Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« NHK熱中スタジアム「特撮ソング・ナイト」放送! | トップページ | 大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその2 »

2010年5月19日 (水)

大杉久美子40周年記念CD-BOX発売!その聴きどころ

 大杉久美子さんのアニメソング・デビュー40周年記念CD-BOX「燦(きらめき)のとき やさしさの歌」が、いよいよ5月19日に発売されます!

 大杉さんのベスト盤としては、過去最大のボリュームとなるCD4枚組み。収録曲は、こちらをご覧ください。

 今回、初CD化の曲や、なかなかまとめて聴く機会のない曲がたくさん収録されています。主な聴きどころを紹介してみましょう。

 DISC1は「アニメソング名曲コレクション」と名づけられたディスク。
 アニメソング・デビュー曲『アタックNo.1』をはじめ、『エースをねらえ!』『アルプスの少女ハイジ』などの代表曲が集められています。

 『エースをねらえ!』は三沢郷作曲の名作。挿入歌「ひとりぽっちのコート」は初CD化ではないものの、なかなかCD収録の機会にめぐまれない曲です。放送当時は「クレクレタコラ」を含む4曲入りコンパクト盤に収録されていました。このメロディはBGMでも使われてますね。
 この曲について、大杉さんはブックレットのコメントで「アイドルっぽく歌ってくださいと言われた」と語っているんですが、放送後間もないインタビューでは、「天地真理みたいな曲なんだけど、そうならないように歌ってと言われた」と答えています。たしかにアイドルっぽくないような……。残念ながらモノラル音源での収録。

 『アルプスの少女ハイジ』はおなじみのエンディング「まっててごらん」以外に挿入歌3曲を収録。なんといっても、清冽で繊細な「夕方の歌」が出色です。この歌は、アニメソングに新しいジャンルを作ったといってもいいでしょうね。

 『勇者ライディーン』の挿入歌「女の子だもの」は大杉さんには珍しいロボットアニメの曲。乙女心をかわいく歌っています。録音のときにミッチ(堀江美都子)がスタジオをのぞきにきて、「かわいい!」とひとこと言って帰ったそうですよ。

 川口真作曲の『草原の少女ローラ』と中村泰士作曲の『ピコリーノの冒険』は、どちらも歌謡曲のヒットメーカーの作品。キャッチーで耳に残るメロディラインの妙を味わってもらいたい曲です。

 そして、必殺の名曲!「ちいさいかわのうた」。『ミームいろいろ夢の旅』のエンディングです。あまり知られてない曲ですが、渡辺岳夫の隠れた名曲の1つ。これが、大杉さんが歌った渡辺岳夫先生の最後の曲になりました。

 DISC1には、ほかに『ポールのミラクル大作戦』『コラルの探検』『森の陽気な小人たち ベルフィーとリルビット』など、名作・メルヘン路線の曲が登場します。最後の曲は映画『ウルトラマンキッズ M7.8星のゆかいな仲間』のエンディング「仲良しピグコとミドリちゃん」。この歌はTVシリーズ『ウルトラマンキッズのことわざ物語』でも使われました。

 長くなったので、エントリを分けます。

大杉久美子 40th Anniversary 燦(きらめき)のとき やさしさの歌

 : 大杉久美子 40th Anniversary 燦のとき やさしさの歌

« NHK熱中スタジアム「特撮ソング・ナイト」放送! | トップページ | 大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。