Soundtrack Pub

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 冨田勲、初音ミクと共演 | トップページ | 「佐橋俊彦トークライブ」終了しました! »

2012年8月31日 (金)

「宇宙戦艦ヤマト2199」と「宮川音楽の勉強会」

 『宇宙戦艦ヤマト2199』の音楽を演奏するコンサート「ヤマト音楽団大式典2012」が11月10日(土)に舞浜アンフィシアターで開催されます。詳細は『宇宙戦艦ヤマト2199』公式サイトのニュースに発表されています。

 宮川 泰の音楽を引き継いだ宮川彬良の音楽はもちろん、ささきいさおによる主題歌、結城アイラ、美郷あきによる『宇宙戦艦ヤマト2199』エンディング主題歌も披露される予定。1日2回公演です。イープラスでは9月9日までチケット先行受付中。一般発売は10月13日から、イープラス、ローソンチケット、チケットぴあなどで開始されます。

 『宇宙戦艦ヤマト』の音楽を演奏するコンサートは何度も行われていますが、そのほとんどは「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」を取り上げたもの。TVシリーズ版の音楽が演奏される機会はほとんどありませんでした。おそらく譜面が残ってなかったり、オーケストラ編成の都合であったり、いろいろ事情があったのでしょう。「交響組曲」版とTVシリーズのオリジナルBGMはアレンジが異なっているので、熱心なTVシリーズファンとしては、「劇中で流れているそのままのヴァージョンが聴きたいなぁ」と思っていたわけです。今回『宇宙戦艦ヤマト2199』用に宮川彬良さんが『ヤマト』の音楽をオーケストレーションし直したことで、劇中で流れている音楽がそのまま生オケで聴ける機会がやってきました。実に楽しみです。

 このコンサートの予習?としても楽しみなのが、10月16日(火)に東京芸術劇場で開催される宮川彬良&大阪市音楽団のコンサート(10月14日(日)埼玉県熊谷会館の公演もあり)。
 プログラムに「『宇宙戦艦ヤマト』宮川音楽の勉強会」というコーナーが設けられています。

 宮川 泰先生はクレージーキャッツのメンバーになりたかっというくらい、冗談やダジャレが大好きでした。TVやコンサートでたびたび、「音楽漫談」とでもいうべきネタを披露しています。「ジョン・ウィリアムズのドーソー会」とか「音楽のルーツを探る」など何度聴いても面白いネタがありました。宮川 泰先生の芸風(?)も受け継いだ彬良さんはお父さんのネタもいくつか受け継いでいて、「頭からもう1回」なんて何度か披露していますね。
 「『宇宙戦艦ヤマト』宮川音楽の勉強会」は、そんなふうに楽しく『宇宙戦艦ヤマト』の音楽を研究しながら聴いてみようというコーナー(だと思います)。今年の4月22日、サントリーホールで「LIVE UNDER THE TREE ブラスの祭典 『宇宙戦艦ヤマト』」という宮川彬良さん出演のコンサートがあったときに、そのさわりを聴くことができたのですよ。宮川 泰先生の実子だからこそ語れるエピソードや曲の分析が実に面白かった。11月の「ヤマト音楽団大式典2012」ではたぶんそういうネタは披露されないんじゃないかなぁ…と思うので、10月の大阪市音楽団のコンサートも期待しているのです。

 大阪市音楽団は日本で最も長い歴史を持つと言われる交響吹奏楽団です。新聞などでも報道されているとおり、大阪市は経営的観点から音楽団への歳出を見直し(平たく言えば楽団を維持する予算はないということで)、2013年度に大阪市音楽団そのものを廃止する方針を発表しました。
 実に惜しい。
 音楽ファンとして、この流れは政治的な話以前に、「いやーな感じ」を受けるのです。それは結局、「音楽の価値をビジネスになるかどうかで決める」ということにつながっていくのではないか。自治体や企業が「ビジネスにならないからやめる」というのはやむをえないとして(それだけでいいとは思いませんが)、一般の人にまで「音楽の価値はどれだけお金になったかで決まるんだね」という気分が広がってしまいそうなのが怖い。
 ややこしい話になりそうなので深くつっこむのはやめておきますが、まずは「お金を払って聴きに行く」という形で応援したいと思います。

 20121016miyagawaakira

« 冨田勲、初音ミクと共演 | トップページ | 「佐橋俊彦トークライブ」終了しました! »