Soundtrack Pub

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 終了しました! 資料性博覧会05 | トップページ | 映像音楽の可能性「奏楽堂の響き4」 »

2012年5月 6日 (日)

北の幻想・やさしい調べ「愛しの座敷わらし」

 公開中の映画『HOME 愛しの座敷わらし』のサウンドトラック盤が4月25日に発売されました。解説と作曲家インタビューを担当しています。

 音楽はドラマ『相棒』の池 頼広さん。『相棒』のスタッフ・キャストが作り上げたファンタジー風味のヒューマンドラマです。

 美しい東北の風景が心に沁みます。この風景を味わうだけでも劇場に足を運ぶ価値ありです。池さんの音楽はファンタジー色やサスペンス色は控えめに、情感主体の音楽でドラマを盛り上げる。音楽も映画の空気感に合わせるため、スタジオ録音の人工感を嫌い、わざわざホール(めぐろパーシモンホール)で録音されました。豊かな響きが家族の再生の物語を包み込んでいきます。

 心の疲れた人に見てもらいたい映画、聴いてもらいたい音楽です。

HOME 愛しの座敷わらし オリジナル・サウンドトラック

 : HOME 愛しの座敷わらし オリジナル・サウンドトラック

« 終了しました! 資料性博覧会05 | トップページ | 映像音楽の可能性「奏楽堂の響き4」 »