Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 「スタートレック」完全版サントラ2タイトル | トップページ | 冬木透の愛弟子が奏でるウルトラサウンド »

2010年7月29日 (木)

「宇宙ショーへようこそ」の音楽へようこそ

 6月20日に公開され、まだまだ上映が続いている映画『宇宙ショーへようこそ』、ご覧になりましたでしょうか?
 舛成孝二監督と音楽の池頼広さんはTVアニメ『かみちゅ!』のコンビ。
 私と池さんとの出会いも『かみちゅ!』の音楽がきっかけでしたので、この映画には思い入れひとしおでした。

 サウンドトラック盤は映画公開より一足はやく発売されました。2010年夏の公開でしたが、音楽の録音は昨年行われていたのですね。CD2枚組で映画の音楽を使用順に完全収録。池さんの音楽がたっぷり楽しめます。
 映像にタイミングを合わせて作曲する、いわゆるフィルム・スコアリングの手法で作られているのですが、池さんならではのメロディアスな曲想がしっかり生きている。
 冒頭いきなりのアクションチューン「わさび畑の死闘」、懐かしい気持ちがわき起こる「夏合宿の朝」、わくわく感たっぷりの「新・月世界旅行」と、音楽を聴くだけで高揚感に包まれてしまいます。
 なかでも本編のテーマとなる「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」と名付けられた楽曲が感動的。名場面がよみがえります。
 クライマックスの音楽は「ヒーロー組曲」として収録。本来は1曲の音楽として構想されたもので、本盤の聴きどころです。
 池頼広音楽の歌姫・サシャ・アントニスの歌声ももちろん聴けます。今回は日本語の歌も入っているのに注目です。

 もともと「宇宙ものがやりたい」と言っていた池さん。『FREEDOM』や『COBRA THE ANIMATION』でその願いはかないましたが、ほんとうにやりたかったのは、こういう、少年の夢と冒険心にあふれた映画だったのではないでしょうか。

 エピローグの音楽、「きっと、また会える」「ただいま」を聴いていると、「いい映画を観たなぁ」「いい音楽を聴いたなぁ」という心地よい感慨がひたひたとわき起こってきました。日本の映画音楽の最先端はアニメ音楽にある。そう思わせてくれるタイトルであり、池さんにとってもまぎれもなく新しい代表作の1本になった作品だと思います。映画ともども、お楽しみください。

宇宙ショーへようこそ オリジナル・サウンドトラック
 ブックレットに池さん、舛成監督、落越プロデューサーの鼎談収録。ポチのステッカーつき。

 : 宇宙ショーへようこそ オリジナル・サウンドトラック

 ↓この作品の音楽も池さんでした。“やりすぎちゃった”感じが最高。

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- オリジナル・サウンドトラック

 : ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- オリジナル・サウンドトラック

« 「スタートレック」完全版サントラ2タイトル | トップページ | 冬木透の愛弟子が奏でるウルトラサウンド »