Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 山下康介がスケール大きく描く「デジモンクロスウォーズ」 | トップページ | ザ・ワンダースと冬木透、奇跡のコラボ!DVD「昭和の情景」 »

2010年10月 1日 (金)

コロムビア100周年!

 60年代からアニメ音楽を牽引してきた日本コロムビア(コロムビアミュージックエンタテインメント改め)が創立100周年を迎えました。おめでとうございます。100周年を機に、社名も懐かしい「日本コロムビア」に戻されました。少年時代からコロムビアのレコードで育ってきた一人として、ほんとうに感慨深いものがあります。

 100周年を記念してのメモリアル商品も発売されています。中でもコロムビアらしいと思ったのが、8月18日に発売されたアルバム、

 ○アニメソング史(ヒストリー) I~III
 ○特撮ソング史(ヒストリー) I~II

でした。

 60~80年代のアニメソング、特撮ソングを各2枚組のCDに収録したコンピレーション・アルバムです。

 それだけなら、「またいつもの…」となるところですが、今回のアルバムは、

 ・レーベルを超えて、有名作品のオリジナル音源を収録
 ・高音質のブルースペックCD

というところがミソ。「魔法使いサリー」も「マッハGoGoGo」も「ゲゲゲの鬼太郎」もコロムビア・カヴァーではなく、オリジナルが収録されているのですよ。初CD化というわけではないですが、クリアで粒立ちのよい音質で楽しめるのはうれしい。選曲はヘンなひねりなく、「100年後に残したいアニソン」として納得できるもの。基本的にオープニング、エンディングの両方が収録され、エンディングがないものはオープニングのみの収録になっています。『あしたのジョー2』や『スーパーロボット マッハバロン』『プロレスの星 アステカイザー』が収録されているのはツボですね。

 アニメ・特撮ソングの名曲を21世紀の技術による高音質で甦らせた、100周年記念にふさわしい企画と思います。定番ものを高スペックで残すことは、文化を次の世代に残すことですからね。「すでにCDで持っているよ」という人も、この音質を体験してほしい。そう思わせるアルバムです。

アニメソング史(ヒストリー)I
アニメソング史(ヒストリー)II
アニメソング史(ヒストリー)III

 : アニメソング史(ヒストリー)I  : アニメソング史(ヒストリー)II  : アニメソング史(ヒストリー)III

特撮ソング史(ヒストリー)I
特撮ソング史(ヒストリー)II

 : 特撮ソング史(ヒストリー)I  : 特撮ソング史(ヒストリー)II

※タワーレコードにまとめサイトが作られています。
 ⇒コロムビア100周年記念作品、次の100年に遺したいアニソン&特撮ヒーローソング

« 山下康介がスケール大きく描く「デジモンクロスウォーズ」 | トップページ | ザ・ワンダースと冬木透、奇跡のコラボ!DVD「昭和の情景」 »