Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« ふたりはプリキュアMaxHeart メモリアル ボーカルセレクション | トップページ | Yes! プリキュア5 メモリアル ボーカルセレクション »

2011年8月 8日 (月)

ふたりはプリキュアSplash☆Star メモリアル ボーカルセレクション

ふたりはプリキュアSplash☆Star メモリアル ボーカルセレクション

 : ふたりはプリキュアSplash☆Star メモリアル ボーカルセレクション

〈収録曲〉

  1. まかせて★スプラッシュ☆スター★ (うちやえゆか with Splash Stars)
  2. Yes!プリキュアスマイル♪ ~夢に向かって~ (咲&舞)
  3. 海が見えたら (咲)
  4. 謎の行方 (舞)
  5. エガオノチカラ (五條真由美)
  6. blessing (うちやえゆか&五條真由美)
  7. ずっと、ずっと…ね (咲、舞、フラッピ、チョッピ)
  8. 『笑うが勝ち!』でGO! (五條真由美)
  9. 今日も元気! (うちやえゆか)
  10. Pa!っとハレバレじゃん♪ (咲、舞、うちやえゆか、五條真由美)
  11. 7つの泉を奪還せよ!! ~フィフスエレメントの逆襲~ (DARK ELEMENTS)
  12. 海に月、心に光、キラキラと。 (咲)
  13. A message of wind (舞)
  14. バイセコー (咲&舞)
  15. 奇跡の雫 (うちやえゆか)
  16. ガンバランス de ダンス (五條真由美 with フラッピ&チョッピーズ)

 咲/CV:榎本温子
 舞/CV:樹元オリエ
 フラッピ/CV:山口勝平
 チョッピ/CV:松来未祐
 DARK ELEMENTS=カレハーン(CV:千葉一伸)、モエルンバ(CV:難波圭一)、ドロドロン(CV:岩田光央)、ミズ・シタターレ(CV:松井菜桜子)、キントレスキー(CV:小杉十郎太)


 「プリキュア」シリーズ第3作『ふたりはプリキュアSplash☆Star』のボーカルセレクションです。

 『ふたりはプリキュア』のコンセプトを受け継ぎ、キャラクターと設定を変えた新シリーズ『Splash☆Star』。音楽的にも充実の時期に入ります。好きな曲が多く、構成も楽しんでやりました。

 初リリースは、オープニング「まかせて★スプラッシュ☆スター★」と前期エンディング「『笑うが勝ち!』でGO!」が2006年2月22日発売のシングル盤(MJCD-23016)。後期エンディング「ガンバランス de ダンス」とカップリング曲「Pa!っとハレバレじゃん♪」が2006年10月4日発売のシングル盤(MJCD-23023)。
 挿入歌は、アルバム『ふたりはプリキュアSplash☆Star ボーカルアルバムI~Yes!プリキュアスマイル♪~』(MJCD-20064)、『ふたりはプリキュアSplash☆Star ボーカルアルバムII~奇跡の雫~』(MJCD-20078)でリリースされました。

 さて、『Splash☆Star』といえば、うちやえゆかさんです。『ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュアMaxHeart』のイメージを決定づけたのは五條真由美さんの歌声だったわけですが、本作では主題歌歌手が五條さんからうちやえさんに変わって、雰囲気にも変化がありました。うちやえさんは作詞・作曲も手がけていて、彼女の歌声と詞曲が『Splash☆Star』の基調音になっています。

 オープニング「まかせて★スプラッシュ☆スター★」は新しいプリキュア像を象徴する1曲。作詞:青木久美子、作曲:小杉保夫という前作と同じコンビの作ながら、うちやえさんの歌声と元気のいい合いの手コーラスによって、ファンタジックかつ楽しい仕上がりになっています。

 「Yes!プリキュアスマイル♪ ~夢に向かって~」は咲と舞が歌うプリキュアソング。キメ台詞を盛り込んだ詞は、うちやえさんの作。作曲・編曲はのちに『侍戦隊シンケンジャー』の音楽で戦隊ファンを魅了する高木 洋さんが手がけています。

 五條真由美さんが歌う「エガオノチカラ」は、次作『Yes! プリキュア5』の主題歌を担当する只野菜摘さんの詞に、小杉保夫さんの曲。軽快なロック風の仕上がりです。この曲と「今日も元気!」の編曲と演奏を担当したSOMEHOW'Sは、五條さんやうちやえさんのライブでもバックを務める安保一平(key)、雨宮健司(Bs)らを中心としたバンド。このレコーディングのために名づけられたバンド名でした。ストレートなバンド・アレンジの曲は「プリキュア」シリーズの中でも珍しい。

 五條さんとうちやえさんがデュエットする「blessing」は、作曲:高取ヒデアキ&編曲:籠島裕昌という、のちに名曲「Alright! ハートキャッチプリキュア!」を生むコンビによる曲。青木久美子さんの詞はプリキュアの「CURE」の部分に着眼していて、これもなかなかありそうでない視点です。『Splash☆Star』ならではといってもいい。

 「ずっと、ずっと…ね」は、咲&舞と妖精フラップ&チョッピの友情の曲... というにはあまりににぎやかな1曲(笑)。人間体でない妖精たちが歌うというのも、ほかに例がないですよね。

 「『笑うが勝ち!』でGO!」は前期エンディング曲。高取ヒデアキさんは、この曲でプリキュア初参加となりました。

 「7つの泉を奪還せよ!!~フィフスエレメントの逆襲~」は初期プリキュアならではの異色曲。悪の組織・ダークフォールの声優陣が歌うジャジーなナンバーです。悪の幹部たちが楽しそうに歌うこの曲は、本アルバムの聴きどころの一つ。もう、今ではこういう歌は作られないでしょうねぇ…。

 咲と舞のソロは、『ボーカルアルバム1』から「海が見えたら」と「謎の行方」、『ボーカルアルバム2』から「海に月、心に光、キラキラと。」と「A message of wind」を収録。本作に登場するプリキュアは花鳥風月をモチーフにしており、「海に月、心に光、キラキラと。」は月、「A message of wind」は風を歌いこんだ曲になっています。

 「バイセコー」は咲と舞による心地よい青春賛歌。好きな歌です。タイトルの「バイセコー」とは「Bicycle」つまり自転車のこと。自転車で風の中を走るようなさわやかさが魅力です。

 「今日も元気!」と「奇跡の雫」は、うちやえゆかさんの作詞・作曲・歌による作品。あたたかいメッセージを歌いこんだ、『Splash☆Star』を象徴する曲になりました。うちやえさんは歌手として活動するだけでなく、毎回のようにアフレコ現場にも足を運んで、本作品に密接に関わっていたそうです。その情熱が曲にも反映されていると思います。

 そしてラストは、あれこれ考えましたが、「やはりこの曲しかない!」と思い、五條さんが歌う後期エンディング「ガンバランス de ダンス」を選曲しました。このあとに続くシリーズでも歌詞とアレンジを変えてリニューアルされる名曲です。「プリキュア」シリーズを代表する曲の1つとして、末永く、歌い継がれてほしいと思います。
 なお、「ガンバランス de ダンス」には咲と舞が歌ったヴァージョンもありますが、それは劇場版のエンディングとして使用され、2011年2月16日に発売された『プリキュア映画主題歌コレクション』に収録しましたので、本アルバムには収録しませんでした。

« ふたりはプリキュアMaxHeart メモリアル ボーカルセレクション | トップページ | Yes! プリキュア5 メモリアル ボーカルセレクション »