Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 6月4日 あにまーとないと 2009 Special@赤坂グラフィティ | トップページ | 生誕100年 「バリー・グレイ作品集」日本版登場! »

2009年6月 7日 (日)

こんなところにも冬木透

 今年は冬木透先生が音楽を担当した世界名作劇場『牧場の少女カトリ』が放映されて25周年になるんですが、サントラ復刻の動きはいまだなし。企画は出しているんですけれど…。希望されるみなさん、コロムビアさんにお便りを出してくださいね。

 4月に開催されたコンサート「冬木透 conducts ウルトラセブン」のライブ録音CDが6月3日に発売されました。MCは収録されていませんが、演奏された曲はすべて収録されていて、当日の感動がよみがえります。会場に足を運べなかった方もぜひ聴いてみてください。

 さて、この機会に、意外なところに収録されている冬木透作品を紹介してみましょう。

 フルート奏者の難波 薫さんのデビュー・アルバム『フルート・レヴォリューション』(2006)には2曲収録。「魔笛の主題による変奏曲」と「帰ってきたワンダバ」です。
 「魔笛の主題による変奏曲」は、冬木先生がTVドラマ『レモンのような女』(1976)第3話「燕がえしのサヨコ」(実相寺昭雄監督)のために書いた曲が原型。モーツァルトの歌劇『魔笛』の主題をフルートとピアノのための小品にアレンジした曲で、それを、モーツァルト生誕250年にちなんで加筆したのが、今回アルバムに収録されているヴァージョンです。
 「帰ってきたワンダバ」は、タイトルから推察されるとおり、『帰ってきたウルトラマン』(1971)の劇中曲をフルートとピアノのための小品にまとめた曲。メインタイトル曲M-63に続き、MATの主題をM-71風の悲壮感ただようアレンジで、続いてウルトラマンの主題をM-21風におだやかに聴かせ、ふたたびMATの主題が、こんどはM-1風に静かに響いて終わる構成。
 ブックレットには冬木先生のコメントも掲載されており、ファンには見逃せないアルバムでしょう。

 チェリッシュの2枚組ベスト『ベスト・ウィッシーズ』(2003)には、TVドラマ『鳩子の海』(1974)挿入歌メドレー「いま朝のうちに~かあさん~背伸びしないで」を収録。『鳩子の海』の挿入歌がレコード化されているとは知りませんでした。これは貴重な復刻です。冬木先生のおおらかで叙情的な曲にチェリッシュの美しいハーモニーがよく合っている。当時フィリップスから発売されていた主題曲シングルもCD化されるとよいのですが。ちなみに『鳩子の海』のテーマ曲は『ファイヤーマン』(1973)のM-28が原型になっています。
 このチェリッシュのベスト・アルバムには、ほかにも、冨田 勲作・編曲の「かあさんの四季」(TVドラマ『かあさんの四季』のテーマ)、坂田晃一作・編曲の「あの空へ帰ろう」(連続TV小説『雲のじゅうたん』主題歌)なども収録されていて、ドラマ音楽ファンにも見逃せません。歌謡曲ファンには筒美京平作品が多く収録されているのもポイント。

 ところで以前お知らせしたアルバム『ウルトラ・マエストロ シリーズ 第1集 冬木透 作品集』はどうやら発売中止になったようです。残念…。

フルート・レボリューション 難波 薫

 : フルート・レボリューション

ベスト・ウィッシーズ チェリッシュ

 : ベスト・ウィッシーズ

朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集
 『鳩子の海』のテーマ曲収録。残念ながらTVサイズです。

 : 朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集

冬木透 CONDUCT ウルトラセブン
 4月に開催されたコンサートのライブ録音盤。「交響詩ウルトラコスモ」「交響詩ウルトラセブン」が久々の新演奏で聴けます。

 : 冬木透 CONDUCT ウルトラセブン

冬木透 CONDUCT ウルトラセブン [DVD]
 こちらはDVD版。7月22日発売予定。冬木先生の指揮姿が見られます。

« 6月4日 あにまーとないと 2009 Special@赤坂グラフィティ | トップページ | 生誕100年 「バリー・グレイ作品集」日本版登場! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなところにも冬木透:

« 6月4日 あにまーとないと 2009 Special@赤坂グラフィティ | トップページ | 生誕100年 「バリー・グレイ作品集」日本版登場! »