全集』CD12枚組

 ユーキャンの通信販売限定商品です。

 50年代から90年代頃までの映画を中心に、映画音楽の名曲をコンピレーションしたCDセット。
 この手の商品は演奏がオリジナルでなくてがっかりすることが多いのですが、今回のものは、オリジナル・サウンドトラックとオリジナル・ヒット(ビクター・ヤング・オーケストラの『エデンの東』など、当時ヒットした演奏)にこだわって収録した、サントラファンにも魅力あるアルバムになっています。

 私は付録の鑑賞ガイド「銀幕の思い出」に参加しました。
 担当したのは、渡辺俊幸インタビューと作曲家紹介、映画音楽史コラム、あわせて11ページ分。
 作曲家紹介は、ヘンリー・マンシーニ、ビクター・ヤング、ニーノ・ロータ、フランシス・レイ、エルマー・バーンスタイン、モーリス・ジャール、エンニオ・モリコーネ、ディミトリ・ティオムキンの8人を担当しています。

 「音楽の原体験は映画音楽」と折に触れ言ったり書いたりしている私にとって、この仕事はまさに原点を振り返ることのできた仕事でした。紹介文を書いた作曲家は、いずれも小学生の頃から親しんでいる作曲家ばかり。自分なりの思い入れがありました。また、改めてそのバイオグラフィーを調べることができたのはよい勉強になりました。

 1洋画ファンとしてうれしかったのは、鑑賞ガイドに掲載されている声優座談会と納谷悟朗インタビュー。座談会は内海賢二、野沢那智、鈴木弘子、池田昌子という吹替えファンにはたまらないメンバーです。

 28,900円とやや高額の商品ですが、CD12枚と思うととってもお買い得。映画音楽ファンはもとより、これから映画音楽を聴いてみたいと思っている方にも、格好のアイテムだと思います。

永遠の映画音楽大全集
 

Screenmusic Screenmusic_book

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »