Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 8月26日開催!<JCAAアレンジャーズ・サミット2009> | トップページ | シュトラウス一家の音楽会 »

2009年8月12日 (水)

「子どものための交響詩 ジャングル大帝」新録音プロジェクト

 1966年に発売された冨田 勲作曲・編曲によるアルバム『子どものための交響詩 ジャングル大帝』(監修:手塚治虫/構成:山本映一・田代敦巳・藤本祐三)を、アレンジに改訂を加えて新録音する計画が進んでいます。

⇒ 子どものための交響詩 ジャングル大帝 プロジェクト

 尚美学園大学 尚美総合芸術センターが進めているプロジェクトで、上記の特設ページによれば、

「子どものための交響詩ジャングル大帝」が持つアルバムコンセプトを活かし、2009年版として新たな編曲に加え、新録音、教材としての充実も図り、5.1chサラウンドによる新しい表現を織り込んだ「新作」として尚美総合芸術センターが原盤(レコード)を制作する

ということだそうです。

 7月のSF大会のイベントでも語ったのですが、『子どものための交響詩 ジャングル大帝』は2回CD化されているものの、すぐに廃盤になり、現在は容易に聴くことができません。
 今回のプロジェクトは、もちろん、冨田 勲先生本人の新編曲によるもの。演奏も、1966年のアルバムを録音した日本フィルハーモニー交響楽団が担当するそうですので、21世紀の録音技術による新たな『交響詩 ジャングル大帝』が生まれるのでは、と期待が高まります。
 なにより、この名作がまたCDで聴けるようになるのがうれしい。

 発売は10月下旬を予定しているとのこと。
 詳細わかれば、またお知らせします。

 
 1985年にCD化された際のジャケット。LPとはイラストが異なります。

« 8月26日開催!<JCAAアレンジャーズ・サミット2009> | トップページ | シュトラウス一家の音楽会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子どものための交響詩 ジャングル大帝」新録音プロジェクト:

« 8月26日開催!<JCAAアレンジャーズ・サミット2009> | トップページ | シュトラウス一家の音楽会 »