Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

アニメソング・ナイト再放送!

 12月31日、大みそかの深夜からBS2で「熱中夜話」<アニメソング・ナイト>の再放送があります。

「ゆく年くる年」が終わった直後から放送です(^-^;

12月31日(木) 深夜(1月1日)
 0:15 - 1:00 アニメソング・ナイト 伝説のシンガー 水木一郎&堀江美都子編
 1:00 - 1:45 アニメソング・ナイト 新世代作曲家編 田中公平・菅野よう子・神前暁

 1:45からは「MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP」の再放送です。

 アニメソングで新年を。

 来年もよろしくお願いします。

「誰よりも遠くへ」に「大江戸操作網」に「Music of ITC」 今年の注目タイトル落ち穂拾い

 今年も押し詰まってきましたが、駆け込みで、2009年の注目タイトルの落ち穂拾いを。

 まずは、2009年、デビュー50周年を迎えた服部克久先生の記念アルバム。オリジナル作品集とアレンジ新録アルバムの2種が発売されています。注目は新録アルバムである『服部克久』。

 おなじみの「自由の大地」などの名曲に混じって、アニメ『トム・ソーヤーの冒険』の主題歌「誰よりも遠くへ」がオーケストラ曲として新録されています。作曲者本人によるアレンジは、当時以来? 貴重な21世紀Versionですね。

服部克久
 インストだけでなく、さだまさしや夏川りみの歌も収録。アルバムタイトルが「服部克久」というところに、自信のほどがうかがえますね。

 : 服部克久


 2枚目はシエナ・ウィンド・オーケストラが演奏した『THE 刑事☆究極の刑事ドラマ・テーマ集』。吹奏楽による刑事ドラマテーマ曲集です。

 ジャケには丹波哲郎の顔がドドーンと。これだけでインパクト抜群ですが、選曲がたいへん興味深い。日本のドラマ作品はもちろん、アニメや海外ドラマからも選曲されています。

 収録された作品は、「ルパン三世」「スパイ大作戦」「鬼警部アイアンサイド」「刑事コロンボ [ミステリー・ムービーのテーマ]」「古畑任三郎」「相棒」「西部警察(PART I~III)」「太陽にほえろ!」「Gメン★75」など。
 まあ、ここまでは想定の範囲内と言えなくはないんですが、すごいのは「刑事」というタイトルなのに時代劇まで登場するところ。「必殺シリーズ」と「大江戸捜査網」が選曲されています。たしかに「大江戸捜査網」なんて大編成で演奏すればすごく盛り上がる曲なので、これはうれしいところ。しかし、「大江戸捜査網」のカヴァー演奏なんて、史上初ではないでしょうか(笑)。

THE 刑事☆究極の刑事ドラマ・テーマ集

 : THE 刑事


 3枚目は輸入盤の話題を。
 19日のサントラパブでもちらっとご紹介しましたが、ITC作品のコンピレーション・アルバム『THE MUSIC OF ITC』が発売されています。日本盤はなく、海外盤のみです。
 今年は、バリー・グレイ作品集のリリースが話題になりましたが、こちらは、バリー・グレイ以外の作曲家の作品を大量に収録。2枚組でITC作品の音楽を堪能できるアルバムです。
 収録作品は『セイント』『プリズナーNo.6』『秘密指令S』『プロテクター電光石火』など。古い海外ドラマファンにはピピッとくるラインナップ。詳細はSAEのサイト参照(試聴できます)。
 日本でなじみのない作品もありますが、注目は、ジョン・バリーやルーリー・ジョンソンが参加していることですね。海外ドラマファンはもちろん、サントラファンにも見逃せない1枚です。

THE MUSIC OF ITC [2CD]
 Amazonでは買えませんが、タワレコやHMVで扱っています。リンクは「すみや」のサイト。

 : THE MUSIC OF ITC


 最後に、CDではないんですが、幻あつかいされていた映像作品のDVDを。

 1981年放映の加山雄三版『ブラックジャック』です。
 手塚治虫イヤーだから実現した企画でしょう。いやー、まさかこの作品がDVDで見られる日が来るとは。
 でも、この作品、けしてキワモノではないんですね。脚本はジェームス三木(彼は大林宣彦監督版の『ブラックジャック 瞳の中の訪問者』の脚本も手がけている)、音楽は映画『砂の器』やドラマ『大空港』の菅野光亮。サントラ出てほしいです。

加山雄三のブラック・ジャック
 3枚組で定価¥12,600とお手ごろ価格。

 : 加山雄三のブラック・ジャック

2009年12月29日 (火)

コミケ出店終了!

