Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月22日 (木)

21世紀の菊池節と宙明サウンドが1枚に!

 いや~、21世紀にこんなアルバムが発売されるなんて。

 三越カルチャーサロンで紹介したアルバムです。

 菊池俊輔先生と渡辺宙明先生の最新楽曲が1枚に収められた、時代を超えた1枚!

 「コロちゃんパック 侍戦隊シンケンジャー」第3弾。

 菊池先生が「六人の侍」、宙明先生が「侍変形!ダイカイオー」を作曲しているんですよ。
 「六人の侍」は菊池先生には珍しいく曲先の歌で、歌唱は松原剛志さん。
 「ダイカイオー」は宙明先生自身の編曲。歌は宮内タカユキさん!

 待っていれば「全曲集」にも収録されると思いますが、これは記念に持っておきたいなぁと思って買ってしまいました。

コロちゃんパック 侍戦隊シンケンジャー(3)

 : コロちゃんパック 侍戦隊シンケンジャー(3)

2009年10月21日 (水)

三枝成彰の「鉄腕アトム」復活!

 今年は手塚治虫イヤーということで、いよいよこの作品のサントラが復刻されましたよ。

 1980年版『鉄腕アトム』!

 オリジナルメーカーであるフォーライフからの復刻発売。ジャケットは新デザインです。

 三枝成彰初のアニメ作品であるこのアルバム、一度CD化されたことはありますが、諸般の事情ですぐに廃盤に。復刻が待たれていました。

 聴きどころはフュージョン風にアレンジされた主題歌。そして、今聴いてもカッコいい挿入歌やBGMの数々。のちの『機動戦士Zガンダム』の三枝先生とは一味違うサウンドです。
 キーボードで難波弘之さんも参加しています。

 高音質のSHM-CDでよみがえる'80年アトムサウンド。その21世紀っぽい音にぜひ耳を傾けてみてください。

※補記2009.10.21
 どうやら、オリジナルLPから1曲カットになっているようです。アトラス寺西歌う挿入歌「裏返しの友情」が割愛されました…。せっかくの復刻なのに、完全版でないのは残念です…。

鉄腕アトム オリジナル・サウンドトラック

 : 鉄腕アトム オリジナル・サウンドトラック

2009年10月20日 (火)

「ロボットアニメ大鑑」詳細発表!

 すでに話題になっているスターチャイルドの「ロボットアニメ大鑑」。特設ページに詳細が発表されましたね。

 ロボットアニメ大鑑特設ページ

 発売日は11月26日。
 サンライズ編とその他編上下巻の3タイトルの商品構成です。

 『サンライズ ロボットアニメ大鑑』3枚組57曲入り
 『ロボットアニメ大鑑 上巻』2枚組35曲入り
 『ロボットアニメ大鑑 下巻』2枚組34曲入り

 3タイトル合計で、CD7枚、126曲のボリューム。これまでの「スタチャのあの曲がなかなか手に入らない・・・」という不満を一気に吹き飛ばす快挙です。

 聴きどころは、宙明先生の『最強ロボ ダイオージャ』、ハネケンの『宇宙戦士バルディオス』(マスターからの収録!)、冬木透先生の『太陽の牙ダグラム』などなど。
 池田鴻歌う『グロイザーX』はスターチャイルド時代以前の作品ですが、パワフルな歌唱が耳に残ります。
 『サイコアーマー ゴーバリアン』や『星銃士ビスマルク』など、陽のあたらない名曲にも注目。
 「J9」シリーズや『魔境伝説アクロバンチ』『超攻速ガルビオン』などの国際映画社作品も網羅されています。

 今回はテレビシリーズのみで劇場版やOVAは割愛されていますが、本タイトルの売れ行き次第では可能性があるでしょう。

 ジャケット画は、3タイトル合わせると1枚の絵になるデザインになっています。ここは、ぜひ思い切って3タイトルともそろえたいですね。

サンライズ ロボットアニメ大鑑

 : サンライズ ロボットアニメ大鑑

ロボットアニメ大鑑 上巻

 : ロボットアニメ大鑑 上巻

ロボットアニメ大鑑 下巻

 : ロボットアニメ大鑑 下巻

 収録曲は下記参照。

続きを読む "「ロボットアニメ大鑑」詳細発表!" »

2009年10月19日 (月)

カルチャーサロン、ご来場ありがとうございました!

