Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 「プリキュアオールスターズDX3」音楽は…佐藤直紀! | トップページ | 歌でたどるプリキュア映画のあゆみ »

2011年2月12日 (土)

「何もかも変わるとしても」斉藤由貴21th Anniversary Concert

 2月10日、渋谷PARCO劇場で開催された斉藤由貴21th Anniversary Concert「何もかも変わるとしても」に足を運びました。

 5日連続公演の2日目。日替わりでゲストが入れ換わり、この日は谷山浩子さんがゲストです。

 デビュー25周年記念コンサート。ということは、デビュー以来聴き続けている私も25年ファンを続けているわけで、いやー、感慨深いです。

 2月14日には、25周年記念アルバムの発売も予定されており(私は東宝のサイトで予約していち早く入手しました!)、新曲と「往年の名曲」をとり混ぜての構成でした。

 1曲目はTHE BEATLESの「ACROSS THE UNIVERSE」。客席後方の扉から歌いながら登場する演出は、2008年に同じPARCO劇場で開催された13年ぶりのコンサートのときと同じ趣向です。
 続いて「予感」をニューアルバム・ヴァージョンで。「街角のスナップ」「AXIA -かなしいことり-」とおなじみの曲が続いたあと、「折り合いがつかない」「Dream」と新曲を2曲。「折り合いがつかない」は斉藤由貴自身の詞に武部聡志さんが作曲・編曲。家族を歌ったちょっとコミカルな歌です。

 中盤に入り、ゲストの谷山浩子さん登場!
 新アルバムから谷山さん詞の「のらねこ」と谷山さん詞・曲による「SORAMIMI」を二人で。「のらねこ」は猫に託した想いがぐっとくる佳品。「SORAMIMI」は、人気曲ながらステージで歌うのははじめてだとか。二人のMCがかけあい漫才のように面白く、コンサート中、一番の盛り上がりどころでした。
 インターミッションとして、谷山浩子さんがピアノ弾き語りソロで「テルーの唄」を。
 再登場した斉藤由貴さんを迎えて、新アルバムから「おうちでかくれんぼ」。由貴さんちの子どもたちの声をフィーチャーして楽しく歌われました。「おうちでかくれんぼ」は前回のコンサートで初披露され、今回、待望のCD収録。新アルバムの中では谷山さんとのコラボによる「のらねこ」と「おうちでかくれんぼ」が私も大好きです。

 谷山さんを送り出し、後半の1曲目は、新アルバムから子どもたちへの想いを歌った「Dearest」。「土曜日のタマネギ」「MAY」「夢の中へ」と懐かしい歌が3曲続いたあと、新アルバムから「手をつなごう」「永遠のひと」でフィナーレとなりました。「手をつなごう」は辛島美登里さんの詞・曲による歌で、これも家族への想いをこめた味わい深い曲。アルバムでは由貴さんちの子どもたちの声がフィーチャーされています。

 アンコールはデビュー曲「卒業」、そして「Que Sera, Sera (Whatever will be will be)」。「Que Sera, Sera」は新アルバムのラストに収録されているカヴァー曲です。言わずと知れたドリス・デイの名曲(ヒッチコック監督の映画『知りすぎていた男』の挿入歌)ですが、たしかに斉藤由貴さんにぴったりの歌だなぁと。

 ピアノ、ギター、ベース、パーカッションにキーボード&コーラスというシンプルな編成。スクリーンに写真を移しての演出が印象的でした。アイドルとしてデビューした斉藤由貴ですが、家族を歌う歌手に成長(もしくは変化)ことで、古くからのファンにも若いファンにも支持される新しい魅力を得ている。そんなことを感じた夜でした。そして、なんといっても谷山浩子さんとのトーク! これだけでもじゅうぶん公演になるんではないかな。

☆補記(2011.02.14)
 公演パンフレットが120ページものボリュームで読み応えたっぷりでした。斉藤由貴インタビューと今回のゲストおよびゆかりの人たちのコメント。ディスコグラフィー、フィルモグラフィー、公演記録なども載っており、25周年記念本として充実の内容です。

何もかも変わるとしても
 フルアルバムは17年ぶり!

 : 何もかも変わるとしても

☆谷山浩子さんは来年がデビュー40周年(!)とのことで、記念アルバムがリリース中です。

 : HIROKO TANIYAMA '70s  : HIROKO TANIYAMA '80s
HIROKO TANIYAMA '70s ◎HIROKO TANIYAMA '80s

 : HIROKO TANIYAMA '90s  : HIROKO TANIYAMA '00s
HIROKO TANIYAMA '90s  ◎HIROKO TANIYAMA '00s

<Set List>

  1. ACROSS THE UNIVERSE
  2. 予感
  3. 街角のスナップ
  4. AXIA -かなしいことり-
  5. 折り合いはつかない
  6. Dream
  7. どらねこのらねこ (with 谷山浩子)
  8. SORAMIMI (with 谷山浩子)
  9. テルーの唄 (谷山浩子ソロ)
  10. おうちでかくれんぼ (with 谷山浩子)
  11. Dearest
  12. 土曜日のタマネギ
  13. MAY
  14. 夢の中へ
  15. 手をつなごう
  16. 永遠のひと

アンコール

  1. 卒業
  2. Que Sera, Sera (Whatever will be will be)

« 「プリキュアオールスターズDX3」音楽は…佐藤直紀! | トップページ | 歌でたどるプリキュア映画のあゆみ »