 29日の冬コミ出店、終了しました。

 お買い上げいただいたみなさま、立ち寄っていただいたみなさま、ありがとうございます。
 おかげさまで、宙明先生インタビュー本、アニメソング講義本とも売れ行き好調で、過去最大の部数が出ました。

 今回お会いできなかったみなさま。
 またどこかでお会いしましょう。

 なお、コミケ本は積極的に通販はしていませんが、どうしてもという方がいましたら、直メールでご相談ください。

 さあ、次は1月30日のライブですよ!!


(告知文)

 冬のコミックマーケットに出店します。

 2009年12月29日(火)

  東 ユ 21b

 新刊2点出ます。

 「劇伴倶楽部 Vol.6 渡辺宙明 80s Robot Anime World」
  リクエストもあった渡辺宙明80年代ロボットアニメ特集。
  『最強ロボ ダイオージャ』『光速電神アルベガス』『ビデオ戦士レザリオン』について取材しました。

 「劇伴倶楽部 2009.12増刊 アニメソング講義」
  2009年に行った3つのアニメソングに関する講義・トークイベントの内容をもとに再構成したものです。

上原ひろみと新日本フィル

 12月24日、すみだトリフォニーホールで開催された「上原ひろみ with 新日本フィルハーモニー交響楽団 ―クリスマス特別公演―」に足を運びました。

 その10日前の12月14日、私はサントリーホールで、上原ひろみのソロ・ピアノ・コンサートを聴いていました。そちらは、ニューアルバム『プレイス・トゥ・ビー』のツアー。世界各地で書いた曲を演奏することで、聴衆を世界旅行に連れて行ってくれるというコンセプトで、いかにも上原ひろみらしい、スリリングな興奮に満ちたコンサートでした。

 24日のほうは、上原ひろみが少女時代からの念願であった、「自分の書いたオーケストラ曲とともにピアノを弾く」というコンサート。
 ピアノでは、尋常でないプレイを見せてくれる上原ひろみがどんなオーケストラを聴かせてくれるか。いやがおうにも期待は高まるわけです。アンドレ・プレヴィンのような、はたまた、レナード・バーンスタインのような、いやいや、もっとものすごい何かが聴けるような予感がするではないですか。

 上原ひろみのオーケストラ、それは、意外にもコンサバティブな、ときには叙情的なサウンドでした。なにか、がつーんという衝撃を期待していた私は、「むむ?」とちょっと意表をつかれてしまったのです。
 しかし、そういう予感もあったわけです。それは、10日前の『プレイス・トゥ・ビー』コンサートで聴いた、とてもリリカルなピアノでした。「上原ひろみはこういう曲も弾く(書く)のだ」と思ったのです。もちろん、いつもの強烈なアドリブ、パワフルな速弾きも見せてくれたし、熱心な上原ひろみファンにはそちらのほうが圧倒的に受けていたのですが。

 上原ひろみの面白さは、なんといっても、「どこへ連れて行かれるのかわからない」即興性です。上原ひろみの指先から、刻々と音楽が生まれてくる瞬間を、聴衆は固唾を呑んで見守り、一緒に体験している。だから、「ピアノによる世界ツアー」という『プレイス・トゥ・ビー』のコンセプトは、この上もなく上原ひろみらしいものだったわけです。

 東京フィルとの共演では、ちょっと違う上原ひろみが聴けました。
 上原ひろみがピアノで歌う。オーケストラが答える。オーケストラが歌う。上原ひろみがピアノで答える。そんな感じの演奏でした。聴いていくうちに、「あ、これが上原ひろみがやりたかったことなのだな」と気づいたのです。