 18日、三越カルチャーサロン「大人のアニメ学 人気アニメ主題歌の秘密にせまる」 、無事終了しました。

 ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

 今回の講義では、アニメソング(主にテレビアニメ主題歌)の歴史40年を追いながら、その変遷と各時代の代表的な作曲家の仕事を紹介しました。

 アニメソングの魅力と、アニメソングを作った人々の工夫や熱意を少しでも伝えられることができたなら、本当にうれしいです。

 また機会があれば、お会いしましょう~

2009年10月13日 (火)

いよいよ今週末! 三越カルチャーサロン「大人のアニメ学」

 三越カルチャーサロンの一日講座、いよいよ今週末10月18日開催に迫ってきました。


<大人のアニメ学 人気アニメ主題歌の秘密にせまる>

●日時:10/18(日) 14:30~16:30

●講師:腹巻猫(劇伴倶楽部 音楽ライター)

●会場:日本橋三越本店 新館9階 三越カルチャーサロン

●受講料:2,625円

 Animegaku_2


 講座では、アニメソング・ヒストリー、アニメソングを作った作家紹介などをお話ししようと思っています。

 申し込みはお電話で。

 TEL : 03-3274-8595 カルチャーサロン (午前10時~午後7時)

 下記も参照ください。

 三越カルチャーサロン 一日講座のご案内

 一日講座・短期講座は入会金不要です。
 ※各講座ともに会期3日前までにお申込ください。
 ※満員になり次第締め切らせていただきます。
 ※お申し込みが一定数に達しない場合は、中止にさせていただきます。

2009年10月12日 (月)

「交響詩ジャングル大帝」改訂版いよいよ発売!

 以前このブログでもお知らせした冨田勲先生の『交響詩ジャングル大帝』新録音プロジェクト。いよいよCDアルバムの発売が決まりました。

 10月21日、コロムビアより発売。タイトルは『交響詩「ジャングル大帝」<2009年改訂版>~白いライオンの物語~』となったようです。

 尚美学園大学のサイトに録音レポートが出ていますが、スタジオ録音だけでなく、マイクを野外に持ち出してのフィールド録音も行なわれています(効果音に使うらしい)。参加アーティストには綾戸智恵さんの名も上がっていますね。21世紀の新たな「交響詩ジャングル大帝」、どんな仕上がりになっているのか、発売日が楽しみです。

 来月11月18日には「冨田勲 手塚治虫作品 音楽選集」というタイトルの5枚組CD-BOXが発売予定。こちらはどんな内容なのか? 水面下で聞いた情報ではかなり充実&期待の内容になりそうですが…、オフィシャルの発表を待ちましょう。

交響詩「ジャングル大帝」<2009年改訂版> [CD+DVD]

 : 交響詩「ジャングル大帝」<2009年改訂版>

2009年10月11日 (日)

14年ぶりの復活!NHK連続人形劇「新・三銃士」

 『ひょっこりひょうたん島』『新八犬伝』『三国志』などの名作を生み出したNHK連続人形劇が14年ぶりに復活!
 デュマの原作を三谷幸喜がアレンジした『新・三銃士』です。

 放送は10月12日18:00よりNHK教育テレビでスタート。

 本編放送に先立って、教育テレビでは過去のNHK人形劇の紹介も含む特番「カウントダウン!! 新・三銃士」が10/5~10/9の期間放送されていました。10/12にその再放送がまとめてあるので見逃した方はぜひ。
 その前の時間帯にはNHK総合で、「祝!新・三銃士 まもなくスタートスペシャル」という特番も放送されるようです。

 10月12日(月)
  【NHK総合】
  8:35~ 9:00 「祝!新・三銃士 まもなくスタートスペシャル」

  【NHK教育】
  9:00~10:40 「カウントダウン!! 新・三銃士」 (全5回分連続)

 この音楽を担当しているのが、スパニッシュ・コネクション。ギター、ヴァイオリン、タブラの3人で結成されたフラメンコ音楽をベースにした音楽ユニットです。『三銃士』にスペインの音楽! 躍動感あふれる音楽になりそうで期待がふくらみますね。

 11月18日には、スパニッシュ・コネクションによる「新・三銃士 スペシャルライブ」が開催されます。人形劇音楽のライブとは貴重な機会。サントラ盤も同日発売です。興味ある方はぜひどうぞ。

 「新・三銃士 スペシャルライブ

 11月18日 Open 18:00/Start 19:30
 会場:STB139 スイートベイジル(六本木)
 料金:¥5000(税込み)
 出演:スパニッシュ・コネクション with フラメンコ・ストリングス
    伊藤芳輝(guitar)平松加奈(violin)吉見征樹(tabla)
      伊藤寛康(bass)海沼正利(percussion)
    会田桃子(violin)田中詩織(viola)三間早苗(cello)

 チケット予約:
  S T B 139      Tel:03-5474-0139 STB139 スイートベイジル
  ローソンチケット Tel:0570-000-777  Lコード / 76331

2009年10月10日 (土)

ハネケンの「宇宙戦士バルディオス」待望のCD化!

 ディスクユニオンの国際映画社作品サントラシリーズ(?)、いよいよ待望の『宇宙戦士バルディオス』が登場です。

 『宇宙戦士バルディオス』は1980年放映のTVアニメ。打ち切りによりTVでは物語は完結せず、1981年公開の劇場版でようやく結末が映像化されました。音楽はまだまだ作曲家としては新進気鋭だった羽田健太郎。『超時空要塞マクロス』や『スペースコブラ』に先立つSFアニメです。

 今回のリリースは、TV放映と映画公開時に発売されていた音楽集2タイトルを2枚組で発売するもの。BGMもハネケン作曲の挿入歌も初CD化です。劇場版ではハネケン×戸田恵子のコラボにも注目!

