Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 大杉久美子40周年記念CD-BOX発売!その聴きどころ | トップページ | 大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその3 »

2010年5月19日 (水)

大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその2

 大杉久美子40周年記念CD-BOXのDISC2は「世界の名作コレクション」と題して、「世界名作劇場」の曲をまとめて収録しています。
 『フランダースの犬』『母をたずねて三千里』『あらいぐまラスカル』『ペリーヌ物語』。どれもメジャーな作品ですが、主題歌は知っているけれど挿入歌はあまり聴いたことがないという人も多いのでは? この機会に、ぜひお聴きください。

 『フランダースの犬』のエンディングは「どこまでもあるこうね」ですが、放映当時のEPレコードのB面は、「パトラッシュ僕の友達」が収録されていました。この2曲、歌詞も曲調もよく似ているので、「パトラッシュ僕の友達」がエンディングの没曲だろうと推測しています。この2曲を聴きくらべるのも一興。
 忘れてはならないのが挿入歌の「あおいひとみで」です。『アルプスの少女ハイジ』の「夕方の歌」の流れを汲む、名作バラード路線の1曲。大杉さんの歌唱もじーんと来る!

 『母をたずねて三千里』は美しいメロディで知られる坂田晃一の作品。数ある名劇主題歌の中でもこの作品のオープニング「草原のマルコ」をベストに推す人も多いのではないでしょうか? 美しく哀愁漂うメロディに民族楽器の音色がマッチして、もうたまりません。全話の脚本を書いた深沢一夫が作詞しています。
 また、『三千里』は暗くなりがちな物語を劇中に挿入される歌が救ってくれていました。「ピクニックのうた」「陽気なマルコ」「ペッピーノ一座のうた」「かあさんの子守唄」、すべて劇中で使われています(ただし、レコードと違う劇中ヴァージョンの場合もあり)。聴いてると名場面がよみがえってきます。「ペッピーノ一座のうた」は永井一郎の熱唱(熱演?)が楽しい。レコードにならなかったけど、パブロの歌も名曲でした。2番の録音、どっかに残ってないのかな。

 『あらいぐまラスカル』は1977年、渡辺岳夫音楽がもっとも充実してきた時期の作品。挿入歌「もえるゆうひ」は、渡辺岳夫の音楽的挑戦(!)を大杉久美子が受けてたち、みごとな歌唱で返した感動的な曲です。渡辺岳夫は録音のあと、「今日はオレの負けだ」と言ったそうです。大杉さんスゴイ。
 そして、ラスカルとスターリングの別れの場面で使われた名曲「さよならをゆうときがきたね」。感情を押し付けず、語るように歌う大杉久美子の歌唱が胸にしみて、涙なしには聴けません。

 “ルンルン”で始まるのが『ペリーヌ物語』の主題歌「ペリーヌものがたり」。歌い出しの“ルンルン”はつかさ圭の作詞にはなく、渡辺岳夫が作曲時に付け加えたものです。同じ年に放送された『花の子ルンルン』の主題歌とともに、「ルンルン気分」という流行語のルーツになったのでは?と言われてます。
 『ペリーヌ物語』は主人公が少女なので、挿入歌も『フランダースの犬』『あらいぐまラスカル』とは一味違ってました。夢見るような「少女の夢」、さわやかな「ボンジュール!」、明るくはずむ「ロザリーは友だち」など、『キャンディキャンディ』につながる少女アニメ路線がちょびっと入ってます。曲調もちょっと大人っぽくなっていますね。

 DISC2のラストは『燃えろアーサー白馬の王子』からエンディング「旅すりゃ友達」。これも「世界名作」には違いありません。菊池俊輔先生の作曲です。

« 大杉久美子40周年記念CD-BOX発売!その聴きどころ | トップページ | 大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。