Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« こんなところにも冬木透 | トップページ | 串田アキラ40周年記念トーク&ライブ! »

2009年6月10日 (水)

生誕100年 「バリー・グレイ作品集」日本版登場!

 イギリスのサウンドトラック専門レーベル<SILVA SCREEN RECORDS>からこの4月に発売されたバリー・グレイ作品集 “STAND BY FOR ACTION! - THE MUSIC OF BARRY GRAY”の日本版が、早くも6月3日にリリースされました!

 バリー・グレイは、『サンダーバード』『キャプテンスカーレット』『謎の円盤UFO』など、一連のジェリー・アンダースン作品で知られた作曲家です。ダイナミックで高揚感たっぷりの音楽は日本の特撮ドラマ音楽にも大きな影響を与えました。1908年生まれ、1984年死去。昨年2008年が生誕100年にあたり、11月8日にロンドンのロイヤルフェスティバルホールで記念コンサート"Barry Gray Centenary Concert"が開催されました。
 ということは、1965年の『サンダーバード』はバリー57歳のとき、1970年の『謎の円盤UFO』は62歳のときの作品なんですね。今でも魅力を失わないその音楽の瑞々しさには、感動するばかりです。

 さて、今回のリリースは、バリー・グレイのジェリー・アンダースン作品の音楽を集大成したコンピレーション。全40曲の中には初リリースの曲も含まれ、ファンにはたまらない1枚となっています。

 特に目玉となっているのが、『謎の円盤UFO』と『宇宙船XL-5』からの曲。オリジナル盤には"First Commercial Release"と謳われています。一般流通の商業リリースでは初ということで、これまで手軽に聴けなかった貴重な音源です。しかも、テーマ曲だけでなく劇中曲も収録されているので、ドラマを最大限に盛り上げるバリー・グレイ音楽の醍醐味を楽しむことができます。ブックレットに、バリー・グレイ研究で知られるRalph Tittertonの曲解説が翻訳・掲載されているのも日本のファンにはありがたいところ。

☆Amazon.co.ukの商品紹介ページ。視聴できます。

 同じ発売日で「サンダーバード・コレクション」という3枚組CDセットも発売。こちらもオリジナルは<SILVA SCREEN RECORDS>から発売されていたアルバムです。
 SILVAからは"Thunderbirds Original Soundtrack Vol.1"と"Vol.2"が発売されていました。その2枚をセットにしたのが、日本で発売された2枚組。その後1999年に、SILVAから、放映40周年記念アルバム、"THE BEST OF THUNDERBIRDS"(2枚組)がリリースされています。今回のセットは、これまで発売されたSILVAの3タイトルを3枚のCDに構成し直したもの。DISC1とDISC2は過去の2枚組と同じ内容で、DISC3が"THE BEST OF THUNDERBIRDS"からの追加曲集になっています。
 DISC3はエンハンスト仕様になっていて、パソコンで再生すると、サンダーバードのオリジナルプレス資料やパンフレットなどを収録したフォトブックが閲覧できます。これも"THE BEST OF THUNDERBIRDS"に収録されていたコンテンツですが、各資料の表紙だけでなく中ページも読めるようになっているので、ファンにはうれしい内容です。
 以前の2枚組と"THE BEST OF THUNDERBIRDS"を持っている人にはダブりになってしまいますが、今回はHQCD仕様で音質も向上しています。買って損はないかもしれません。

 両タイトルとも、『アルプスの少女ハイジ オリジナル・サウンドトラック』のランブリングレコーズからの発売。日本語オリジナル解説は映画ライターの竹之内 円氏。


<"STAND BY FOR ACTION: バリー・グレイ作品集" 収録曲>

『ウエスタン・マリオネット 魔法のけん銃』(1960)より
01. Main theme to Four Feather Falls – Opening title *
02. Four Feather Falls (song) Vocal: Michael Holliday

『スーパーカー』(1961)より
03. Mikes Theme (from Supercar) *
04. Supercar series 2 titles Vocals: The Mike Sammes Singers *
05. The Supercar Twist *

『宇宙船XL-5』(1962)より
06. Fireball XL5 opening titles *
07. This is the Twist *
08. Formula 5 *
09. I Wish I was a Spaceman – End titles Vocal: Don Spencer

『海底大戦争スティングレイ』(1964)より
10. Stand by for Action! *
11. Stingray titles Vocals: The Mike Sammes Singers
12. The Loch Ness Monster suite *
13. I've Got Something to Shout About (episode: Titan Goes Pop) Vocal: Gary Miller *
14. Aqua Marina (end titles) Vocal: Gary Miller

『サンダーバード』(1965)より
15. Thunderbirds titles
16. Desperate Intruder suite
17. Perils of Penelope suite
18. Thunderbirds end titles

『キャプテン・スカーレット』(1967)より
19. Century 21 sting
20. Captain Scarlet opening
21. The Mysteron Complex *
22. White as Snow
23. The Mysteron Theme (single – new stereo mix)
24. Captain Scarlet end titles – Spectrum version

『ジョー90』(1968)より
25. Joe 90 theme (commercial version – new stereo mix)
26. Balloon Flight (episode: Project 90)
27. Hijacked (commercial version – new stereo mix)
28. International Concerto Suite (edit)
29. Joe 90 end titles

『ロンドン指令X』(1969)より
30. The Secret Service theme – extended Vocals: The Mike Sammes Singers *
31. Operation Intercept *

『謎の円盤UFO』(1970)より
32. UFO opening titles *
33. SHADO – Variations on a Theme (Episode “Exposed”, inc interceptor launch) *
34. A Rose for Sylvia (Episode “Ordeal”) *
35. The Trip (Episode “The Long Sleep”) *
36. UFO end titles *

『スペース1999』(1975)より
37. Breakaway intro
38. Main titles extended
39. Ring around the Moon, Another Time Another Place, Black Sun, Matter of Life and Death
40. End titles

* First Commercial release

STAND BY FOR ACTION! バリー・グレイ作品集
 右はオリジナル盤ジャケット。

 : バリー・グレイ作品集 : THE MUSIC OF BARRY GRAY

サンダーバード・コレクション
 24ページ・ブックレット付き。

 : サンダーバード・コレクション

« こんなところにも冬木透 | トップページ | 串田アキラ40周年記念トーク&ライブ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生誕100年 「バリー・グレイ作品集」日本版登場!:

« こんなところにも冬木透 | トップページ | 串田アキラ40周年記念トーク&ライブ! »