Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 「はやぶさ」を応援したジャズ・バラッド | トップページ | 『ゲゲゲの女房』サントラ収録曲紹介 »

2010年6月16日 (水)

「ゲゲゲの女房」の世界に満ちる窪田ミナの音楽

 朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のオリジナル・サウンドトラックが発売されました。

 水木しげる夫人・武良布枝さんの手記を原作にしたドラマです。水木しげるとなれば見逃すわけにはいかない。『ちりとてちん』以来、ひさしぶりにはまって、毎回欠かさず見ています。

 脚本、演出、美術、役者陣の芝居、どれもすばらしいですが、なかでも注目すべきは窪田ミナさんの音楽。音楽が作品世界に深みと広がりを与えているんですね。

 サウンドトラック発売に合わせて開設された<特設サイト>で、作曲の窪田ミナさんインタビューとテキストを書かせていただきました。テキストは、「もしライナーノーツに参加できていたら」という想定で書いてみました。Webライナーノーツとでも言いましょうか。今後、こういう形態が多くなっていくかもしれません。

 そのWebライナーノーツでも書きましたが、『ゲゲゲの女房』の音楽にはケルト音楽がさりげなく取り入れられています。それがとても効果を上げている。繊細なメロディや緻密なアレンジはもちろんのこと、ティン・ホイッスルやアイリッシュ・フルートやマンドリンの音などにも耳をすませてみてください。窪田ミナさんが音楽にひそませた魔法を感じ取っていただけると思います。

 『ゲゲゲの女房』の音楽については、またあらためて書いてみますね。

ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック

 : ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック

ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック 特設サイト

« 「はやぶさ」を応援したジャズ・バラッド | トップページ | 『ゲゲゲの女房』サントラ収録曲紹介 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。