 正直言うと、上原ひろみ with オーケストラには、まだ彼女のソロ・ピアノほどのパワー、面白さはない。けれども、これが初の試みということを思うと、じゅうぶん楽しめたコンサートでした。オケや曲がダメというのではなくて、上原ひろみのソロ・ピアノが面白すぎるのですよ。

 アンコールでは、ファンの拍手に応えて上原ひろみが何度もピアノに向かい、ファンが喝采するという、ロック・コンサートのような光景が――上原ひろみのライブではいつも見られる光景が――見られました。それも、上原ひろみのコンサートらしい風景でしたが、今回は、オーケストラの余韻が残るうちに終わったほうがよかったのではなかったかな、と思いましたね。せっかくの、オーケストラ・コンサートなのだから。

 とはいえ、オーケストラという新しい「楽器」を手にした上原ひろみが、これからどんな音楽を生み出していくのか。まだまだ、お楽しみはこれから、と期待がふくらみます。

プレイス・トゥ・ビー [CD+DVD]
 世界各地で書いた曲を集めた最新アルバム。ドライブ感に富んだ傑作。

 : プレイス・トゥ・ビー

2009年12月28日 (月)

クライマックス目前!「フレッシュプリキュア! オリジナルサウンドトラック2」

 12月23日、『フレッシュプリキュア! オリジナル・サウンドトラック2 プリキュア・サウンド・ハリケーン!!』が発売されました。私は、構成・解説・取材を担当しています。

 新シリーズ2枚目のサントラ。1枚目は、日常曲、キャラクター曲、戦闘曲などをバランスよく配して、番組のふだんの雰囲気を再現してみましたが、2枚目では、シリアスな曲を中心に、クライマックスへ向かってテンション目一杯の構成にしてみました。

 アルバム前半は、せつなの苦悩とキュアパッション誕生までをテーマに選曲・構成。私自身、パッション誕生までの展開に燃えた口ですので、ここはノリノリになって構成しました(自分で言うのもなんですが)。
 タルトたちのほんわかしたテーマをはさんで、後半は、新幹部ノーザのテーマをはじめとする、クライマックスへ向けてのハードな楽曲を選曲・構成。もちろん、放送はこれからですので、ここはイメージ優先の構成です。

 音楽の高梨康治さんは、もともと、『NARUTO』を代表とするへヴィメタルの激しい曲や、『地獄少女』などで聴かれるダークな曲を得意とする作家。そんな高梨サウンドをたっぷり楽しんでいただけるアルバムになりました。これまでのプリキュア・サントラとは一味違う印象の1枚だと思います。

 折りしも、テレビのほうはクライマックス目前で、毎回見逃せない展開に突入しています。番組を見ていて音楽が気になったというファンの方はもちろん、これまでプリキュアのサントラは聴いたことがないという方も、ぜひ手にとってみてください。

フレッシュプリキュア! オリジナルサウンドトラック2 プリキュア・サウンド・ハリケーン
 ブックレットに高梨康治インタビュー、BGMリストを掲載!

 : フレッシュプリキュア! オリジナルサウンドトラック2 プリキュア・サウンド・ハリケーン

続きを読む "クライマックス目前!「フレッシュプリキュア! オリジナルサウンドトラック2」" »

熱い夜をふたたび 「田中公平トークイベント」

 12月17日、高円寺スタジオKで開催された田中公平先生のトークイベントに足を運びました。
 (例によってレポが遅くてすみません)

 きゃんちこと喜屋武ちあきさんがアシスタント。となれば、「BS熱中夜話」の熱いトークふたたびですね。テレビ出演などをご覧になるとわかるとおり、公平先生はトークがたいへん面白い。近年は音楽監督を担当するコンサートだけでなく、自身の歌うライブも開催されていますが、ついにトークを主体にしたイベントにまで手を出したわけです。

 結果、実に楽しいイベントになりました。
 30周年記念コンサートの裏話、「熱中夜話」の話、おなじみ、鍵盤を使っての楽曲研究、公平先生の弾き語り、と盛りだくさんの内容。楽曲研究のテーマは、「転調について」。いわく「転調はプロの証」とのこと。ちょっとハイブロウでしたが、熱心なファンには興味深い内容であったと思います。
 世にトークイベントは数ありますが、トーク、演奏、歌、研究と、これだけ密度の濃いものはなかないです。2時間半を休憩なしで突っ走る公平先生のパワーと熱さに感動した一夜でした。
 それから、喜屋武ちあきさんの絶妙なフォロー、熱心さにも感動でしたよ。

 次回はもう決まっているそうで、4月18日(日)の開催。ゲストは日高のり子さんだそうです。予約等は、公平先生の公式ページをウォッチしてくださいね。

ONE PIECE FILM STRONG WORLD オリジナル・サウンドトラック
 イベントでも話題にのぼった『ワンピース』最新劇場版のサウンドトラック。公平先生渾身の作!

