Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 「水木一郎 TV主題歌大全集」発売! | トップページ | SoundtrackPub終了しました! »

2011年12月 9日 (金)

窪田ミナ映像音楽作品集!「Crystal Tales」

 窪田ミナさんの最新アルバム『Crystal Tales』がAmazonで11月21日に先行発売されました(一般発売は12月7日…の予定が変更されて、2012年1月11日だそうです)。

 NHKやWOWOWで放送されたドラマ音楽から窪田ミナ自身が選曲・構成したコンピレーション。収録作品はNHK土曜ドラマスペシャル『使命と魂のリミット』、WOWOWドラマW『隠蔽指令』『ルパンの消息』『蒼い瞳とニュアージュ』『震度0』の4作品。

 『ゲゲゲの女房』とはまた雰囲気の異なるシリアスな作品が集められています。ミステリーものやサスペンスタッチのドラマが多い。実はドラマのほうを観てなかったので、窪田ミナさんがどんな音楽を書いたのか、このアルバムではじめて聴いたのです。

 聴き始めてすぐ、「これは、予想していたのとはまったく違う音楽だ」と圧倒されました。ドラマ、特にミステリードラマなんかには、ジャンル作品特有の音楽のスタイルみたいなものがあるわけですが、アルバム『Crystal Tales』に収録された曲は、そうした型にはまったものとはまったく違う。

 独創的で繊細なフォルムを持つ音の彫刻のような楽曲たち。

 思い出したのは、窪田ミナがアニメ『ARIA』シリーズのために書いた「ウンディーネ」や「ユーフォリア」といった曲。あれも、非常にユニークで、そして聴き込むほどに新しい発見と味わいがある楽曲でした。『Crystal Tales』に収められた曲にも、音楽的アイデアと緻密な技巧、そしてセンスが詰まっている。窪田ミナさんによれば、「人の内面の奥深いところにある感情のうねりのようなもの」を表現するために書かれた曲たちなのだそうです。それはまさに、映像では表現しきれない、音楽が担うべき領域なのだと思います。こんな曲を提供されたドラマは幸せだなぁと思いました。

 サントラのコンピレーションではあるけれど、映像作品を離れた音楽集としても完成された美しい1枚です。実際、サントラ音源そのままではなく、アルバム用に手直しや再録をしてRemixしているそうです。集中して、じっくり聴きたいし、多くのサントラファン、音楽ファンに聴いてもらいたい。そして、帯に「窪田ミナの映像音楽集・第1弾」と書かれているので、ぜひ続編を。期待して待っていますよ。

Crystal Tales

 : Crystal Tales

« 「水木一郎 TV主題歌大全集」発売! | トップページ | SoundtrackPub終了しました! »