Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 遊戯王ゼアル SOUND DUEL 1 | トップページ | ヒーローに明日はあるか?「Tiger & Bunny」 »

2011年10月26日 (水)

知的な幻奏『ダンタリアンの書架』

 10月12日に『ダンタリアンの書架 オリジナルサウンドトラック 組曲「ダンタリアンの書架」』が発売されました。ブックレットの音楽プロデューサー対談を担当しています。

 ガイナックス制作のTVアニメ『ダンタリアンの書架』の音楽は、ユニークな作り方がされています。音楽担当はドラマ『トリック』『富豪刑事』、アニメ『あずきちゃん』などを手がけた辻 陽。辻さんのサントラに関わらせていただくのは、『歌のおにいさん』に続いて2度目です。
 『ダンタリアンの書架』の音楽のどこが個性的なのか?

 通常、サントラ盤で「組曲」とうたったものがあっても、ほとんどはバラバラに作曲・録音された楽曲をあとで編集・構成したものです。もともとBGMというのがそういう、1分から1分半で特定のテーマを表現する音楽を求めるものですから…。
 ところが、『ダンタリアンの書架』は、最初から組曲として書かれています。メニューはなく、作品のイメージから辻さんが発想した音楽を、いくつかの楽章に分かれた組曲として作曲していったのです。ですから、ほとんど作品にインスパイアされた純音楽といってもよいくらい。できあがった組曲から音楽を切り出して本編へのダビングが行われています。

 今回、ブックレットの音楽プロデューサー対談を担当させていただきました。ガイナックスと辻さんの事務所の女性プロデューサー二人に、本作品の音楽のねらい、成立、選曲の妙などについて語っていただきました。作曲家の立場からの話とはまた別の切り口の話が聞けて、作品のファンにもサントラファンにも興味深い内容になったと思います。

 そして、ブックレットには辻 陽さんによる8000字に及ぶ詳細な楽曲解説が掲載されています。もともと辻さんは藝大の音楽学部楽理科出身で、音楽理論を専門に学んだ人なのですよ。読みごたえがあります。

 本をテーマにした作品に合わせ、CDのパッケージも凝っています。洋書を模したトールサイズのパッケージで、充実のブックレットつき。所有するのがうれしくなる、サントラ盤の理想の姿かもしれません。幻書の世界を表現した音楽もすばらしい。ぜひ手にとってみてください。

ダンタリアンの書架 オリジナルサウンドトラック 組曲「ダンタリアンの書架」

 : ダンタリアンの書架 オリジナルサウンドトラック 組曲「ダンタリアンの書架」

印象的な主題歌も辻さんの作品。組曲から採ったものです。

「ダンタリアンの書架」主題歌「yes, prisoner」 [MAXI]

 :「ダンタリアンの書架」主題歌「yes, prisoner」

« 遊戯王ゼアル SOUND DUEL 1 | トップページ | ヒーローに明日はあるか?「Tiger & Bunny」 »