 : ONE PIECE FILM STRONG WORLD オリジナル・サウンドトラック

2009年12月22日 (火)

「ゲド戦記」の寺嶋民哉が送る新たなファンタジー音楽 「聖剣の刀鍛冶」

 TVアニメ『聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)』のオリジナル・サウンドトラックが発売されました。私は作曲の寺嶋民哉さんのインタビューを担当しています。

 寺嶋さんとは『ゲド戦記』の取材をして以来のお仕事です。音楽づくりの裏話から、「現実に寄り添わない音楽のほうが作りやすい」という寺嶋さんの創作に対する考え方まで、興味深いお話をうかがいました。

 音楽は、生オケとシンセを融合させた寺嶋さんならではのスタイル。『ゲド戦記』のサウンドを引き継ぎつつも、その後の音楽家としての進化を感じさせる音楽になっています。選曲・構成・タイトルは寺嶋さん自身によるもの。新たな寺嶋ファンタジー・サウンドをお楽しみください。

 また、この作品、オープニングも出色の出来です。アップテンポのパワフルな曲で、歌うは五條真由美さん! こういうカッコいい曲も、五條さんの得意とするところなんですね。「プリキュア」シリーズとは一味違う彼女の魅力が炸裂しています。

聖剣の刀鍛冶 オリジナル・サウンドトラック

 : 聖剣の刀鍛冶聖剣の刀鍛冶 オリジナル・サウンドトラックオリジナル・サウンドトラック

JUSTICE of LIGHT [Maxi]
 五條真由美歌う主題歌シングル。

 : JUSTICE of LIGHT

12月19日 SoundtrackPub終了しました!

 12月19日に開催したSoundtrack Pub【Mission#12】「朝までサウンドトラック・パブ!」、無事終了しました。

 たくさんのご来場、ありがとうございました!

 当日トークゲストで、三浦仁志氏、早川優氏、氷川竜介氏にも参加いただき、貴重なお話しを聴くことができました。

-----------------------------------

(告知文)

2009年12月19日(土) 

Soundtrack Pub 【Mission#12】

朝までサウンドトラック・パブ!

 12月19日(土) 21:30~翌4:30
 会場:Studio 80
   東京都大田区蒲田5-7-6
   TEL:03-3738-0080
   アクセス

 チャージ:¥2,000 (2ドリンクつき)

 出演:腹巻猫、不破了三 ほか

 特集:

●「流用音源」研究発表会
 ゲスト:奉力萬 (協力:早川優)

 アニメ・特撮番組の流用音楽研究に情熱を燃やす奉力萬さん発見の音源を中心に、その他の作品も含めて紹介。
 取り上げる予定の作品:『ウルトラマンタロウ』『サンダーマスク』『科学忍者隊ガッチャマン』等

●劇伴大賞2009
 今年放映・上映された作品の音楽、発売された音盤を振り返る。
 「この作品/曲がよかった」というタイトルをお持ちください。
 劇伴倶楽部掲示板に投稿していただいてもかまいません。

●めざせ!パチモンマスター! ~ 第2回パチモンスタジアム
 2001年に開催して大好評だった「パチモンスタジアム」の第2弾!
 一般参加者が、パチモン音源を持ち寄って対決する!
 「このパチモン主題歌こそ、最強!」という音源をお持ちください。

 ※ただし、「ネットで拾った音源」は却下(笑)

 番外編「パチモンジャケット特集」

○DJ募集
 プログラムの合間にDJタイムを設けます。
 テーマは映像音楽であればなんでも。持ち時間は1人15分くらい。
 われこそは!という方、エントリください。

 ⇒DJエントリ締め切りました!