 残念なことに、マスタリングはアナログ起こしだそうで、音質的にはちょっと期待できないかもですが、ハネケンの名作の1つがCDで手軽に聴けるようになることをよろこびたいと思います。

 同時発売は「J9」シリーズ第3作、『銀河旋風サスライガー』音楽集。主題歌はおなじみ山本正之ですが、劇中音楽は久石譲に交代しています。『風の谷のナウシカ』に先立つ久石譲初期アニメ作品の1本としても貴重です。

 なお、『宇宙戦士バルディオス』のTV版主題歌・挿入歌は、11月26日にキングレコードから発売が予定されている「ロボットアニメ大鑑」にも収録予定。そちらはちゃんとマスターテープからの収録です。詳細についてはまたこんど。

宇宙戦士バルディオス音楽集

 : 宇宙戦士バルディオス音楽集

銀河疾風サスライガー音楽集

 : 銀河疾風サスライガー音楽集

映像音楽新世代の時代がやってきた!?

 澤野さんの記事を書いていて思ったのですが、このところ、80年前後生まれの作家たちの活躍が目覚ましい。

 この4月期にフジテレビ系で放映された天海祐希主演のTVドラマ『BOSS』の音楽を担当していたのは澤野弘之、和田貴史、林ゆうきの3人。生まれ年は、それぞれ、1980年、1979年、1980年。ゴールデンアワーのドラマの音楽担当としてはフレッシュな顔ぶれです。

 和田貴文は、作曲を栗山和樹に師事し、ゲーム制作会社でゲーム音楽づくりを経験したのち、映像音楽の道に進んだ人。

 林ゆうきは元男子新体操選手という変わった経歴の持ち主。自分の演技のための音楽を選曲するうちに、作曲するほうに進んでしまったそうです。新体操のための音楽づくりで名を知られるようになり、ドラマ『トライアングル』の音楽担当の1人に抜擢。これが評判になりました。

 『トライアングル』ではもう1人、テーマ曲を作曲・演奏したジャズピアニストの上原ひろみの存在も大きかった。タイトルバックを飾る、いかにも彼女らしいスリリングで才気あふれる音楽は、サントラ盤の聴きどころの1つになっています。
 その上原ひろみさんも1979年生まれの若い世代。ちなみに村松崇継さんも同世代です。いよいよ、ドラマ・映画音楽も新しい世代の時代に入ってきたのかー!? そんなことを感じる最近のサントラ事情でした。

トライアングル オリジナル・サウンドトラック
 2009年放映。上原ひろみの「Flash Back」と林ゆうきの「Cocoon」が出色。澤野弘之はサスペンス曲を主に担当。

 : トライアングル オリジナル・サウンドトラック

BOSS オリジナル・サウンドトラック
 2009年放映。コーラスをフィーチャーした音楽が天海祐希のイメージにみごとにハマっている。

 : BOSS オリジナル・サウンドトラック

澤野弘之のオリジナルアルバム「musica」

 ここ数年めきめきと頭角を現して来た若手作曲家として注目しているのが澤野弘之さんです。

 『医龍』『トライアングル』『魔王』など、シリアスなドラマ音楽で活躍。アニメでも、『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』『戦国BASARA』などの音楽を担当。そして、来春リリースされるガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムUC』の音楽も澤野弘之! 29歳でのガンダム音楽担当は、大橋恵さんと並ぶ最年少です。

 あと澤野さんといえば、TVドラマ・デビュー作『Ns’あおい』(福島祐子と共作)とほぼ同時に手がけていたのが雨宮慶太監督の『牙狼-GARO-』(BUDDY ZOOほかと共作)ということで、特撮ものにも縁が深いのですね。

 その澤野弘之さんが1stオリジナルアルバム『musica』をリリースしました。

 オリジナル曲のほか、映像作品に提供した音楽をリアレンジした楽曲も収録。澤野弘之の才能をまとめて聴けるアルバムになっています。
 実は最近、仕事で澤野さんに取材する機会があったのですが、印象的だったのが、「劇中曲でも“歌”を意識して書いている」という発言。印象に残るメロディにはそんな秘密がありました。『musica』ではそのこだわりを生かして、インスト曲として発表された曲を歌入りで再録音する試みがいくつか行なわれています。

 新世代の映像音楽作家の才能にぜひ触れてみてください。

musica [澤野弘之]
 メロディラインの豊かさとサウンドへのこだわりが聴ける1枚。

 : musica

魔王 オリジナル・サウンドトラック
 2008年放映の大野智 × 生田斗真主演のサスペンス・ドラマ。インディーズ扱いなのでお早めに

 : 魔王 オリジナル・サウンドトラック

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ オリジナル・サウンドトラック
 2007年放映。はじめて本格的にオーケストラを手がけた作品。Vol.2も発売されている。

 : 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ オリジナル・サウンドトラック

牙狼-GARO- 音楽集
 2005年放映。TVドラマ・デビューの年の1本。共作だが、クライマックスの音楽は澤野弘之が手がけている。すでにしてその才能が感じられる作品。 

 : 牙狼-GARO- 音楽集

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »