Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 串田アキラ40周年記念トーク&ライブ! | トップページ | 「テイキングオフ!」幻の英語ヴァージョン »

2009年6月22日 (月)

「鉄腕アトム・音の世界」オリジナル・マスターテープから復刻!

 手塚治虫イヤー、そして、7月14日に開催される大野松雄ライブにちなんでということでしょうが、 1963年放映のアニメ『鉄腕アトム』のSE・音楽を収録したアルバム「鉄腕アトム・音の世界」が、6月24日に復刻発売されます。

 オリジナルLPレコードは、1975年にコジマ録音からインディーズ盤として発売。1979年にビクターから一般リリースされました。
 以来、過去に2度CD化されています。

 1度目がワーナーミュージック・ジャパンからの復刻発売。ただし、オリジナル盤に収録されていた「鉄腕アトムのテーマ」を割愛。
 2度目は、大野松雄作品集「大野松雄の音響世界(1)」への復刻収録。ただし、抜粋収録。

 そして今回の復刻になるわけです。初の全曲復刻になりますが、それ以上に見逃せない情報が。

 「第25回<東京の夏>音楽祭」サイト内の特設ページによれば、

「1998年にワーナーミュージック・ジャパンからCD化された際は、マスターテープ不明のため、LP盤から起こした音で収録されていました。」

 今回は、「発見されたオリジナル・マスターテープから、奇跡の完全復刻初CD化。」

「今回発見されたマスターテープは、コジマ盤とビクター盤の制作の際に使用されたものです。 」
「『鉄腕アトム』のために作られた個々の効果音はモノラル音源ですが、大野松雄氏は、レコード制作時に疑似ステレオ効果を駆使した独特なサウンド空間をデザイン・構成しました。 今回発見されたオリジナル・マスターテープには、こうした逆位相を含む大胆なサウンドが定着されていました。LP盤には逆位相が定着しづらいため、今回のCD化によって、初めて大野松雄氏が意図したオリジナル音源の世界をそのまま聴くことができます。「鉄腕アトムのテーマ」もオリジナル盤通りに収録いたします。」

とのことで、買いなおし必至でしょう。

 ただ、ワーナー盤CDでは1曲(1テーマ)1トラックの全72トラックで構成されていたものが、今回はLPそのままの全13トラックになっているので、ワーナー盤も手放せないという…。
 なかなか悩ましいです。

鉄腕アトム・音の世界
 右はワーナー盤ジャケット。

 : 鉄腕アトム・音の世界 : 鉄腕アトム・音の世界


 大野松雄ライブは、第25回<東京の夏>音楽祭内で開催。

 大野松雄が電子音響を担当した短編映画の上映もあります。

■日時:7月14日(火)19:00 18:30開場
■会場:草月ホール (→地図)
■チケット:全席自由:¥4,000

 プログラムはこちら

« 串田アキラ40周年記念トーク&ライブ! | トップページ | 「テイキングオフ!」幻の英語ヴァージョン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 串田アキラ40周年記念トーク&ライブ! | トップページ | 「テイキングオフ!」幻の英語ヴァージョン »