 ⇒パチモンスタジアム・エントリ希望の方はメールまたは劇伴倶楽部掲示板

 過去の開催履歴はこちら

2009年12月 5日 (土)

11月29日 鮎川麻弥25th Anniversary Live!

 11月29日、目黒<Blues Alley Japan>で開催された鮎川麻弥さんのデビュー25周年記念ライブに足を運びました。
 同じ週の26日には、記念アルバム「Reply」もリリース。このライブも<Reply>と名付けられていました。デビュー曲「風のノー・リプライ」にちなんだ、25年目の鮎川さんからのReplyです。

 鮎川さんの最近のライブは、南青山MANDALA、赤坂グラフィティ、とすべて足を運んできましたが、Blues Alley Japanで聴くのははじめて。ステージも客席もゆったりして、鮎川さんもとてもリラックスして楽しそうでした。

 1部は新曲「Reply~再開の時~」に始まり、鮎川さんのオリジナル曲をメドレーもまじえながらたっぷりと。
 2部はクリスマス・ソング「Merry X'mas, Sorry X'mas」から始まり、静かな曲を続けたあと、新録音「永遠にアムロfeat.影山ヒロノブ」を影山さんの歌声とともに。この日は台北でライブという影山さんは、録音メッセージと写真パネル(笑)で登場。続いて、アニメソング・メドレーで盛り上がります。そして、デビュー曲「風のノー・リプライ」は会場の声、振りといっしょににぎやかに。
 ラストは新曲「夕映え」。「頑張ろうとしている人、頑張りたくてもまだ頑張れない人、いろんな人を歌で応援したい」(アルバム『Reply』ライナーより)という鮎川さんの気持ちがこもった胸にしみるバラードです。

 実はライブに先立って仕事で鮎川さんにお会いする機会があったのですが、「歌といっしょに自分も進化していきたい」とおっしゃっていたのがとても印象的だったのですね。愛する歌とともに走り続けてきた25年。ちょっと立ち止まって振り返ったあと、また走り出す助走のような、さわやかなパワーに満ちたライブでした。

Reply -MAMI AYUKAWA 25th Anniversary Best Album-
 デビュー25周年記念のベスト・アルバム。CD2枚+DVD1枚に25年間をぎゅっと圧縮。新曲「Reply」「夕映え」、新録音「永遠にアムロfeat.影山ヒロノブ」も収録。DVDには鮎川さんの貴重なPVが4本! ブックレットにはたっぷりの写真と鮎川さん自身による全曲解説が掲載されています。

 : Reply -MAMI AYUKAWA 25th Anniversary Best Album-

2009「翔べ!ガンダム」&「永遠にアムロ」 [MAXI]
 ガンダム30周年記念CD。鮎川さんはじめ、森口博子、MIQ、鵜島仁文、川添智久ら歴代ガンダム・シンガーが1stの主題歌をカヴァーした1枚。2009年7月にポートメッセなごやで開催されたイベント「生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダムTHE FIRST 〜未来創造の世紀へ〜」の会場限定で発売されたシングルCDに、カラオケ2曲を加えたもの。

 : 2009「翔べ!ガンダム」&「永遠にアムロ」

続きを読む "11月29日 鮎川麻弥25th Anniversary Live!" »

2009年12月 3日 (木)

澤野弘之&和田貴文の泣けるドラマ音楽「マイガール」

 テレビ朝日系で放送中のドラマ『マイガール』のサウンドトラック盤が発売されました。音楽を担当するのは、澤野弘之、和田貴文の2人。私はインタビューを担当しました。

 『マイガール』は、嵐の相葉雅紀が初主演した話題のドラマです。同じ枠で放映されていた『歌のおにいさん』の路線を継ぐ内容ですが、コミカルな『歌のおにいさん』と比べると、よりシリアスな泣けるドラマになっている。子役の石井萌々果の芸達者ぶりが目を引きます。脇の室井滋がとてもいい味を出している。

