Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 80・90年代アニメのこだま 平野文/日高のり子/井上喜久子ベスト | トップページ | 紙ジャケでよみがえる「銀河鉄道999」 »

2010年2月24日 (水)

ガンダム・ソングのすべてを君の手に!「GUNDAM SONGS 145」

 「ガンダム」シリーズのすべての主題歌・挿入歌を網羅した究極のCD-BOXが本日(2月24日)発売されました。その名も『GUNDAM SONGS 145』。ビクターのflyingDogレーベルからの発売です。

 収録作品は、1979年放映の第1作『l機動戦士ガンダム』から2009年に放映された『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』まで。TVシリーズはもちろん、劇場版・OVA・「SDガンダム」シリーズまでフォローした究極の主題歌・挿入歌集です。『機動戦士ガンダム』放映30周年を記念して、レコードメーカーの枠を超えたコンピレーションが実現しました。
 全145曲。CD10枚組のボリューム。ガンダム・ソングをコンプリートしようという方には一挙に入手するチャンスですよ。

 商品仕様や収録曲については、GUNDAMusik内の告知ページや音楽ニュースサイト・ナタリーの記事をご覧下さい。

 ジャケットは安彦良和描き下ろし。ブックレットは272ページという豪華版です。

 私はブックレットのお手伝いをしました。鮎川麻弥さんのインタビューと、田中公平先生との対談でガンダム・ソングを語るページを担当しています。
 鮎川さんには、デビュー当時のお話から、『Zガンダム』主題歌録音時の思い出、最近のライブ活動のお話まで、いろいろとうかがうことができました。
 公平先生との対談では、1stガンダムの渡辺岳夫曲を中心に、作家論もまじえたお話を。これまでにない切り口の内容になったと思います。

 ブックレットには、ほかにも、氷川竜介氏による総論や、ガンダム年表、作家・アーティストのコメント(森口博子書下ろしも!)なども収録。このブックレットだけでも入手する価値は高いでしょう(詳しいブックレット内容はこちら参照)。
 圧巻は歴代ガンダム音楽アーティストのコメントと豊富な図版。特にカラー図版の充実は過去のCDブックレットをはるかに凌駕するもので、これだけで立派なガンダムMOOKになっています。それもそのはずで、発売はビクター/フライングドッグですが、企画・制作はサンライズ音楽出版が行っているのです。本家ならではの豪華さと言えるでしょう。

 3万円とやや高額ですが、ガンダム・ソングの集大成であるとともに、資料性も高いメモリアル商品です。ぜひ一家に1セットどうぞ!

GUNDAM SONGS 145 [CD10枚組]
 裏面はシャアとシャア専用ザクの絵。

 : GUNDAM SONGS 145

« 80・90年代アニメのこだま 平野文/日高のり子/井上喜久子ベスト | トップページ | 紙ジャケでよみがえる「銀河鉄道999」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。