Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその3 | トップページ | 大杉久美子スペシャル・インタビュー! »

2010年5月19日 (水)

大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその4

 大杉久美子40周年記念CD-BOXのDISC4は「レアトラックコレクション」と名付けられて、CD化にめぐまれない作品や珍しい大杉さんのアニメソング・カヴァーが収録されています。

  まずは、後楽園のキャラクターからTVアニメになった『ドンチャック物語』。TVアニメ第1期と第2期の主題歌4曲がまとめてCD化! 初CD化は第2期 エンディングの「星の川」のみですが、この4曲が1つのアルバムでまとめて聴けるのははじめてです。
 というのも、『ドンチャック物語』の主題歌レコードは、第1期の2曲がキャニオンレコード、第2期の2曲がキングレコードからリリースされていたので、CD化もキャニオンとキングからばらばらにされていたのです。作曲はすべて森田公一。
 森田公一さんは、アニメ・特撮系の仕事では「ワイルドセブン」「スターウルフ」「小公女セーラ」の主題歌などが印象深い。『ドンチャック物語』主題歌もキャラクターから受けるイメージよりもぐっとメロディアスで歌謡曲っぽい歌に仕上げてます。第2期主題歌「空いっぱいの夢」が秀逸。

 続いて、『まんがこども文庫』から3曲。『まんが日本昔話』系の名作オムニバスで、日本の名作童話をアニメ化したしぶ~い作品です。音楽に力を入れた作品でもあり、毎月異なる作曲家がエンディングを書きおろしていました。放映当時、歌のアルバムが発売されていました。いまだまるごと復刻されたことがないのが残念です。
 『まんがこども文庫』の曲は、アニメソングというより文芸志向の童謡という感じで、BOX収録曲の中でも異彩をはなってますね。「ゆきがふる」が初CD化。

 映画『テンプルちゃんの小公女』からの5曲は、非常に珍しい作品です。
 テンプルちゃんというのは、アメリカで30年代に活躍した名子役シャーリー・テンプルのこと。そのシャーリー・テンプルが主演したアメリカ映画『小公女』を1979年に日本語吹き替えで上映したのです。これが日本初公開でした。このときテンプルを吹き替えたのが大杉久美子さんでした。
 この吹き替え版は音楽もまるごと差し替えているのです。ミュージカル映画なのに(笑)。ですから歌もすべて作り直されています。音楽を担当したのは、渡辺岳夫・松山祐士の名コンビ。「世界名作劇場」や『キャンディキャンディ』の流れをくむ名曲に仕上がっています。熱心な渡辺岳夫ファンや大杉久美子ファンのあいだでは埋もれた名作としてCD化が熱望されていました。今回ようやく多くの人に聴いてもらえることになって、ほんとうによかった。

 続いて、『とんでも戦士ムテキング』の挿入歌「タコローダンシング」。大杉さんのもうひとつの渡辺宙明作品 ですね。作詞が秋元康。秋元氏の作詞デビュー作です(笑)。

 『まんがのくに』からの2曲と『あさりちゃん』からの1曲も初CD化です。『まんがのくに』は『勇者ライディーン』『くまの子ジャッキー』の小森昭宏先生の作。『あさりちゃん』は小林亜星先生。意外と小林亜星=大杉久美子というラインは少ないのです。

 日生ファミリースペシャル『吾輩は猫である』とイメージアルバム『羽根くん』からの歌をはさんで、小坂明子さんが書いた『オズの魔法使い』のエンディング「魔法のクレヨン」。娘さんの恵麻ちゃんとデュエットしています。

 そして、珍しい大杉さんのアニソン・カヴァー。「いま、地球が目覚める」「きこえるかしら」「裸足のフローネ」「虹になりたい」「誰よりも遠くへ」「ニルスのふしぎな旅」の6曲は、1982年のアルバム『大杉久美子 よい子の名作アニメベストヒット16』からの収録。オリジナルと聴き比べてみるのも一興です。実はカヴァーはまだまだ歌っていて、「ペペロの冒険」や「魔法のマコちゃん」も歌われたそうです。

 ラストは、『ストップ!!ひばりくん!』のオープニング「ストップ!!ひばりくん!」。伊藤アキラの作詞に小林泉美の作曲。小林泉美さんは、『うる星やつら』の「ラムのラブソング」をは じめとする主題歌の数々や『GU-GUガンモ』『さすがの猿飛』などの主題歌を書いた方です。いかにも80年代風のこの曲を大杉さんが楽しそうにカヴァーしています。この路線はもっと聴いてみたかったですね。

 駆け足でBOXの聴きどころを紹介してみました。まだまだ、「うさこちゃん(ミッフィー)」の曲や「おめでとうのうた」をはじめとする子ども向けオリジナルソング、CMソングなどが残っていますし、欲を言えば、柴山モモ子、環ルナ、杉美子名義の歌謡曲時代の曲も聴きたい。でも、まずは大杉さんの40周年とBOX発売を心から祝いたいと思います。

大杉久美子 40th Anniversary 燦(きらめき)のとき やさしさの歌

 : 大杉久美子 40th Anniversary 燦のとき やさしさの歌

« 大杉久美子40周年記念CD-BOX 聴きどころその3 | トップページ | 大杉久美子スペシャル・インタビュー! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。