Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2月13日 菅野祐悟バレンタインコンサート | トップページ | ガンダム・ソングのすべてを君の手に!「GUNDAM SONGS 145」 »

2010年2月20日 (土)

80・90年代アニメのこだま 平野文/日高のり子/井上喜久子ベスト

 ポニーキャニオンから、平野文、日高のり子、井上喜久子の3人のベストアルバムが同時発売されました。

 平野文ベストと日高のり子ベストは、80年代アニメファンにはちょっとぐっとくるタイトルです。
 平野文ベストには『うる星やつら』の歴代主題歌カヴァーのほか、自身の作詞曲「真冬のバカンス」「Cosmic Touring」を含むオリジナル曲を収録。
 日高のり子ベストには、『タッチ』の主題歌カヴァーに、TVアニメ『ボスコアドベンチャー』主題歌「ときめきはForever」、ゲーム『ウルティマ』主題歌「ウルティマ-瞳のナイフ-」、ほかオリジナル曲を収録。
 欲を言えば、平野文盤には『チックンタックン』主題歌も入れてほしかった!とか、日高のり子盤には遠藤一美名義で歌った『蒼き伝説シュート!』挿入歌も入れてほしかった!という気もしますが、二人の声にひたっているだけで楽しい好アルバムですね。

 永遠の17歳・井上喜久子ベストは、川井憲次、岡崎律子が参加した曲が多く収録されて、アニメ音楽ファンにも見逃せない1枚。
 川井憲次は、『モンタナ・ジョーンズ』主題歌「おかえりなさい」、オリジナル曲「陽気なおさかな」「お・ひ・る・ね」「卒業~graduation」「優美なおさかな」などで作曲・編曲、ほかに編曲のみでも参加。「きみのうた」「どうぞよろしくね。」「みずうみ」では、惜しくも'04年に亡くなったシンガーソングライター・岡崎律子のサウンドを聴くことができます。

平野文 ベスト・コレクション

 : 平野文 ベスト・コレクション

日高のり子 ベスト・コレクション

 : 日高のり子 ベスト・コレクション

井上喜久子 ベスト・コレクション

 : 井上喜久子 ベスト・コレクション

« 2月13日 菅野祐悟バレンタインコンサート | トップページ | ガンダム・ソングのすべてを君の手に!「GUNDAM SONGS 145」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。