Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 死して屍拾うものなし! 「侍戦隊心得の条」 | トップページ | 澤野弘之&和田貴文の泣けるドラマ音楽「マイガール」 »

2009年12月 2日 (水)

音楽でよみがえる古代エジプトの物語「エジプト発掘」

 大型歴史ドキュメンタリーとして話題になったNHKスペシャル『エジプト発掘』のサウンドトラック・アルバムが発売されました。私は、構成・解説・取材を担当しています。

 『エジプト発掘』は、最新のエジプト考古学の成果を取り入れて、“もっとも新しい古代エジプトの姿”を描いたドキュメンタリー番組です。地上波では総合テレビで3回にわたって放送されました。
 その音楽を担当したのが、『相棒』で知られる池 頼広さん。今回は、ドラマやアニメの音楽とは一味違った、悠久の歴史を感じさせる音楽を提供しています。

 エジプトの雰囲気を出すために、民族楽器も多用。オーケストラと民族楽器のアンサンブルで奏でる「メインテーマ」は、まさに番組を象徴する楽曲になりました。サントラには短い放送ヴァージョンと、ロング・ヴァージョンの2種を収録。ピラミッドをイメージした「太陽賛歌」、クレオパトラをイメージした「栄華の女王」など、エキゾチズムとダイナミズムにあふれた音楽は、新たな池 頼広サウンドを予感させる入魂の楽曲です。池さんが「ここで録音したら、もうほかでは録音したくない」とまで言った、NHK509スタジオで収録されたサウンドにも注目ください。

NHKスペシャル エジプト発掘 オリジナルサウンドトラック
 ブックレットには、大里プロデューサーと池さんのインタビューを掲載。

 : NHKスペシャル エジプト発掘 オリジナルサウンドトラック

↓12月にはこんなアルバムも。

NHKスペシャル・20年の歴史《3枚組》
 12月30日発売予定。詳細不明ですが、期待がふくらむタイトルです。

« 死して屍拾うものなし! 「侍戦隊心得の条」 | トップページ | 澤野弘之&和田貴文の泣けるドラマ音楽「マイガール」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。