Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

勇者シリーズ20周年記念アルバム!

 1990年に『勇者エクスカイザー』が放映されてはや20年。
 ビクター/フライングドッグから放映20周年記念企画アルバムが2月23日に発売されます。

 勇者シリーズ主題歌集「More BRAVEST」とトリビュート・カヴァー・アルバム「HEARVEST」の2タイトル。2タイトルをセットにした商品「GREATEST」も同時リリース。

 「More BRAVEST」は1997年に発売された「勇者シリーズ・テーマ・ソング・コレクション BREAVEST」の増補版。「BRAVEST」には『勇者ファイバード』(1991)から『勇者指令ダグオン』(1996)までの主題歌が収録されていました。今回は、第1作『勇者エクスカイザー』(1990)と最終作『勇者王ガオガイガー』(1997)がプラスされた完全版です。
 中でも『勇者エクスカイザー』はシリーズ中唯一キングレコードからのリリースだったので、ほかのシリーズと一緒に収録されるのは難しいのでは?と思われていた作品。今回、一気通貫で聴けるようになったのは実にうれしい快挙ですよ。
 加えて、「More BRAVEST」にはシリーズのノンクレジットOP・ED映像を収録した特典DVDが付属。これは、勇者ファンならずとも買い!のアルバムでしょう。

 一方「HEARVEST」は歴代主題歌8曲をFictionJunction、MORISHIGE,JUICHI、南里侑香、TOPGUN、中野愛子、米倉千尋、田村直美 、PERSONZがカヴァーしたアルバム。全曲、新アレンジ・新録音です。90年代勇者ソングがどんなふうにカヴァーされているのか、そのサウンドに期待がふくらみます。

 こうなると、ユーメックスとキングの音源を集めて、エルドラン・シリーズのソング集も発売してほしいですね。

勇者シリーズ20周年記念企画 More BRAVEST [DVD付]

 : 勇者シリーズ20周年記念企画 More BRAVEST

勇者シリーズ20周年記念企画 HARVEST

 : 勇者シリーズ20周年記念企画 HARVEST

勇者シリーズ20周年記念企画 GREATEST [DVD付]
 「More BRAVEST」と「HEARVEST」のセット商品。1年間期間限定生産。

 : 勇者シリーズ20周年記念企画 GREATEST

2011年2月17日 (木)

「悟空の大冒険」オリジナル・サウンドトラック!2枚組で登場!!

 1967年に放映された虫プロダクション制作のTVアニメ『悟空の大冒険』のオリジナル・サウンドトラックCDが発売されました。
 本作品のBGMは1997年に「懐かしのミュージッククリップ」シリーズで音盤化されたことがありますが、そのときはシネテープ、ME素材からのCD化。今回は奇跡的に発掘されたマスターテープからの初商品化です。

 音楽は宇野誠一郎。アニメでは『アンデルセン物語』や『ムーミン』『ふしぎなメルモ』『一休さん』など、リリカルなメロディとはずむリズムが印象的で、60,70年代TV世代なら忘れられない作曲家の一人です。

 『悟空の大冒険』のBGMは毎回映像に合わせて録音されていました。今回は発掘されたテープから比較的メロディアスなもの、長尺のもの、音質の良好なものを中心に選曲。100曲近い楽曲が収録されています。短い曲でも工夫とアイデアに富み、「なるほど宇野誠一郎!」と思わせる曲が詰まっています。
 さらにDISC2の<ソング・コレクション>ブロックでは、主題歌・挿入歌の複数ヴァージョンを収録。本作の歌曲リリースは競作方式で、発売メーカーによって異なる音源が用意されていたのでした。TVサイズ、朝日ソノラマ版、コロムビア版、さらにはCM用に録音された歌詞違い版まで網羅されているのは圧巻。

 ブックレットもすばらしい出来。作曲の宇野誠一郎、音響の田代敦巳、効果の柏原満への取材記事を掲載。貴重な証言を読むことができます。企画・監修・解説はTV-AGEシリーズでおなじみ濱田高志さん。

 細部まで作りこんだ現代のアニメ音楽を聴きなれた耳には、荒削りで薄い音楽に聴こえるかもしれません。しかし、現代にはない勢いと実験精神がこの時代の音楽には込められている。その息づかいを聴いていただきたいと思います。

悟空の大冒険 オリジナル・サウンドトラック

 : 悟空の大冒険 オリジナル・サウンドトラック

悟空の大冒険 Complete BOX [DVD]
 本編も傑作! 演出には出崎統も参加。

 : 悟空の大冒険 Complete BOX

2011年2月15日 (火)

歌でたどるプリキュア映画のあゆみ

 プリキュア映画第10作『プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなく☆虹色の花』が3月に公開されるのを記念して、歴代映画主題歌を集めたアルバム「プリキュア映画主題歌コレクション」が2月16日に発売されます。腹巻猫が構成・解説を担当しました。

 プリキュア映画第1作『映画 ふたりはプリキュアMax Heart』(2005)から第9作『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』(2010)まで、長編9作品の主題歌・挿入歌と短編『ちょ~短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ』の主題歌、あわせて20曲をCD2枚に収録。劇場主題歌のコンピレーションはプリキュアCD史上初です。

 曲順は映画の公開順とし、DISC1に『Yes! プリキュア5 GoGo!』まで、DISC2に『フレッシュプリキュア!』以降の作品を収録しました。
 工藤静香が歌う「心の力」やBerryz工房が歌う「ギャグ100回分愛してください」、三船美佳&THE TRA★BRYUの「Birthday Party」などは公開当時のシングル盤のみの発売で、ボーカルベストやボーカルBOXにも未収録の曲。シングルを買ってない人にはお得だと思います。
 また、『ちょ~短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ』の主題歌「DANZEN!まかせて☆フル・スロットルGOGO!!」は、『Yes! プリキュア5 GoGo!』のTV版サントラ2枚目にボーナストラックとして収録されたのみなので、これもなかなかレアです。

 加えて、今回、20曲を1つのアルバムにまとめるにあたり、音のお化粧直しをしています。具体的には、録音レベルや音色のバランスを整えるためにリマスタリングを行いました。昔のCDをお持ちの方は、聴き比べてみるのも面白いと思いますよ。

 インナーは歌詞を掲載したブックレットに加え、各作品の紹介を載せたミニポスター風の折り込みを同梱。表が長編9作品のポスター画、裏が作品クレジットと解説という趣向です。ほんとは1作品ごとカードにしたかったのですが、諸事情によりこういう形になりました。思い切って作品ごとに切り離していただいても楽しめます。

 プリキュア映画の歴史が詰まったソングコレクション、第10作鑑賞前の予習として、気分を盛り上げていただけたらうれしいです。

プリキュア映画主題歌コレクション

 : プリキュア映画主題歌コレクション

 映画のポスター画と解説を掲載した折り込みがつく。
 Precuremovie_orikomi

続きを読む "歌でたどるプリキュア映画のあゆみ" »

2011年2月12日 (土)

「何もかも変わるとしても」斉藤由貴21th Anniversary Concert

 2月10日、渋谷PARCO劇場で開催された斉藤由貴21th Anniversary Concert「何もかも変わるとしても」に足を運びました。

 5日連続公演の2日目。日替わりでゲストが入れ換わり、この日は谷山浩子さんがゲストです。

 デビュー25周年記念コンサート。ということは、デビュー以来聴き続けている私も25年ファンを続けているわけで、いやー、感慨深いです。

 2月14日には、25周年記念アルバムの発売も予定されており(私は東宝のサイトで予約していち早く入手しました!)、新曲と「往年の名曲」をとり混ぜての構成でした。

 1曲目はTHE BEATLESの「ACROSS THE UNIVERSE」。客席後方の扉から歌いながら登場する演出は、2008年に同じPARCO劇場で開催された13年ぶりのコンサートのときと同じ趣向です。
 続いて「予感」をニューアルバム・ヴァージョンで。「街角のスナップ」「AXIA -かなしいことり-」とおなじみの曲が続いたあと、「折り合いがつかない」「Dream」と新曲を2曲。「折り合いがつかない」は斉藤由貴自身の詞に武部聡志さんが作曲・編曲。家族を歌ったちょっとコミカルな歌です。

 中盤に入り、ゲストの谷山浩子さん登場!
 新アルバムから谷山さん詞の「のらねこ」と谷山さん詞・曲による「SORAMIMI」を二人で。「のらねこ」は猫に託した想いがぐっとくる佳品。「SORAMIMI」は、人気曲ながらステージで歌うのははじめてだとか。二人のMCがかけあい漫才のように面白く、コンサート中、一番の盛り上がりどころでした。
 インターミッションとして、谷山浩子さんがピアノ弾き語りソロで「テルーの唄」を。
 再登場した斉藤由貴さんを迎えて、新アルバムから「おうちでかくれんぼ」。由貴さんちの子どもたちの声をフィーチャーして楽しく歌われました。「おうちでかくれんぼ」は前回のコンサートで初披露され、今回、待望のCD収録。新アルバムの中では谷山さんとのコラボによる「のらねこ」と「おうちでかくれんぼ」が私も大好きです。

 谷山さんを送り出し、後半の1曲目は、新アルバムから子どもたちへの想いを歌った「Dearest」。「土曜日のタマネギ」「MAY」「夢の中へ」と懐かしい歌が3曲続いたあと、新アルバムから「手をつなごう」「永遠のひと」でフィナーレとなりました。「手をつなごう」は辛島美登里さんの詞・曲による歌で、これも家族への想いをこめた味わい深い曲。アルバムでは由貴さんちの子どもたちの声がフィーチャーされています。

 アンコールはデビュー曲「卒業」、そして「Que Sera, Sera (Whatever will be will be)」。「Que Sera, Sera」は新アルバムのラストに収録されているカヴァー曲です。言わずと知れたドリス・デイの名曲(ヒッチコック監督の映画『知りすぎていた男』の挿入歌)ですが、たしかに斉藤由貴さんにぴったりの歌だなぁと。

 ピアノ、ギター、ベース、パーカッションにキーボード&コーラスというシンプルな編成。スクリーンに写真を移しての演出が印象的でした。アイドルとしてデビューした斉藤由貴ですが、家族を歌う歌手に成長(もしくは変化)ことで、古くからのファンにも若いファンにも支持される新しい魅力を得ている。そんなことを感じた夜でした。そして、なんといっても谷山浩子さんとのトーク! これだけでもじゅうぶん公演になるんではないかな。

☆補記(2011.02.14)
 公演パンフレットが120ページものボリュームで読み応えたっぷりでした。斉藤由貴インタビューと今回のゲストおよびゆかりの人たちのコメント。ディスコグラフィー、フィルモグラフィー、公演記録なども載っており、25周年記念本として充実の内容です。

何もかも変わるとしても
 フルアルバムは17年ぶり!

 : 何もかも変わるとしても

☆谷山浩子さんは来年がデビュー40周年(!)とのことで、記念アルバムがリリース中です。

 : HIROKO TANIYAMA '70s  : HIROKO TANIYAMA '80s
HIROKO TANIYAMA '70s ◎HIROKO TANIYAMA '80s

 : HIROKO TANIYAMA '90s  : HIROKO TANIYAMA '00s
HIROKO TANIYAMA '90s  ◎HIROKO TANIYAMA '00s

続きを読む "「何もかも変わるとしても」斉藤由貴21th Anniversary Concert" »

2011年2月 7日 (月)

「プリキュアオールスターズDX3」音楽は…佐藤直紀!

 3月19日に公開される『映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花♪』の音楽録音が、2月6日都内のスタジオで行われました。

 音楽担当は、『Yes! プリキュア5 GoGo!』(2008)以来2年ぶりの登板となる、

 佐藤直紀さん!

 映画『プリキュアオールスターズDX』(2009)と『DX2』(2010)では高梨康治さんと連名で佐藤さんの名もクレジットされいてましたが、音源は旧作からの流用でした。

 今回は、新作録り下ろし!(一部流用もあります)

 クレジットも佐藤さん単独になりました。

 佐藤さんは『ふたりはプリキュア』(2004)に参加した直後くらいからじわじわと名が知られるようになり、『ALWAYS 三丁目の夕日』『海猿』『ハゲタカ』『K-20 怪人二十面相・伝』といった話題作を次々担当。昨年も大河ドラマ『龍馬伝』、映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の音楽を手がけていました。すっかり映画・ドラマ音楽の売れっ子となった佐藤直紀さんが『プリキュア』に復帰し、どんな音楽を書いてくれるか?
 私も大いに楽しみにしていました。

 この日、スタジオに集まったプレーヤーは、『ふたりはプリキュア』から『Yes!プリキュア5 GoGo!』の音楽録音に参加していたおなじみのメンバー。まるで同窓会のようです。

 出てきた音は、まさに往年のプリキュアサウンドそのもの。
 『フレッシュプリキュア!』『ハートキャッチプリキュア!』のメタルサウンドに慣れてしまった耳には、なんとも懐かしく、やさしく響きます。
 旧作のモチーフもちりばめられ、プリキュアサウンドの集大成と呼べる音楽ができあがりました。

 佐藤さんは今回の映画の依頼があったとき、「あの〈プリキュアサウンド〉をもう一度作ってみたい」という思いで引き受けたそうです。
 作曲も楽しい作業だったとか。

 アニメの劇伴録音では、通常、リズムを録り、そのあと弦を重ね、ブラスを重ね、という具合に「別録り」することが多いのですが、今回は、コンサートのように、すべての楽器を同時に鳴らして録る「同時録音」のスタイルで収録されました。
 これは、時間の都合などではなく、演奏のノリを大事にしたいという佐藤さんのこだわりなのだそうです。

 『ふたりはプリキュア MaxHeart』の頃から「プリキュア」シリーズの音楽づくりの現場に参加してきた私には、なんとも感慨深い録音でした。

 サントラ盤は3月23日発売予定!
 ライナーには佐藤直紀さんのインタビューも掲載されます。
 映画と合わせてお楽しみに!

映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花♪ オリジナル・サウンドトラック

 : 映画プリキュアオールスターズDX3 オリジナル・サウンドトラック
 ※ジャケットはイメージ(仮)です。

 主題歌シングルも同時発売!

キラキラkawaii!プリキュア大集合♪~いのちの花~/ありがとうがいっぱい(DVD付)
 オープニングは工藤真由、エンディングは歴代プリキュアシンガーによるユニット・キュアレインボーズが歌います。

2011年2月 2日 (水)

「ふたりはプリキュア」DVD-BOX発売!

 『ハートキャッチプリキュア!』の感動の最終回の余韻覚めやらぬ中、シリーズ第1作『ふたりはプリキュア』のDVD-BOXが発売されました。
 プリキュアのDVD-BOXは初。2BOX構成で、2月2日に前半(1話~28話)を収録したVol.1[Black]が、3月2日に後半(29話~49話)を収録したVol.2[White]が発売されます。

 得点は2BOXが収納できるイラストケース。そして、解説書。この解説書がすぐれもので、鷲尾天プロデューサー、西尾大介監督(シリーズディレクター)、キャラクターデザインの稲上 晃の3氏への取材をもとに、作品の誕生、各キャラクターの設定、各エピソードの解説が掲載されています。図版の量では『ふたりはプリキュア ビジュアル・ファンブック』におよびませんが充実の内容。

 初代シリーズの魅力は、徒手空拳、肉弾戦で戦うプリキュアのアクション。そして、なぎさとほのかを中心とした日常描写。傷だらけになりながら戦うブラックとホワイトの姿は、最近のプリキュアシリーズでは見られない迫力にあふれています。

 音楽はもちろん佐藤直紀! プリキュアサウンドのルーツと呼べる、豊かなメロディとダイナミックなアレンジが楽しめます。

 来週からは新シリーズ『スイートプリキュア!』がスタートします。この機会にプリキュアシリーズの原点をふりかえってみるのもよいと思いますよ。私は単品で全巻持っているんですが、BOXも買ってしまいました。

ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.1[Black]

 :ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.1[Black]

ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.2[White]
 BOX2は3月2日発売!

 :ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.2[White]

↓3月2日はこんな本も発売されます。

プリキュアぴあ

 :プリキュアぴあ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »