Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 「COBRA THE ANIMATION」TVシリーズ・サントラ発売 | トップページ | 「ハートキャッチプリキュア!」挿入歌シングル早くも登場! »

2010年4月20日 (火)

サントリーホール「華麗なる冨田サウンドの世界」

 4月18日(日)、サントリーホールで開催されたコンサート「華麗なる冨田サウンドの世界」に足を運びました。

 日本フィルが主催する「名曲コンサート」の第338回。取り上げられたのは、冨田 勲作品です。

 Tomita_concert_flyer_l

 『惑星』『月の光』といったシンセサイザー作品のほかにも、大河ドラマ、手塚アニメなど、数々の映像作品の音楽で知られる作曲家・冨田 勲。しかし、これだけ大規模なオーケストラ・コンサートで冨田作品が特集されるのははじめてではないでしょうか。
 演奏は日本フィルハーモニー交響楽団。指揮は藤岡幸夫。昨年発売されたCD『交響詩ジャングル大帝〈2009年改訂版〉』をレコーディングしたオーケストラと指揮者です。冨田サウンドを熟知した演奏家が冨田作品を演奏するのですから、期待はいやがうえにも高まります。

 2部構成で、第1部はバラエティに富んだ冨田 勲作品を演奏。
 1曲目からホルストの「惑星」をベースにしたシンセサイザー作品「スペースファンタジー」。今回のコンサートのためにアレンジされたそうです。シンセサイザーの演奏をスピーカーから流す演出で、ステージ上には人影がない。不思議な光景でした。これは「サントリーホール全体が宇宙船になったような効果をねらった」とのこと。

 続く「パシフィック231」は機関車をモチーフにしたオネゲルの作品。シンセサイザー版のイントロが流れたあと、続いてオーケストラの演奏が始まるという演出。「パシフィック231」は現代音楽の名曲としてすでに古典となっているような曲ですが、生のオケで聴くのは(たぶん)はじめてです。楽器の細かい動きがわかって興味深い1曲でした。

 シンセサイザーをフィーチャーして、もう1曲。ムソルグスキー「展覧会の絵」から「殻をつけた雛の踊り」。シンセと生オケをシャッフルしながら演奏するという実験的な試みでした。藤岡さんがレシーバーでクリックを聞きながら指揮をするという、サントラのレコーディングのような光景が。これは、会場のスピーカーをフルに使って、サラウンドの効果をねらったとのこと。こうした演出は、いずれも冨田先生のアイディアです。

 第1部の後半は冨田 勲のTV・映画音楽作品。
 「新日本紀行のテーマ」と山田洋次監督作品メドレー、そして大河ドラマ「勝海舟」のメインテーマが演奏されました。トロンボーン、オーボエ、クラリネットなど、ソロを取る楽器の表情豊かな演奏が実によかった。また「勝海舟」のダイナミックな響きには心が震えました。前半のハイライトであったと思います。

 第2部は2009年に改訂された「交響詩《ジャングル大帝》」全曲。
 レコードの初版発売は1966年。アニメーション作品を題材にオーケストラのアルバムを作ってしまうなんて、当時としては画期的なことでした。しかし、その後スコアが失われ、演奏会で演奏されることは長らく不可能になっていたのです。それを冨田先生自らがレコードから復元し、手を入れたのが今回演奏された改訂版です。

 冨田作品の特徴である「響き」に気を配った演奏でした。6人のパーカッション奏者が大活躍で、アフリカの大自然のイメージが広がります。ナレーションはありませんでしたが、演奏だけで十分、会場にいた子どもたちも楽しめたのではないでしょうか。
 藤岡さんのブログに書かれた冨田先生に関する記事(下記)を読むと、いかに藤岡さんが愛情を持ってこの曲を演奏したかがわかります。
※From Sachio「冨田 勲 先生」 の話 その1その2

 プログラムには冨田 勲×藤岡幸夫対談と「交響詩ジャングル大帝」のレコードから転載された絵物語を掲載。行き届いていました。惜しむらくは、もっと宣伝してくれたらもっと多くの冨田ファンが聴けたのになぁと思うこと。終演後のサイン会には数100人の列が出きていました。主催者もここまでの人気とは想定していなかったのかもしれません(甘いよ!)。

 日本を代表する音楽家の一人である冨田 勲。その作品を生で聴けるだけで感動でしたし、構成にも冨田 勲ならではの実験精神が感じられる興趣の尽きないコンサートでした。第2回、第3回と続けてほしい。
 もっと冨田作品が演奏される機会が増えることを心から願っています。

交響詩「ジャングル大帝」<2009年改訂版>~白いライオンの物語~ [CD+DVD]

 : 交響詩「ジャングル大帝」

<set list>

第1部

  1. 冨田 勲:《スペース・ファンタジー》(ホルスト:組曲《惑星》より)
  2. オネゲル:《パシフィック231》
  3. ムソルグスキー(冨田勲編):組曲《展覧会の絵》より「殻をつけた雛の踊り」
  4. 冨田 勲:NHK『新日本紀行』テーマ
  5. 冨田 勲:山田洋次監督 映画音楽メドレー  (たそがれ清兵衛~隠し件 鬼の爪~武士の一分~おとうと)
  6. 冨田 勲:NHK大河ドラマ『勝海舟』メインテーマ

第2部

  1. 冨田 勲:交響詩《ジャングル大帝》(2009年改訂版)~白いライオンの物語~

 指揮:藤岡幸夫
 演奏:日本フィルハーモニー交響楽団

 トークゲスト:冨田 勲

« 「COBRA THE ANIMATION」TVシリーズ・サントラ発売 | トップページ | 「ハートキャッチプリキュア!」挿入歌シングル早くも登場! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。