Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 鮎川麻弥 「Reply」- Acoustic Live- in 南青山MANDALA | トップページ | 次はインダストリアル・メタルだ!「FAIRY TAIL」サントラ第2弾! »

2010年7月 5日 (月)

CDと研究本で浮かび上がる渡辺岳夫の世界

 発売から1ヶ月経ってしまいましたが、すべての映像音楽ファンに聴いてほしいCD『作曲家・渡辺岳夫の世界 -アニメ・特撮編-』『同 -ドラマ編-』の2タイトルが6月2日にキングレコードから発売されました。

 1989年に渡辺岳夫が亡くなったとき、コロムビアから追悼盤『渡辺岳夫テレビ映画・アニメ主題歌集』が発売されました。また、キングレコードからは関西テレビ制作によるビデオ『渡辺岳夫の世界』も発売されました。
 それから20年、渡辺岳夫の仕事は忘れられるどころか、常にどこかで作品が流れ続けていました。しかし、熱心なドラマ・アニメ音楽ファン以外には、渡辺岳夫の仕事の全貌が知られているとは言えません。CD4枚とDVD1枚のボリュームで構成された『作曲家・渡辺岳夫の世界』は、多岐にわたる渡辺岳夫の仕事をフカンする、まさに待望の企画です。

 まずは『アニメ・特撮編』。コロムビアの『テレビ映画・アニメ主題歌集』でも代表作が聴けましたが、今回はレーベルの垣根を越え、なかなかまとめて聴くことのできなかった作品が集まりました。おなじみ『巨人の星』『アタックNo.1』『アルプスの少女ハイジ』『キャンディキャンディ』などはもちろんのこと、『家なき子』『無敵超人ザンボット3』『機動戦士ガンダム』などがいっしょに収録されているのは、なかなか見られない光景です。
 貴重な音源としては、ラジオドラマ『鉄人28号』の主題歌や、人形劇『ワン・チュー・スリー作戦』主題歌などを収録。10枚組BOX商品でしか聴けなかった名曲『家なき子』が収録されたのもうれしい。
 『アニメ・特撮編』にはDVDがついていて、代表的なアニメ作品のオープニング映像が収録されています。これも、制作会社・レーベルの枠を超えた快挙でしょう。

 欲をいえば、せっかくのキングレコード発売なので、CD化されていない『若草の四姉妹』や『二十四の瞳』(インストのテーマ曲がレコード化されている)を収録してほしかったところ。これにビクターの『ミュンヘンへの道』『レディ・ジョージィ』が加わったら無敵だったのに……とも思いますが、ないものねだりでしょう。天才的なメロディメーカーだった渡辺岳夫がアニメ・特撮作品に残した珠玉の作品に酔っていただきたいと思います。

 そして、真に貴重な目玉が『ドラマ編』。
 渡辺岳夫邸に資料として渡辺岳夫が保管した大量の音楽テープが残されているという話は、映像音楽研究家の間では語り草になっていました。いつかきちんと整理して、テープが再生不能になる前に商品化したいと…。
 その困難な仕事に挑んだのがこのタイトルなのですね。これこそ日本ドラマ音楽史の至宝、後世に残すべき音源です。
 松本清張原作のドラマ『ゼロの焦点』に始まり、時代劇、刑事ドラマ、少年向けドラマ、サスペンス、ロマンス、そして舞台作品まで。これでも渡辺岳夫の膨大な仕事の一部でしかありませんが、渡辺岳夫が生涯をかけて彫琢した「劇音楽」の世界を知ることができる作品群です。
 キングレコード発売ということで、キングからレコードが発売されていた『新選組血風録』『沙羅の門』『人形佐七捕物帳(松方弘樹版)』『くたばれ!かあちゃん』はレコードサイズ主題歌を収録。特に『沙羅の門』『くたばれ!かあちゃん』は初CD化です。
 また、渡辺岳夫ドラマ主題歌の中でも極めつけの名曲『大いなる旅路』はポリドールから借りて小椋佳のオリジナルを収録。ほかにも、「これぞ岳夫節!」という名旋律を堪能することができます。

 こちらも惜しいのは、収録からもれた代表作があることや、『白い巨塔』が中途半端な収録になってしまったこと。それでも、貴重な作品集であることに変わりはありません。

 『ドラマ編』の終盤には、『ガンダム』以降の渡辺岳夫が没頭した舞台劇の音楽が収められています。いずれも、正規盤では初公開となる音源です。これらを聴くと、渡辺岳夫がほんとうに描きたかったのは、映像とか生の舞台とかの違いを超えて、いつも「人間」だったのだなぁと思います。

 最後の曲は、ビデオ『渡辺岳夫の世界』にも収録された「南太平洋の想い出」。岳夫節の真髄ともいうべきメロディがラストに聴こえてきます。

 CD2タイトルと連動して、初の渡辺岳夫研究本『作曲家・渡辺岳夫の肖像』も6月16日に発売されました。渡辺岳夫の生涯と仕事を、ゆかりの人々へのインタビューを通して浮かび上がらせた労作です。
 CDのほうでは、作品紹介や楽曲解説は割愛されていますので、ぜひCDとともに本をひもといて、渡辺岳夫の世界にひたってみてください。渡辺岳夫が残した音楽は永遠です。

One Man's Music -作曲家 渡辺岳夫の世界-アニメ 特撮編-
 CD2枚+DVDに全36曲(CD)+19曲(DVD)収録。

 : 作曲家 渡辺岳夫の世界-アニメ 特撮編-

One Man's Music -作曲家 渡辺岳夫の世界-ドラマ編-
 CD2枚に全45曲収録。

 : 作曲家 渡辺岳夫の世界-ドラマ編-

作曲家・渡辺岳夫の肖像 -ハイジ、ガンダムの音楽を作った男-
 田中公平らも寄稿。貴重な写真や名曲紹介も。

 : 作曲家・渡辺岳夫の肖像 ハイジ

« 鮎川麻弥 「Reply」- Acoustic Live- in 南青山MANDALA | トップページ | 次はインダストリアル・メタルだ!「FAIRY TAIL」サントラ第2弾! »