Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 知的な幻奏『ダンタリアンの書架』 | トップページ | 映画「スイートプリキュア♪』のサントラ早くも登場! »

2011年10月26日 (水)

ヒーローに明日はあるか?「Tiger & Bunny」

 10月19日発売『Tiger & Bunny オリジナルサウンドトラック』で、ブックレット巻頭の池 頼広×さとうけいいち監督対談を担当しました。

 ほんと、今年の『Tiger & Bunny』の熱狂はすごかった。人気だけでなく、「TVアニメの世界でまだまだ面白いことができる!」ということを実感させられた作品でした。サントラ盤に関わることができてうれしいです。

 音楽はドラマ『相棒』の池 頼広さん。池さんとはいろんな作品でお仕事をさせてもらっています。『ケータイ捜査官7』『テレパシー少女 蘭』『エジプト発掘』『COBRA THE ANIMATION』など。はじめて本格的にやらせていただいたのが、『鴉-KARAS』のサントラです。これが、『Tiger & Bunny』のさとう監督と池さんが組んだお仕事で、今回また顔合わせすることができて、ふしぎな縁を感じたのでした。

 さとう監督と池さんには、音楽づくりの話から作品についてまで、いろいろなことを語っていただいたのですが、文字数が600字という制約でしたので、ほとんどを省略することに。でも、ファンにいちばん伝えたい(と私が感じた)メッセージを凝縮して記事にしました。

 初期のエピソードは画に合わせて音楽が作曲・録音されています。それをストックとして使いつつ、物語の展開に合わせて、新たな音楽要素を少しずつ追加していったのでした。2クールの作品で、音楽録音は3回。1年の放映でも音楽録音は2回という作品が多いので、ぜいたくな作りになっています。

 14話の劇中で歌われた「夏の恋はお疲れサマー」をボーナストラックに収録。もちろんこれも池さんの作品。

 『タイバニ』のファンだけでなく、サントラファンにもぜひ聴いていただきたい1枚です。

 ちなみにこれが私のランティスでの初めてのお仕事…だと思います。

TIGER&BUNNY オリジナルサウンドトラック [2枚組]

 : TIGER&BUNNY オリジナルサウンドトラック

ブルーローズが歌うこの劇中歌も池さんの作品!

GO NEXT!! [MAXI]

 : GO NEXT!!

« 知的な幻奏『ダンタリアンの書架』 | トップページ | 映画「スイートプリキュア♪』のサントラ早くも登場! »