 音楽の澤野弘之さんは、若手作曲家の中でも、私が最近注目している1人。『医龍』『魔法』『トライアングル』『BOSS』など、どちらかといえばサスペンス・アクション系のドラマが多い印象でしたが、今回は泣けるドラマに挑戦。じんわりと胸にしみるメインテーマとその変奏を中心にしたメロディアスな音楽を提供しています。
 和田貴文さんは、『BOSS』でも澤野さんと共作した作家。ドラマをふわっと包み込む日常曲や人物テーマなど、映像の情感をふくらませる映画音楽らしい楽曲で物語を支えています。この2人の音楽のバランスが絶妙の味わいになっている。

 嵐が歌う主題歌はサントラには未収録。でも、音楽だけでしっかり世界を作り上げている。それだけの力がある音楽だと思います。「ドラマは観てないんだけど…」という方もぜひ聴いてみてください。

マイガール オリジナル・サウンドトラック

 : マイガール オリジナル・サウンドトラック

2009年12月 2日 (水)

音楽でよみがえる古代エジプトの物語「エジプト発掘」

 大型歴史ドキュメンタリーとして話題になったNHKスペシャル『エジプト発掘』のサウンドトラック・アルバムが発売されました。私は、構成・解説・取材を担当しています。

 『エジプト発掘』は、最新のエジプト考古学の成果を取り入れて、“もっとも新しい古代エジプトの姿”を描いたドキュメンタリー番組です。地上波では総合テレビで3回にわたって放送されました。
 その音楽を担当したのが、『相棒』で知られる池 頼広さん。今回は、ドラマやアニメの音楽とは一味違った、悠久の歴史を感じさせる音楽を提供しています。

 エジプトの雰囲気を出すために、民族楽器も多用。オーケストラと民族楽器のアンサンブルで奏でる「メインテーマ」は、まさに番組を象徴する楽曲になりました。サントラには短い放送ヴァージョンと、ロング・ヴァージョンの2種を収録。ピラミッドをイメージした「太陽賛歌」、クレオパトラをイメージした「栄華の女王」など、エキゾチズムとダイナミズムにあふれた音楽は、新たな池 頼広サウンドを予感させる入魂の楽曲です。池さんが「ここで録音したら、もうほかでは録音したくない」とまで言った、NHK509スタジオで収録されたサウンドにも注目ください。

NHKスペシャル エジプト発掘 オリジナルサウンドトラック
 ブックレットには、大里プロデューサーと池さんのインタビューを掲載。

 : NHKスペシャル エジプト発掘 オリジナルサウンドトラック

↓12月にはこんなアルバムも。

NHKスペシャル・20年の歴史《3枚組》
 12月30日発売予定。詳細不明ですが、期待がふくらむタイトルです。

2009年12月 1日 (火)

死して屍拾うものなし! 「侍戦隊心得の条」

 毎年暮れのお楽しみ、戦隊シリーズのサントラ最終2枚組が今年も発売されました。タイトルは、『侍戦隊シンケンジャー オリジナルサウンドトラック 秘伝音盤第四及五幕 侍戦隊心得の条』(長っ!)。11月18日発売です。私は総解説を担当しました。

 既発2枚のサウンドトラックに未収録だったBGMを一挙収録した、サントラファン必携のアルバム。ブックレットには、本アルバムの収録曲解説のみならず、サントラ第1弾、第2弾の収録曲解説も掲載されているのがミソです(豊田朋久氏の労作)。
 音楽は高木洋さん。以前も書きましたが、実に男前の時代劇らしい曲に仕上がっています。また、本編BGMのみならず、バンダイやプリマハムのCM音楽まで収録されているのがうれしい。
 個人的には、渡辺宙明作曲の「侍変形!ダイカイオー」と菊池俊輔作曲の「六人の侍」の2曲のメロオケが収録されているのがツボでした。歌入りも好きですが、純粋に宙明節、菊池節が楽しめるメロオケは、ファンには見逃せないお宝なのですよ。

 王道ヒーロー音楽に浸りたい人はぜひどうぞ。時代劇音楽ファンにもおススメかも。

侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤第四及五幕

 : 侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤第四及五幕

侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤第三幕
 劇場版BGMを中心にしたサントラ第2弾。

 : 侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤第三幕

侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤第一幕
 第1回録音から主要曲を網羅した第1弾。

 : 侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤第一幕

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »