Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 勇者シリーズ20周年記念アルバム! | トップページ | NHK ニュースの音楽2010 »

2011年3月 1日 (火)

プリキュアオールスターズ スペシャルコンサート!

 2月26日、27日の2日間、大阪・梅田芸術劇場メインホールで「プリキュアオールスターズ スペシャルコンサート」が開催されました。

 プリキュア映画第10作公開記念、朝日放送創立60周年記念のイベントです。

 注目はなんといっても、

☆プリキュア主題歌歌手7人勢ぞろい!

 そして、

☆京都フィルハーモニーとの共演!

 オーケストラとアニメソングのコラボレーションといえば、2009年4月に開催されたコンサート「涼宮ハルヒの弦奏」が思い浮かびます。大編成のオーケストラで主題歌やBGMが演奏されたゴージャスなコンサートでした。今回の企画をはじめて聞いたとき、私は、「あんなコンサートになるのか!? 佐藤直紀や高梨康治の曲がオーケストラ・アレンジで演奏されたらすごいなぁ」と思っていたのでした。
 が、実は今回のプリキュアコンサートは、まったく異なるコンセプトの内容でした。最初の期待が高かったので私はちょっとしょぼん…な感じでしたが、これはこれで歴史に残るイベントになったと思います。なにより、子どもたちが目を輝かせて聴き入っていたのが印象的でした。そう、今回のメインターゲットはアニメファンやアニメソングファンではなく、子どもたち。それが「涼宮ハルヒの弦奏」との大きな違いですね。

 1曲目、工藤真由の歌う「ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪」がクライマックスに近づくと、客席に21人のプリキュア(着ぐるみです)が登場、会場は大歓声に包まれました。プリキュアたちが通路を歩いてステージへ上がるのに合わせて、7人のプリキュア歌手も勢ぞろい。大合唱で幕を開けたのでした。

 1部は『ふたりはプリキュア Max Heart』から『Yes! プリキュア5 GoGo!』までの曲で構成。歴代オープニング・エンディング曲が次々と披露され、昔からのファンは感無量です。途中、会場といっしょになってのリズム遊びコーナー、クラシック曲2曲をはさんで、『Yes! プリキュア5 GoGo!』からの2曲、そしてキュア・カルテット(五條真由美・うちやえゆか・工藤真由・宮本佳那子)による「プリキュアモードにSWITCH ON!」。この歌は盛り上がりますね。途中からほかの歌手とプリキュアたちも集合し、全員集合で1部は終了。

 オーケストラは、弦がヴァイオリンx4、ヴィオラx1、チェロx1、コントラバスx1の7人、木管がフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット各1の4人、金管がトランペット、トロンボーン、ホルン各1の3人、そして、ピアノx1、クラシック・パーカッションx1という編成。いわゆるフルオケではなく、室内合奏団なのです。
 指揮は宝塚歌劇団の指揮でも知られる女性指揮者・御崎恵さん(現在は東京に拠点を移して東京宝塚で活躍中)。さっそうとした指揮ぶりがカッコいい。そして美しい!

 2日間、全3回の公演を聴かせていただきましたが、正直、初回はまだ課題が多く、はらはらする場面も。オケとヴォーカルのバランス、コーラスの音量、リヴァーブ、照明、MC…。実際ハプニングもあった。しかし、2回目、3回目と重ねるにつれてどんどんよくなっていくのがわかりました。

 出演者たちも見えないところでがんばっていました。プリキュアソングにはコーラスがつきものなのに、今回はなんとコーラス隊がいない。そこで、コーラスや合の手(「プリキュア♪」とか)を、舞台に上がっていない歌手たちが裏で生で入れていたのです。1部は茂家瑞季、林ももこ、池田彩らが、2部では五條真由美、うちやえゆか、宮本佳那子らが主に担当。8月発売予定のDVDでは、そんなところにも耳を傾けてみると興味深いと思います。

 2部はエルガーの「威風堂々」からスタート。歌手たちがオーケストラの楽器をひとつずつ紹介するコーナー、会場の子どもたちに指揮者を体験してもらうコーナーなどが設けられていました。指揮者体験コーナーの課題曲が『題名のない音楽会』の人気企画「振ってみまショー」のテーマにもなっている「カルメン」前奏曲だったのがご愛嬌。さらにクラシック2曲が演奏されて、プリキュアソング・コーナーへ。

 ここからは、『フレッシュプリキュア!』『ハートキャッチプリキュア!』、そして、映画『プリキュアオールスターズDX3』の主題歌まで一気呵成に盛り上がります。なかでも、多くのファンの記憶に新しい『ハートキャッチプリキュア!』からの3曲は本コンサート一番の聴きどころだったと言えるかもしれません。とりわけ、「Tomorrow Song~あしたのうた~」はオリジナルとは異なる工藤真由&池田彩の歌唱によるヴァージョンで、さらに残るプリキュア歌手全員が舞台に上ってコーラスを加えるというゴージャスさ。その高揚感の中で、ステージに並んだ21人のプリキュアたちが名乗りシーンを披露、「キラキラkawaii! プリキュア大集合♪~いのちの花~」へとつながります。まさに奇跡の大集合の瞬間でした。

 このあとは、池田彩ちゃんによる、『スイートプリキュア♪』エンディングのダンス・レッスン。なかなか難しそうな振り付けを子どもたちに教えたあと、「ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!」スタート! 会場の1階席、2階席、3階席にプリキュアたちが現れ、お手本となって踊ってくれるという、子どもたち歓喜の場面が見られました。

 最後にふたたび歌手が勢ぞろいし、「ラ♪ラ♪ラ♪ スイートプリキュア♪」を全員で歌って幕。

 休憩をはさんでたっぷり2時間。子どもたちは飽きることなく楽しんでいました。これがはじめてのコンサート体験だった子どもたちは、きっと、この日のことを忘れることはないと思いますよ。生演奏でプリキュアと踊った日のことを。

 私自身は、当初、「クラシックの曲よりもプリキュアの曲をもっとやってくれたらなぁ」「歌も1コーラスでは物足りない」「〈ガンバランスdeダンス〉も歌ってほしかった」などなどと不完全燃焼気味だったのですが、公演が終わるころにはお腹いっぱい。充実感と幸福感に満たされていました。思い出に残るスペシャルなコンサートでした。出演者、スタッフのみなさま、ありがとうございました。

 本公演のもようがDVDになって発売されます。CD化の企画もあります。行けなかった方もお楽しみに。

プリキュアオールスターズ スペシャルコンサート with京都フィルハーモニー室内合奏団 [DVD]

 : プリキュアオールスターズ スペシャルコンサート with京都フィルハーモニー室内合奏団


<Set List>
[1部]

  1. ラ♪ラ♪ラ♪ スイートプリキュア♪(工藤真由)
  2. DANZEN! ふたりはプリキュア ver.Max Heart(五條真由美)
  3. まかせて★スプラッシュ☆スター★(うちやえゆか)
  4. プリキュア5、スマイル go go!(工藤真由)
  5. キラキラしちゃって My True Love!(宮本佳那子)

    ☆リズムあそびコーナー(ドレミの歌)

  6. 歌劇「ウィリアムテル」より スイス軍の行進(ロッシーニ作曲)
  7. フィドル・ファドル(アンダースン作曲)

  8. プリキュア5、フル・スロットル GO GO!(工藤真由)
  9. 手と手つないでハートもリンク!!(宮本佳那子)
  10. プリキュアモードにSWITCH ON!(キュア・カルテット)

[2部]

  1. 威風堂々(エルガー作曲)

    ☆楽器紹介コーナー(キラキラ星)
    ☆指揮者体験コーナー(「カルメン」前奏曲)

  2. 歌劇「カルメン」より 前奏曲(ビゼー作曲)
  3. G線上のアリア(バッハ作曲)

  4. Let's フレッシュプリキュア!~Hybrid ver.~(茂家瑞季)
  5. You make me happy! ~ H@ppy Together!!!(林ももこ)
  6. Alright! ハートキャッチプリキュア!(池田彩)
  7. ハートキャッチ☆パラダイス!(工藤真由)
  8. Tomorrow Song~あしたのうた~(工藤真由&池田彩)
  9. キラキラkawaii! プリキュア大集合♪~いのちの花~(工藤真由&池田彩)

    ☆ダンス・レクチャー・コーナー

  10. ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!(池田彩)
  11. ラ♪ラ♪ラ♪ スイートプリキュア♪(全員)

 指揮:御崎 恵
 京都フィルハーモニー室内合奏団

« 勇者シリーズ20周年記念アルバム! | トップページ | NHK ニュースの音楽2010 »