Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« プリキュア主題歌シングル、リニューアル盤で登場! | トップページ | 池辺晋一郎プロデュース「静響&グランシップ コンサート」 »

2011年6月 6日 (月)

ついに「屍鬼」のサントラが単独発売!

 DVDの特典CDという形でしか発表されなかったアニメ『屍鬼』のオリジナル・サウンドトラックが、ファンの熱心なリクエストが実って、ついにCDで単独発売されました。放映終了から5ヶ月を経ての快挙です。

 音楽は高梨康治さん。本領発揮といえる作品に仕上がっています。こういうダークなものを書かせると、ほんとうにうまい。

 『屍鬼』の音楽には、放映当時から注目していました。作品はホラーなのに、女声コーラスをフィーチャーした哀感に満ちた美しい音楽が映像を彩ります。観続けるうちに、これは人間側ではなく、滅び行く種族の側につけた哀歌なのだと気づきました。
 コーラスを担当したのが、バンド<Sound Horizon>で活躍するヴォーカリストのRemiさんとみきさん。2人は『スイートプリキュア♪』の音楽にもコーラスで参加しています。

 というより、『屍鬼』の手ごたえがあったから、『スイートプリキュア♪』の音楽はああいう音楽――コーラスをふんだんに使った音楽――になったわけですね。もちろん『屍鬼』と『プリキュア』とでは音楽のベクトルはまったく逆…と言ってもいいくらいですが、そのサウンド感はつながっています。『プリキュア』大人版といったところでしょうか。『プリキュア』の敵側の描写にこんな音楽がついていたら…と思うとぞくぞくします。

 『プリキュア』で高梨さんの名前を知ったという方にもぜひ聴いてもらいたい1枚です。

屍鬼オリジナル・サウンドトラック

 : 屍鬼オリジナル・サウンドトラック

« プリキュア主題歌シングル、リニューアル盤で登場! | トップページ | 池辺晋一郎プロデュース「静響&グランシップ コンサート」 »